集会

10月18日の再審請求提出に向けて、10月17日(日)に高知市商工会館
(高知市本町1丁目6-24)4F光の間(椅子席400名収容)集会を開催します。
               
                シンポジュウム
           
           「冤罪を語る」高知集会
       高知白バイ事件~再審の扉を開くために~
 
開場  18:00
開演  18:30         終了予定  21:00
 
主催   片岡晴彦さんを支援する会
 
入場料  無料
 
メインイベント パネルディスカッション
         時間:60分~90分
         パネリスト
           足利事件 再審で無罪を勝ち取る   菅家利和氏
           布川事件 再審で審議中        桜井昌司氏・杉山卓男氏
          志布志事件 踏み字事件         川畑幸雄氏
           高知白バイ事件              片岡晴彦
         コーディネーター
          ジャーナリスト                大谷昭宏氏
 
今、日本で冤罪事件と言えば、足利事件、布川事件、志布志事件、等全国で沢山の方が冤罪で苦しんでいます、ただいま新聞でにぎわせている、厚生労働省の元局長(M:A)氏
文書偽造事件で起訴されましたが、大阪地検特捜部検事が証拠隠滅容疑で逮捕という結末に大阪高検も押収資料改ざん事件、特捜部が問題を矮小化しょうとした可能性がある
典型的な冤罪事件です。
 
今、新しい風が吹いてきています、今度の集会で大いに盛り上がり、明くる日の18日(月)
午前中に再審請求書を提出します、素晴らしい方々が一同に会しての集会、是非、是非
会場に足を運んでいただけたら幸いです、「明日は我が身」      
 
 

初心

おはようございます、今朝の新聞配達、早く終わりましたので、PCを叩きます。
 
最近の、私の行動が、余りにも軽率すぎましたので、初心に返り、今一度反省しながら今後に向けて
軌道修正を行います。
その為に、受刑生活で教育された言葉を掲載したいと思います。
 
あなたは、今日から、当刑務所で生活することになりました。
刑務所は、刑を執行するところであり、刑の執行は厳粛なものです。
あなたは、この刑務所で生活している間を通じて、自分の犯した罪に誠実に向き合い
真摯に反省をするとともに、二度と犯罪に手を染めることなく、健全な社会の一員として生活していく為
具体的な計画を立て、自信を持って出所していくことが期待されています。
当所では、あなたが改善更生と円滑な社会復帰に向けて真剣な努力をすることを出来る限り応援します。
あなたも、自分の置かれている立場を自覚し、日々の生活を送るよう心掛けなさい。
 
あなたは、受刑者という立場で当所に収容されていますが、刑の執行に伴う制約や、刑務所内で大勢の受刑者が集団で生活することに伴う制約はあるものの、日本国憲法が保障する基本的人権は
あなたにも保障されています。
当所では、あなた一人の人間として尊重しますし、その一方で外の受刑者、職員、その他
あなたにかかわる全ての人に対して、あなたも敬意をもって接するようにしなさい。
 
あなたに認められた権利とそれを実現する為の具体的な手続、あなたが当所で受ける事が出来る
様々な援助の内容とその手続、大勢の受刑者が所内で生活している中で安全で平穏な環境を維持
するため定められた細かな決まりなどが、出来る限り体系的にまとめています。
 
   生活の目標
あなたは、今、自分の「過ち」に気付けば再出発出来る人生が残っています。
当所での生活を通して自主及び遵法精神を養い、将来、社会で幸福な一生を築く希望を
もたなければなりません。
 
   (反省)
人はいつでも「過ち」にこだわることはありません、しかし、なぜ間違いを起こしたかをよく考え、
そして被害者に対する償いや家庭や社会に迷惑を掛けた事に対する反省をしなさい。
 
  (健全な生活)
健全な社会人として更生する為には、自堕落な気持ちを捨て、規則正しい生活を通して働くことに
喜びを持ち、また、余暇時間には修養、勉学に励む一方、清潔整頓にも心掛けなさい。
 
  (自立心)
他人にしじされなくても、自らが物事の善意を判断し、正しく、強く、明るい人間になれるよう
努力しなさい。
 
等々、ほんの一部ですが抜粋させていただきました。
毎日、毎日繰り返し教育されていたことを、突然思い出し、出所してからのあまりにも平穏無事、
天下泰平さに、謙虚さを失っていました自分に、叱咤しながら初心に戻るよう努力します。
 
まだまだ、残暑厳しい毎日ですが、体調管理には十分気をつけて頑張って行きましょう。
ブログの更新を疎かにして申し訳ありませんが、今後も前向きに頑張ってまいりますので応援の程
よろしくお願い申し上げます。
 

控訴審

先日、9月6日(月)高松高裁に行ってきました。
 
控訴審での、第1回口頭弁論の日でした、妻と二人で午前10時に自宅を出発
33号線から、439号線、旧吾北村経由で、土佐町、本山町、大豊町から、大豊IC
にて行ってきました、(約1時間半)途中昼食を兼ねて豊浜SAで時間を摂り
午後2時からの、国賠訴訟(控訴審)に時間を合わせる為のゆとりのある行程でした
 
高松西ICで高速を降り高松高裁に、午後1時半に着きました、KSB放送の記者と久しぶりの再会、勿論、事故解析人野先生も来てくれていました、妻の同級生O:Sさんも傍聴に来てくれていました、そして、愛媛県の女性2名の方も来てくれてほんとうに有難かったです。
 
弁護士先生と会い2時からの法廷、最初に報道関係のカメラどり、約2分間、相手方の弁護団は、法廷の外、何ででしょうか?もっと堂々としてほしかったです。
裁判長、右陪席、左陪席が入室、全員が起立、礼、まず最初に事務官の方の
国賠訴訟、第1回口頭弁論が始まります、の言葉で始まりました。
 
私の担当の弁護士先生が補充書の提出を申込、その為に2ヶ月位日にちを要するのでよろしくお願いしますと宣言し、それに対し、相手の弁護団が、補充書の内容次第で時間が掛かるのでと言う事で、次回、第2回公判は、11月11日(木)午後2時からに決まりました。
 
即日結審にならなかっただけでも良かったです、何事にも前向きに行きましょうということです、本当に、嬉しかったです。
 
帰りは、大阪に行っていた娘が、午後6時20分高知駅着に会わせて、豊浜SAで、時間をとって、ゆっくり、のんびりと、時間を過ごしました。
 
自宅に帰ってきたのは、午後8時30分過ぎ、内容のある充実した1日でした。
 
仕事を休んでいったので、明日から頑張って行きます。
 
こんな私ですが、今後も応援の程、よろしくお願いします。

高裁

明日、9月6日(月)午後2時、高松高裁にて、第1回口頭弁論が開かれます。
またまた、棄却されるかもしれませんが、とにかく一度でいいから、
土俵に上がり真実を求める為の、裁判をお願いします。
 
一審の高知地裁では、刑事裁判で有罪判決を言い渡されたので、再審で無罪を勝ち取らなくては、国賠訴訟は審議しない、だから、却下します。
 
真実を求めて、国賠訴訟を起こしたのですが、裁判所がまともに審議されないのは、公明正大さを逸脱しているように思います。
 
今、仕事に行き初めて2週間経ちます、先週初めて6日間出勤し、休みの
日曜日ですが、仁淀川町での、防災訓練が行われるのです。
 
午前8時00分南海地震発生
土砂災害、橋の崩壊により各地域(各方面隊)は孤立、特に災害の大きな
地域で避難勧告発令、電話、電気は寸断、無線のみ使用可能
 
本格的な防災訓練です、私も30年近く消防団に在籍していますが
個のような大掛かりな訓練は初めてです。
 
私は、分団の代表でけが人役で参加させていただきます。
7時半集合なので行ってきます。
 
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR