特別捜査官

  検察庁に告訴しまして、2週間経ちました。

昨日、前人者から引き継がれました、担当官の方と、電話で
これからの動きを、お聞きしました、私としましては、「ブレーキ痕」を検証していただきたく
実際に、スクールバスで事故当日と同じ条件で再現してほしい胸を伝えました。

警察関係の方々、報道関係者、そして、一般の市民の皆様がた、衆人環視の中で
再検証をしていただければ、私も納得できます。

この事故に関心を持っています、皆様がた、署名に協力していただきました皆様方
目撃証言をしてくれました、生徒たち、先生方、そして、第三者の善意のある証言
すべて明らかになると思います。

検察庁の特別捜査官、立ち会いの中で、立証できましたら、私としましては本望です。

どうか、捜査担当官の、公平かつ公正に審査してくださいますようお願い申し上げます。

               真実は一つです。

ご協力お願いします。

 同じ白バイ相手の事故で、いろいろと協力していただいている愛媛の山本さんのブログ記事から転載しました。


以下転載記事

4月11日のブログのコメント欄
初めまして。松田智恵子と申します。実は私も愛媛県警と闘っております。

平成19年5月27日午後11時頃。

松山高速道にて相手車両に接触され車が横転。『この事故で次女は亡くなりました。』

家族5人は救急車で運ばれ事故現場で状況説明ができず、事故処理は相手の嘘の証言のまま強行され続け今も相手の嘘と警察の一方的な捜査と闘っております。
昨日は松山検察庁に行って来ました。が、結局は検察庁も警察と仲良しこよしですね。
何もかわらず納得がいかないまま帰りました。
だから、私たち家族は息子さんのこの事故に対する警察の傲慢な対応が身にしみてわかります。
応援しています。頑張ってください。
http://maccyan.blog71.fc2.com/

   ☆-早速、ホームページを見させていただくと、目に止まりました!-☆


「目撃者を探しています。」
 平成19年5月27日(日曜日)午後11時5分頃

 愛媛県西条市丹原町臼坂の松山自動車道上り線川内トンネル付近での

 香川県高松市の一家5人が乗ったワゴン車横転事故の目撃者及び

 事故当時助けてくださった方々を探しております。

 心当たりのございます方は左記までご連絡下さい。」


新しく作ったチラシを持って、よっちゃん(夫)が高速に乗りました。

パーキングに寄り、事情を説明してチラシを貼っていただけるかを
聞いてまわりました。チラシを配るには何処に許可が必要か調べながら、
手探りながらも必死で動いてくれました。

事故当時バスも止まってくれて毛布を貸していただいたり
たくさんの方々に助けていただいたので、その方々を探したいのです。
大切なお客様を乗せたバスが止まってくれるなんて、運転手さんにしてみても
よっぽどのことだと思います。

よっちゃんは松山まで走り、直接NEXCOの方と話ができました。
とても熱心に話を聞いてくれて署名用紙も受け取ってくれたのです。
その後、
約半年ぶりに松山高速隊に足を運び、走行中の接触痕が出て目撃者も現れて
いる現状に改めて、直接、捜査の必要性と心からお願いしますと言うことを伝えました。

  しかし

松山高速隊の対応は今まで以上の冷たい対応で、
新しくこの事故の責任者となった○じた氏は(事故当時からの責任者だった○本氏は
急に○洲警察署に移動・・・逃げた!?)、亡くなった千尋を思い痛恨の思いで足を運んでいる主人に対して大声で怒鳴りちらしたのです。
ありえません!松山高速隊!!
あなた達は何のために警察官になられたのでしょうか・・・

その後、別の担当者○池氏が
「先ほどは○じたが申し訳ありませんでした」
と謝ってきたのですが、主人が受けた心の痛みは想像するだけで体が震えてきます。
肩を落として家に帰ってきた主人を見て、
よく無事に帰ってきてくれた・・・と胸をなでおろしました。


 なぜ、目撃者を探す協力をしてくれないのでしょう。

 どうして、捜査をする必要がないと言うのでしょう。

なんのための警察なのでしょうか。

 

                   以上が転載記事です。


  転載のご協力よろしくお願いします。

  松田さんのアドレスはこちらです
  http://maccyan.blog71.fc2.com/
  
 
  

サンプロ

   今日、放送されました、サンデープロジェクト、パソコンにて見てください。

 本日のサン・プロをアップロード中です。18時以降見る事が出来ます。
 http://naas1376.sakura.ne.jp/sanpuro.wmv

 このアドレスで視聴出来ます、沢山の方に見ていただきたく
伝言板にて紹介しました。

 動画アドレス
動画~4分~

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=38963&media_type=wb&lang=j&spkid=427&time=02:16:41.5  

4月11日の衆議院法務委員会の映像はこちらから

SKYPE

今日、今回の私の事故に関しての勉強会が、高知での協力していただいている
方々の、主催で開かれました。

私を支援する会、会長、事務局、香川から参加の鑑定士の先生、4人で行きました。

内容は、高知地方検察庁に、提出いたしました、告訴状に関しましてこれから先どのような行動を
起こすか、もう一度スクールバスで、ブレーキ痕の実験(検証)を行ってはどうか
バスを借る手配、検証ができる場所、当時バスに乗っていた人員、そして、一番の趣旨であります
検察審議官、報道関係者(マスメヂィア)、県内の市民の皆様、等々をどのように連絡するか
皆んなで、検討しました。

今日、集まった皆で割り当てを決めまして、帰ってきました。

そして、夜は、もう一度インターネット上で(SKYPE)会議をしました。
便利な物で、パソコンの中で、今日参加できなかった支援の会のメンバー、そして香川から来ていただいた先生を交えまして話をまとめました。

  今後も、(SKYPE)を通じまして会議を行っていきます。


  (SKYPE)は、インターネット上で何名かグループで電話を出来るシステムです。
   ワザワザ、一か所に集まらなくても、自宅で会議に参加できます。

法務委員会

4月11日(金曜日)、衆議院の法務委員会で私と松山の山本さんの事故を取り上げてくださいました。

事故の、内容を事細かに説明し、事故形態を分析した説得力のある質問でした。

警察関係に、冤罪事件のあり方をサイド問い詰め、警察組織を取り締まる(監視)する
部署が必要不可欠ではないのか、このまま、冤罪事件を増やさないように、
厳しく、対処しなさい、というようなありがたい内容の質問で、
今後、交通事故被害者も、加害者にも、真剣に取り込んで間違いがないように
公平かつ、平等に検証するように念を押してくださいました。

 皆様に、協力していただきたいのは、この、タイミングを逃したくないので
 
 国会の法務委員会の議員の皆様に、上申書を送っていただきたいのです。

 どうか、ご協力よろしくお願い申し上げます。
   
 

サンデープロジェクト

4月13日(日曜日)午前10:00待ちに待った、番組が放送されます。
大谷昭宏さんのサンデープロジェクトです。
主に、現代の裁判のあり方、裁判制度、冤罪事件、等

この番組も、高知県では放送されません(残念でたまりません)
全国ネットで放送されますので、是非見てください。

そして、告訴状に関してですが、支援する会のHPにて、高知地方検察庁
の捜査官様に、協力していただきたく為の、告訴の署名も始めましたので
ご支援、ご協力よろしくお願い申し上げます。

プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR