スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

毎日、妻の日記を清書し、辛かった日々の生活を残そうとPCに向かっています。
キーをたたくたびに、娘と二人、励ましあって、488日を戦い抜いたかを、
改めて感じています。
 
周りの皆様に勇気付けられ、支援する会のメンバーに本当に支えられ、
一日、一日をひたむきに、前向きに暮らしていたのが、目に映ります、
私の場合は、毎日の生活が、制限されてマンネリ化していましたが、留守宅の
生活は、辛いとか、淋しいとか、愚痴や、涙を流している暇は無かったのです、
生活するためには、仕事をしなければなりません、前向きに生きていかなくてはならなかったのです。
 
私も、獄中で手記を残していますが、妻の日記には頭が下がります、二人の女性が毎日の暮らしを支えていかないという事が、いかに大変だったのか、
想像を絶します。
 
私も、出所して、1年半が経とうとしていますが、やっと紹介していただき、慣れない仕事ですが、自分なりに頑張っていたのですが、5月の半ばに、現場で
負傷、本当に情けない事です、会社に迷惑をかけ、現場の皆に心配をかけています。
今は、一日も早く復帰する為にリハビリ中、妻や、娘、息子たち、周りの支援してくれている皆さんにも、心配を掛けた分、頑張らねばと思っています。
 
改めて、妻の日記を読んで、あの辛く、苦しかった日々を無駄にしないためにも、再審無罪を勝ち取り、晴れて、真実を明らかにし、普段の生活を取り戻す事が、皆様に対してお礼奉公になると思います。
スポンサーサイト

拘置所

久しぶりに刑務所生活の時、書き留めていたメモを書いてみます。
 
高知刑務所に、2008年10月23日午後1:30頃に収監されました。
仮の場所(拘置所)での生活です、拘置階下23号室が私に与えられた居室
独房です、24日から、新入時告知事項(拘置所での生活)
 
1、通路歩行 
 通路を歩く時は、通路北の窓よりを歩き、舎房側を歩かない。
 
 脇見をせずに、まっすぐ前方を見て歩くこと。
 
 スリッパをすらないように歩くこと。
 
2、居房の出入り
 出房の際「運動:入浴:面会:医務等」は、扉が開くまでは座って待つこと。
 
 居房から出た時、また、居房に帰ってきた時は、一旦通路の停止線にかかと を合わせて立ち、その後、職員の号令によって行動すること。
 
 居房に入る時は、号令によって称呼番号を唱えること。
 
3、着座位置
 居房内での座る位置、机、布団、カゴ、備品等の置き場所はそれぞれ決まっ ているので、整頓すること。
 
 座る位置は、居室中央畳の縁に机の左部を合わせ、東壁に背を向けて座る こと。
 
 居室内は、あなたの生活の場所であるから、各自で常にきれいに清掃してお くこと。
 
4、点検
 点検は、毎日、朝、夕、の2回行う、土、日、祝日等の夕点検は、16:00頃 に行う。
 
 点検時の要領については、生活心得の9ページに書かれてあるので、みてお くこと。
 
 点検時の整頓位置(生活心得別図)
 
5、配食
 「配食用意」の号令ですべての動作をやめ、机の上に箸、コップ、食器受台
 にやかんを置いて座って待つ、配られる食事は立ったまま受け取らないこと
 必ず房内、房扉前に座り、食器受台に置かれた食事をすぐに受け取り、小机
 の上に置き、主食、副食が全部そろった時点で自己の着座位置に戻り食事 をはじめる。
 
 「やかん用意」の号令は、給茶のみです、必要な者は食器受台にやかんを置 くこと。
 
 食事を終えたら、食器を食器受台に出す、残飯等すべて出すこと。(便所、
 窓の外、洗面所に捨てること、厳禁)出された食事はその時に喫食し、
 後から食べる等の理由から置いておくことは許されない。
 
6、就床及び夜間の生活について
 「就床」のラジオの号令で布団を決められた位置に敷き、房内の整頓を行う
 
 横になったまま本を読むのはかまわないが(刑務所ではダメ)、間食を喫食し たり、ノートに筆記をしたりしないこと。(午睡も同様)また、午後9:00に減灯 になるが、起床までは寝る時間であることから必要時以外立ち歩いたり、
 読書をしたり、間食したりしないこと。
 
 特に夜間の物音は、舎房全体に響きやすく、他人の安眠を妨げることにつな がるから留意する。
 
 消灯15分前にチャイムが鳴るが、用便等を済ましておくこと。本、衣類等は 出しっぱなしにせず整頓する。また、洗面器一杯の水を洗面台の上に溜め
 消灯から、起床までの間は、その水を使用する。
 
 あさ、「起床」の号令で起きること。
 
7、起床
 「起床」の号令で起きて布団をたたみ、服を着て、点検時の整頓を行う。
 
 「起床」後、すぐに点検があり朝食となるので、洗面、居房の掃除等は、
 朝食後に行う。
 
一日の生活時間
 
起床(7:30)朝点検(7:40)朝食(7:50)作業(8:15~12:00)昼食
(12:00~13:00)作業(13:00~16:00)夕点検(16:15)夕食
(16:30)余暇時間(17:00~21:00)消灯(21:00~7:30)
 
刑務所では、起床は、6:30です。
 
購入受付 1、飲食物の購入受付、火曜、木曜
       2、日用品、郵券受付、火曜、木曜
       3、私本の受付     水曜日
       4、飲食物や、日用品の品目は、居房内備え付けの
         購入要領ファイルを見て記入。
       5、これらの購入に際しては、係りの職員が前日の昼、
         願せんを入れるので当日の午後に提出できるようにしておく。
 
発信    手紙の発信は、一日2通。
       朝、受付をします。
 
運動    月曜、水曜、木曜 (30分間)
 
入浴    火曜、金曜 (15分間)
 
散髪    月末の木曜日
 
刑務所での生活からは考えられないくらい、優遇されています。
 
 

修復

一週間ぶりにPCが回復しました。
 [修正プログラムをインストールしないで回避する方法から]
 
ローマ字から、日本語に変換できないので、{Microsoft Office 
IME2007}漢字変換できない場合の確認事項、{言語バー}を右クリックし、表示されたメニューから{設定}をクリックし、{全般}タブを
クリック、{追加}ボタンをクリック、[入力言語の追加]画面が表示、
[日本語(日本語)]の(+)をクリックして、(-)にし、{キーボード}の(+)をクリックして(-)にします。
{Microsoft IME}にチェックをつけ、{OK}ボタンをクリックします。
{規定の言語}のカーソルをクリック、{日本語(日本語)-
Microsoft IME}をクリックし、{OK}ボタンをクリックします。
Windowsを再起動します。以上で操作は完了、やっと修復できました。
 
7月22日(金)、高知地裁において、第4回三者協議が行われます。
私も、午前中に、市内に赴き、派手な(パフォーマンス)を起こしたいと
思います!

総会

昨日、7月10日(日)午後2:00から、高知城ホール 2階 やまもも
高知白バイ事件再審請求報告集会が行われました。
 
会場には、約30名の方達が参加していただきました、
            第一部 報告集会
1、私の事故を取り上げていただきました映像を試写しました。
2、再審請求裁判について 請求代理人・生田 暉雄弁護士
3、私から皆様に対しての、お礼と今後に向けての決意表明
            第二部 片岡晴彦さんを支援する会 総会
開会の挨拶:議長選出:元会長挨拶:会則について提案:質疑採択
そして、総会決議案提案と採択 内容は、再審請求を求める決議(案)
 2006年3月3日、高知県吾川郡春野町(現高知市)の国道56号線
交差点内で発生した、県警交通機動隊隊員が運転する白バイと、
仁淀中学校のスクールバスが衝突した事件で、白バイ隊員の過失を隠ぺいするために、高知県警察、ならびに、検察の不法な捜査と、
真実に目を塞いだ不公平な裁判によって、バスを運転していた片岡晴彦さんに、禁錮1年4ヶ月の実刑判決をくだし、片岡さんと家族に大きな苦しみを与えた。
 私達、片岡さんを支援する会は、現在審議中の平成22年10月18日に、高知地裁に対して申し立てた再審請求について、次の件について真実を明らかにする取り組みをするよう求めるものである。
 偽装を疑わせる多くの矛盾点があり、それを証明するため4項目の議案を提案する。
 
1、実地検証の実施
2、実況見分調書のバスのブレーキ痕や、バスの運転手の現場写真   など、ハイテク技術による証拠偽造の解明
3、鑑定書の精査
4、新たな証人採用
 
 私達は速やかな再審公判によって真実を明らかにし、
「無実の者は無罪」にという判決を勝ち取る為に、高知県民はもとより
日本全国の多くの人々に訴えて闘うことをここに決議する。
                                  以上
2011年7月10日
         「高知白バイ事件:片岡晴彦さんを支援する会」総会
 
会場全員が、採択していただきました。
そして、役員選出、新役員の紹介と挨拶:議長による閉会の挨拶
 無事に総会が終わりました。
新たな組織になって、気持ちも新たに「真実一つ」を合言葉に
再審無罪を勝ち取るまで頑張っていきますので
今後もご支援、ご協力よろしくお願いします!
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。