報告

週刊文春、11月号が発行されました。
高知県内は、明日のようです、私がいつもお世話になっている、
ジャーナリストでおなじみの、柳原三佳さんの記事です。
 
私の記事も載っているので、書店に足を運んで下さい。
 
よろしくお願いします。

腹立たしい出来事

こんばんわ。今お父さんが消防の機械点検に行っています。
 
ちょっと、今日私とお母さんが腹立たしい理不尽な出来事に遭ったので皆さん聞いてください!!
 
 うちのリビングのテレビがシャープのアクオスなんですが、購入してから今年で2年になるんですけど、
 
先週の日曜日にお父さんのいとこの子供が遊びに来ていて、一緒にテレビを見ていたときのことです・・
 
いとこの子供が「おばちゃんなんかテレビに変なものが映ってる!」と言い画面を見ると、向かって右側テレビの三
 
分の一の範囲に液晶に傷が入ったように模様がいきなり出ており、その範囲の部分は全く見ることが出来なくな
 
っていたのです!!
 
 月曜日に購入した電気店に事情を話し、「すぐ向こうのメーカーさんに連絡をします」と対応してくれ、
 
 昨日電話でテレビの修理が2週間程かかると言われ、代替えのテレビを持ってきてもらえるのか聞くと、
 
「代わりのテレビはないです」との対応で、そういうものなのかな・・と疑問も感じ、今日、シャープエンジニアリング
 
高知サービスステーションから職員が様子を見に来てくれました。
 
 テレビの状態を見させてもらいますとテレビのチャンネルをつけると、頭からきめつけるように
 
「これは何かが当たってますね。勝手にこのように自然になるようなことはありませんし、今まで例がありません。
何かあてた以外に考えられませんね。破損扱いになりますので、保証期間中でも対象外になりますので、修理代50890円かかります」と言うんです!!
 
 せっかくテレビのローンも終わり、大事に見ていたしそんな小さな子供がいる訳でもないし、夫婦げんかで物を投 
げ合ってもないし(笑)それ以外で何か物を投げる訳もないし、見ているといきなり模様が出てきただけなのに
 
何か当たってます、これはどういわれましても保障対象外ですと言うんです!
 
 私もお母さんもやっても無いことを言われ、保証期間も5年保証に入っているのに保証って何なん!?と腹が立
 
ったのもあるし、大きなメーカ―なのにその職員さんのそういうことですので、みたいなあっさりした気持ちの入って
 
ない対応にとても腹が立ちこっちの言い分もはっきりと言い帰ってもらいました。
 
  その職員が帰ったあと家の前に役場の職員さんが用事があって来ており今日の話をすると
 
「うちは子供がボールを当ててそんな風に画面が見えんなって、保証期間中やったから代替えテレビも持ってきて
 
もらって無料で直してもらったよ」と聞き、こんな理不尽なことを受け本当に納得がいきません。
 
 みなさん、こういうものなんですかね??
 
 もう2度とシャープの商品は買いません。

あれから2年

おはようございます、今日は新聞配達が早く終わりましたのでブログを書いています。
 
2年前の、今日、私は地獄の日を迎えたのでした、一生忘れることはないでしょう。
 
あの日、いつものように朝の新聞配達を終え、朝食を終え、応援していただいた方々に、最後のブログを書いてから、2年過ぎました。
 
あの朝のことは、鮮明に覚えています、近所の皆様がお別れに駆け付けてくれ、「留守の間は、わしらぁに任せちょけえ、心配せんでえい」そう言ってくれたことが、本当に有難く、安心したことでした、そして、
最後の家族との別れで、車に乗り込んで、出発という時に娘が、みかん(愛犬)を抱いて私に抱きついてきた時に、堪えていた涙が一辺にあふれ出た事でした、あれから2年、忘れることは出来ません。
 
家族との決別、妻と娘と、仲間達(愛犬3匹)を残して行く辛さ、寂しさ
未知の世界に行く、不安、胸が張り裂けそうでした、それを支えてくれたのが、家族でした。
 
今、振り返ってみますのに、家族の絆がなければ、現在の自分がいなかったでしょう、それほど厳しく、異質な世界でした、自由を束縛され、人権を剥奪され、一日中監視され、自由に会話が出来ない、一日の
運動も制限され、入浴は週2回、時間も15分、掛け湯は14杯、とすべてが規則でがんじがらめ、そうでしょう犯罪者ですから、罪を償う為に収監されたのですから、当然でしょう。しかし、冤罪被害者はどうでしょう?
無実で収監されている方々も同じようにされている現実を考えてくださいこのような世界を経験されていない方達には判からないでしょう。
 
私は、今でも時々思い出します。
自由の素晴らしさ、本当に贅沢です、自由にものを言える、行きたい処に行ける喜びを感じながら、毎日を楽しんでいます。
 
今は、仕事が出来る喜び、日々充実した生き方が出来て幸せです。
 
本当に、あれから2年たったのです。
もう二度と、あの地獄には帰りません、誰も行かせません!

放送日程変更

(放送日程が変更されました)

23日(土) テレ朝『ドキュメンタリー宣言』17:00~関東ローカル

11月6日(土) テレ朝『ドキュメンタリー宣言』17:00~関東ローカル

25日(月)BS朝日 ドキュメンタリー宣言再放送 高知でも視聴可
11月8日(月)BS朝日 ドキュメンタリー宣言再放送 高知でも視聴可
23:30から30分、ッよろしくお願いします。
ドキュメンタリー宣言の変更は先日の奄美大島豪雨被害報道のためのようです。

調書

先日、18日(月)、記者会見の後、桜井さん、杉山さん、菅家さん達を
空港でお見送りし、報道スタッフの方々、Y:Mさん14:25分を最後に
見送って、検察庁に行って、私の、事件の刑事確定記録で調書の閲覧、調書の謄写等、お願したのです。
 
再審請求の為に、必要な書類を言ったら、閲覧申請書、謄写申し出書に書いて、提出せよ、私は言われるままに書いて、何時閲覧できますか?
と尋ねると、保管検察官に許可がいるので、今日は、閲覧も、謄写も出来ません、追って連絡するということで、その日は帰ってきました。
 
今日、検察庁の係官から連絡があり、何と、「見るとか、見ないとかの
以前の問題」と言い、「ここにはない」、妻が、「どうして無いのですか」と
問うと、裁判所に提出した後なので、ここには無い。と強い口調で言いました。
 
その後、なんと検察官が「電話し説明したことを聞いた関係で名前を言いなさい」、と妻にいったのです。
 
私が、午前中に再審請求を出した後、午後3時に伺ったのです。
私の知り合いが、午前中に電話で聞いた話では、誰でも閲覧は可能です
 
本当に変な話ではないか、何を警戒しているのですか。
 
ブログをご覧の、皆様、どう思いますか?
 
この調書というのが、警察署での調書(員面調書)、検察庁(県面調書)
そして、裁判では、不同意で、関係ないのです。
 
不思議でたまりません。

再審請求テレビ放送情報

高知白バイ事件テレビ報道のご案内

20日(水) AM 8:50頃 テレ朝スーパーモーニング 高知でも視聴可(RKC)

20日(水) 午後 KSB瀬戸内海放送スーパーJチャンネル PM9:00頃からネットでも視聴可

21日(木)                      同 上



23日(土) テレ朝『ドキュメンタリー宣言』17:00~関東ローカル


25日(月)BS朝日 ドキュメンタリー宣言再放送 高知でも視聴可


なんとksbは2夜連続です。内容が濃いものになりそうです。

スパモニは 所さんや大谷さんが高知に来ていていたんだし、「生の声」が聞けますよ
ドキュ宣も長野智子さんが高知入り。密着取材でした。

今回はスパモニもドキュ宣も地元高知でご覧になれます。わざわざこんな注釈を入れなくてはならないのは悲しい。
USTの録画はこちら ↓ 17日のパネルディスカッションの様子
http://www.ustream.tv/recorded/10258968
http://www.ustream.tv/recorded/10259607  
http://www.ustream.tv/recorded/10259851

スパモニ

明日、10月20日(水)朝、8時から、
スーパーモーニングで、17日のシンポジュウム
18日の再審請求の件等放送されます。
足利事件の菅家さん、布川事件の桜井さん、杉山さん、志布志事件
川畑さん、そして、コメンテーターで場を盛り上げていただいた、大谷さん
本当にお疲れさんでした、お陰さまで、素晴らしい、集会になり、沢山の方々が来てくれました。
 
素晴らしい番組構成になっていると、楽しみにしています。
 
どうか視聴してください、よろしくお願いします。

充実した二日間

 みなさま、ただいまです。
 先ほど帰ってきまして、お風呂と食事を済ませたので、昨日、今日の報告をしたいと思います。
 昨日は少しでも多くの方が足を運んで下さるか・・・、舞台裏で当日はるばる遠方より応援の為かけつけてくださり、同じ冤罪で苦しんできた足利事件の菅家さん、布川事件の桜井さん・杉山さん、志布志事件の川畑さん、そしてコメンテーターの大谷昭宏さん各著名人の方と出番を待っている間、本当に不安な思いでいっぱいでした。
 私達の名前が一人一人呼ばれ、舞台に上がって席を見ると想像以上にたくさんの方々が来ていただいており、このように冤罪に関心を持って足を運んで下さる方が高知にたくさんいたのも、この高知白バイ事件に関心を持って応援して下さる方はもちろんのこと、応援の為かけつけてくださった3組の冤罪事件関係のみんなと大谷昭宏さんのお陰でした。
 大谷昭宏さんの問いかけに、私達パネラーが実体験を述べるような形で行われました。私以外の皆は口調も慣れており、本当に声を大にして堂々と明るく話されるのは自分達は間違っていないという自負があるからだと感じました。
 昨日の会はこれから再審に向けて闘っていく私に、より一層の励みとなりました。みなさま本当にありがとうございました。 
 
 そして、10月18日(月)午前9:30から県警前から裁判所まで、
菅家さん、桜井さん、杉山さん、支援の会の方家族と「真実を」と私のブログ名「雑草魂」のプラカードを持って行進し、5階にある書記官室に提出し
 22730筆も全国の支援者の方から集まりました、思いの詰まった大切な署名を一緒に提出しました。
 
 再審の扉は針の穴にラクダを通すくらい困難なものと言われます。
 来年当時の生徒が成人式を迎えます。生徒が体験した事故の真実は曲げられたものとなり、私も生徒も目撃者の方々も真実を述べているだけなのに、本当に悔しい苦しい思いをたくさんしてきました。その生徒の為にも私は頑張って訴え続けなければいけません。
 
 みなさんこれからも長い闘いになりますが、温かく見守っていただきこれからも応援よろしくお願いします。
 
 この二日間、忙しい時間の中足を運んで来てくださった方々、本当にありがとうございました。
 
 支援の会のメンバーの力や支えがあったお陰で無事この二日間を終えることが出来ました。 お疲れ様でした。本当にありがとう。
 これからもよろしくです。
 
 
 

再審請求

10月17日(日)、午後6時30分、高知商工会館4Fにおいて、「冤罪を語る」
シンポジュウムが、開催されます。
いよいよ始まるのです、今から、ワクワクしています。
 
沢山の方々が、来てくれますように願っています、そして、明くる日の、月曜日に
再審請求、提出の為、高知地裁に向け行進します。
 
出来るだけたくさんの方の、応援待っています、その後、記者会見を行います。
 
シンポジュウムに参加していただきました方たちも、記者会見に列席していただく予定です。
 
再審の壁は高く、気の遠くなる程の年月がかかると言いますが、根気強く頑張っていきます、どうしても事故の事実を明らかにしなくては、ダメなのです、多くの方たちに支えられ今まで頑張ってきた、集大成、泣き寝入りだけはしたくありません
 
証言台に立っていただいた、3人の方々の為にも、署名で応援していただきました全国の方々の為にも、そして、当時中学3年生、22名の為にも、真実を究明しなくてはいけないのです。
 
その為にも、再審無罪を勝ち取るまでは、死ねないのです。
 
18日(月)午前10:00に再審手続きを行います。

街頭

今日高知市内で、10月17日(日)シンポジュウムを行うためのチラシ配布に、妻が一人行きました。
高知で、支援してくれている若者たちや、司会を依頼している女性や、高知大生達も参加していただき、街頭活動を久しぶりに行いました、支援する会のメンバーは、仕事が入っていて参加できなかったのは、残念でしたが
沢山の方々に、配布出来たので、当日が楽しみです。
 
U:T君、H:M君、M,Mさん、本当にお疲れ様でした、有難うございました。
 
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR