スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通知

今日、最高裁から、最終通知がまいりました。
         文面
平成20年(す)第448号
          決定
        被告人 片岡晴彦
 上記の者に対する業務上過失致死被告事件(平成19年(あ9第2233号)について、
平成20年8月20日当裁判所がした上告棄却の決定に対し、被告人から異議の申し立てがあったが、
この申立ては理由がないので、当裁判所は、刑訴法414条、386条2項、426条1項により、
裁判官全員一致の意見で、次のとうり決定する。

          主文
     本件申立てを棄却する。
    平成20年9月26日
   最高裁判所第二小法廷

今思うに、ひと月あまり遅く通知が来たのか、理由を聞きたいです。
明日、検察庁から、収監場所、日にち等、連絡があり次第通知させていただきます。

   今日まで、本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

ニューモデルマガジンX

おはようございます、今月発売のニューモデルマガジンXに、
私の事故の最新版が掲載されています。

昨日息子(二男)から電話で、車の雑誌におとんの記事がのっとると知らせがあり
今朝早く(自宅から30分)コンビニに走りましたが、コンビニにはありませんでした、
書店が入っているサンプラザに、寄ってみると見つけることが出来ました。

先日電話での取材で話した内容が記事になっています。

この事故に関心のある方は、ニューモデルマガジンXを、ご覧いただければ
近況がわかると思います。

最高裁からの、判決待ちの最中に、雑誌社が記事を掲載してくださる事に
感謝しながら何度も、何度も読み返しました。

     本当にありがとうございました。

民事

本日、白バイと、スクールバスとの衝突事故に関する民事訴訟事件につき、

ご遺族と仁淀川町との間では裁判上の和解が成立し、

私との間ではご遺族が、訴えを取り下げるいう形で訴訟が終結しました。

私としては、事故状況につき、基本的な異論があるため、和解には加わる事はできず、
別事件に分離されていましたが、今回訴え自体が取り下げられましたので
訴訟終結となりました。

私は、刑事事件において当初から一貫して、事故状況については争い、

他方ご遺族にはできるだけ多額の保険金が支払われることを願っておりましたので、
本日の、民事訴訟の解決は、当初からの希望に沿う解決であると考えます。

 今後は、刑事訴訟において、引き続き事故状況の
 真相究明のために全力を尽くします。

          平成20年6月20日

ご協力お願いします。

 同じ白バイ相手の事故で、いろいろと協力していただいている愛媛の山本さんのブログ記事から転載しました。


以下転載記事

4月11日のブログのコメント欄
初めまして。松田智恵子と申します。実は私も愛媛県警と闘っております。

平成19年5月27日午後11時頃。

松山高速道にて相手車両に接触され車が横転。『この事故で次女は亡くなりました。』

家族5人は救急車で運ばれ事故現場で状況説明ができず、事故処理は相手の嘘の証言のまま強行され続け今も相手の嘘と警察の一方的な捜査と闘っております。
昨日は松山検察庁に行って来ました。が、結局は検察庁も警察と仲良しこよしですね。
何もかわらず納得がいかないまま帰りました。
だから、私たち家族は息子さんのこの事故に対する警察の傲慢な対応が身にしみてわかります。
応援しています。頑張ってください。
http://maccyan.blog71.fc2.com/

   ☆-早速、ホームページを見させていただくと、目に止まりました!-☆


「目撃者を探しています。」
 平成19年5月27日(日曜日)午後11時5分頃

 愛媛県西条市丹原町臼坂の松山自動車道上り線川内トンネル付近での

 香川県高松市の一家5人が乗ったワゴン車横転事故の目撃者及び

 事故当時助けてくださった方々を探しております。

 心当たりのございます方は左記までご連絡下さい。」


新しく作ったチラシを持って、よっちゃん(夫)が高速に乗りました。

パーキングに寄り、事情を説明してチラシを貼っていただけるかを
聞いてまわりました。チラシを配るには何処に許可が必要か調べながら、
手探りながらも必死で動いてくれました。

事故当時バスも止まってくれて毛布を貸していただいたり
たくさんの方々に助けていただいたので、その方々を探したいのです。
大切なお客様を乗せたバスが止まってくれるなんて、運転手さんにしてみても
よっぽどのことだと思います。

よっちゃんは松山まで走り、直接NEXCOの方と話ができました。
とても熱心に話を聞いてくれて署名用紙も受け取ってくれたのです。
その後、
約半年ぶりに松山高速隊に足を運び、走行中の接触痕が出て目撃者も現れて
いる現状に改めて、直接、捜査の必要性と心からお願いしますと言うことを伝えました。

  しかし

松山高速隊の対応は今まで以上の冷たい対応で、
新しくこの事故の責任者となった○じた氏は(事故当時からの責任者だった○本氏は
急に○洲警察署に移動・・・逃げた!?)、亡くなった千尋を思い痛恨の思いで足を運んでいる主人に対して大声で怒鳴りちらしたのです。
ありえません!松山高速隊!!
あなた達は何のために警察官になられたのでしょうか・・・

その後、別の担当者○池氏が
「先ほどは○じたが申し訳ありませんでした」
と謝ってきたのですが、主人が受けた心の痛みは想像するだけで体が震えてきます。
肩を落として家に帰ってきた主人を見て、
よく無事に帰ってきてくれた・・・と胸をなでおろしました。


 なぜ、目撃者を探す協力をしてくれないのでしょう。

 どうして、捜査をする必要がないと言うのでしょう。

なんのための警察なのでしょうか。

 

                   以上が転載記事です。


  転載のご協力よろしくお願いします。

  松田さんのアドレスはこちらです
  http://maccyan.blog71.fc2.com/
  
 
  

サンプロ

   今日、放送されました、サンデープロジェクト、パソコンにて見てください。

 本日のサン・プロをアップロード中です。18時以降見る事が出来ます。
 http://naas1376.sakura.ne.jp/sanpuro.wmv

 このアドレスで視聴出来ます、沢山の方に見ていただきたく
伝言板にて紹介しました。

 動画アドレス
動画~4分~

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=38963&media_type=wb&lang=j&spkid=427&time=02:16:41.5  

4月11日の衆議院法務委員会の映像はこちらから

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。