三者協議

5月28日(月)午後4時から、高知地方裁判所5F準備手続室において第19回
三者協議を行いました。
詳しい内容は書けませんが、再審の扉を開かれる為の一歩前進といったところです。
弁護団としても、いい感触を持って立ち合っています、名張毒ぶどう酒事件は残念
な結果になりましたが、最高裁に特別抗告し、前向きに対処しています、まだまだ
あきらめてはいません、私も、何事に関しましても、前向きに頑張っていきます。
 倉敷市で応援してくれています、団体から署名、700筆送られてきていました。
本当にありがたく、感謝申し上げます。
全国の皆様から寄せられた大切な署名をどうしても生かさなくてはなりません
私も、支援する会の皆様と一緒に戦っていきますので、応援宜しくお願いします。

再審

昨日の新聞記事を読んで、「名張毒ぶどう酒事件」の再審確定と思っていたのが、
不当決定、ショック!でした。
今回こそは再審の扉が開けられると信じて疑わなかったので
残念をとうり越しショックで、言葉も出ませんでした。
 名古屋高裁は、犯行に使われた毒物は自白した農薬と矛盾せず「自白は根幹部分
で十分信用できる」と新証拠を否定、再審開始を認めない決定を下した。
弁護団は、「信じられない不当決定だ、歴史に残すことを許さない」と怒りに震えながら
訴えていました、一審では、「自白や証拠を綿密に点検して無罪判決」しかし、高裁では
「有罪ありきで都合の悪い証拠を排除している」逆転判決で死刑を宣告「天国」から「地獄」
考えられない裁判で、50年近く拘置所に入れられています。
いくつかの疑問点を検証し、第7次再審請求審では、「混入された毒物は、自白とは異なる
可能性がある」と指摘、「最新開始」の4文字を見て震えた、しかし、翌年、検察側の異議
申し立てが認められ決定取り消し、それから、約5年半、審理は高裁に差し戻され
農薬の鑑定では弁護団の主張に近いデータも出たが、結果を変えるまでにはいたらなかった。

私も再審請求中で、三者協議も18回を数え鑑定人尋問が行われる日にちも決まり、いよいよ
という時、このような信じられない「不当決定」ショック以外何もありません。

今後は、裁判官の良心に問うだけです。


雑草

雑草、私のブログ名、雑草の力強さを体験しました。
というのも、最近、草むしりを頼まれ毎日のように行っていますが、根が深く岩にこびりつき鎌で切ってもなかなか取れません、土もないのに不思議です。

私もブログ名を考えた時に、そんな、雑草の如く逞しく、しつこく喰らいついて、必ず事故の事実を明らかにし
真実を証明することを肝に銘じ頑張って行こうと改めて思いました。

倉敷

昨日は、日本国民救援会岡山県倉敷支部にて「高知白バイ学習会」の講演に行ってきました。

高知県本部事務局長と二人で、私の自家用車で日帰りでの行程、自宅を、7:25発 
高知城ホール8:45着9:20発 豊浜SA10:30着10:40発 水島IC11:30 
ここまでの距離(198k)県道62号線を西進430号線合流地点のレストランにて昼食
(11:40着 12:30発)集会場所(生協会館)12:45到着

道中をゆっくりした行程にて安全運転にて到着、13:30~15:30
約2時間の支援協力を呼びかける集会を行いました。

最初に高知白バイ事件の概要が分かるDVD「ドキュメンタリー宣言」を視聴していただきました。
私の主任弁護士先生が「世にも不思議な交通死亡事故裁判」
 白バイとスクールバス衝突事故、事故の態様は曖昧模糊とし、証拠の捏造はしほうだいの
 刑事裁判と銘打って、約一時間位の講演を行いました、
私の決意表明(いつもの事震えながらの主張)その後は、質疑応答、会場には25名の方々が
参加して戴き、熱心に質問してくださり、本当にありがたく、感謝の気持ちが一杯の学習会でした

あっという間の2時間が過ぎ、その日、署名490筆、有難く受取、20名余りの会員さんも増え
記念撮影、お礼の言葉を述べ、16時に会場を後にしました。

内容の濃い充実した気分で岐路につきました、全行程、片道時間は、3時間50分 
距離は207、6kでした。

日本国民救援会岡山県倉敷支部の皆様、土曜日の貴重な時間を私の為に割いて頂き
本当に有難うございました。

今後の再審に向けての力と勇気をいただきました。

集会

5月12日(土)13:30~岡山県倉敷市において「高知白バイ事件:検証」集会が行われます。

4月7日にも、岡山県国民救援会津山支部、岡山支部で集会が行われ、今回も岡山県国民救援会倉敷支部
主催で行われます、場所は、倉敷医療生協会館2階です。

沢山の方達の参加をお待ちしています!

茶摘み

新ブログ、まだまだ慣れませんが宜しくお願いします。
今日は、「晴彦を支援する会」の事務局長の茶畠で茶摘みの手伝い、日頃お世話になっているので、少しでも助になればと出かけました。
 陽よりもよく絶好の茶摘み日和、久しぶりの外での作業に喜び勇んで出かけたのはいいのですが?
9時過ぎ頃から、雷が鳴り、雨がポツポツ降り始め、慌てて取りやめました。
茶摘みは、雨が天敵残念ながら、中止、一くら、二くら、三くらあたりで終了!
帰ってきて、ひとっ風呂浴びて汗を流し休憩、するとどうでしょう「雨」が上がり青空が出てきました、この様子だと、昼からもう一度、茶摘みを行うかもしれません、自宅で連絡待ち、雨に濡れると厄介なので、乾いた状態で摘まなくてはならないのです。
 実は、茶摘みは初体験、機械の後ろで袋持ち、誰でもできることです、私にぴったりの作業、昼から茶摘み出来ればいいのにね?

雨、5月のゴールデンウィークの真っただ中の雨、私達にはあまり関係がありませんが?
行楽地の賑わいをテレビで見ながら、天気によっては「ずいぶん違うな」という感想を持って見ています。
新しいブログを立ち上げていただき、感謝しながらの記事、最初にふさわしくないのですが自宅で待機状態でいると、ふと、刑務所の窓からの景色を思い出します、土曜、日曜、祝祭日は、独居房から出ることはできず、一日中
居室で座っていたことを思い、今は自由に行動できる喜びを堪能し、自由ってなんと贅沢なんだと、改めて感じ今
PCに向かっています、雨の日は、まだまだ寒く上着を一枚、羽織りたい程です。
 刑務所での生活の中で、土日祝日は、起床時間が朝7:30、昼食が終わり13:00~15:00まで昼寝
そして、夕食が終わり点呼が終わると17:00、冬時間はあまりの寒さに布団を敷き横になって暖を取るのです
だから、冬時間は、7;30~13:00、15:00~17:00(約7時間半)横になっている時間が大半でした。
自由に外に出、散歩し、自由に温かいコーヒーを飲み、自由にテレビを見、普段何の気なしに生活している人たちにはわからないでしょうが、「自由は素晴らしい」本当に贅沢極まりないことです、大切にしてください。

 タイトルの「雨」にはふさわしくない記事になりましたが、今後は、こちらのブログ「雑草魂2」
 にて宜しくお願いします。
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR