コメント

片岡さん、こんにちは。
神奈川在住の者です。
長文になりますのでご了承ください。
テレビと新聞を観ないので、事故の事を最近知りました。
無知で申し訳ありません。

ユーチューブの関連動画も、全てではありませんが、
拝見させて頂き、何度も涙があふれてきました。

失礼ながら、片岡さんの味方をするという感覚は、あまり持たないようにしています。
何故なら感情論を含めてしまうと、冷静な判断が出来ないからです。
その感覚を持ちながらも涙が溢れてきました。

それは片岡さん、家族、学生たちの無念な気持ち、家族の絆、そして、国に対する不信感
人のエゴ、様々な事を考えると、自然に涙が溢れてきます。

自分は、飲食店の店長として、過重労働によるうつ病により、休職。完治せずに休職期間満了により
解雇通告。理不尽に思い、労災申請しましたが、2年半の争いの後、結果的に棄却に終わりました。
裁判と同じく労災では3度の審議が可能です。それでも不服の場合は、裁判となります。

会社は、全国チェーンで、誰でも知っている会社です。
フランチャイズ展開をしていたので、自分が雇用されていた処は、親会社ではなく、その下の会社でした。

簡単に言えば、名ばかり店長で、月間300から400時間の労働。
しかし、店長は管理職なので、何時間働いても同じ給料です。
タイムカードを打刻して、働いていました。

本来それをしてはいけないことなのですが、打刻をすると自分の成績に影響が出て会社から叱責を受け
自分の給料にも反映されます。労災を申請し、証拠提出を求められました。

物的証拠を求められましたが、元々労災になるなど夢にも思いませんので、証拠などありません。
わずかな証拠が店舗に記録されていたので、それをプリントしようとしたら、全てデーターが消されていました。
事態が把握出来ませんでしたが、気を取り直し、同僚の証言を複数集めました。
それでは足りないと思い、証言を頼むと快く快諾してくれた人物がいました。
すると、突然連絡が取れなくなりました。明らかな証拠隠滅だと、初めて気づきました。

会社には顧問弁護士、自分にはそんな費用がないので、支援団体の方にお世話になりました。
どうやら、相手が上手だったうようです。

加えて、うつ病の心療内科の主治医の意見も自分の主張は受け入れてもらえませんでした。
さらに、労働基準監督署の担当者が突然変更になりました。
おかげで、話が通じなくなり、前任担当者への主張が理解されていなく
元に戻すようにお願いしましたが、もちろん受理はされませんでした。

このような様々な隠ぺい工作がありましたが、証拠は一切なく、状況証拠なので、工作を主張しても無理でした。

こんなこともあり、十分な証拠は、揃えることが出来ず、三度の審議は棄却です。


そこで、感じた事は「正義は勝たない」。法律には穴があり、その穴を知っている人物がいれば
白は黒になり、黒は白になる事です。

この労災により、健康な体を失い、妻を失い、職を失い、財産を失い、慰謝料による借金だけが残りました。

今は、健康な体を取り戻しましたが、会社は解雇されたので、アルバイト、派遣、障碍者年金で生きています。

長々自分のことばかりですいません。このような事があったので
片岡さんの事故は、不自然な事が多すぎることを感じますし、組織の躍起になる姿がよくわかります。
ですから疑問点が多く、「事実」が明らかになっていません。今は「偽実」だと思います。
不自然な部分を全て納得いく形の説明があれば、自然に片岡さんの、無実に繋がると思います。

「事実」は一つです。

それが、「事実」から「真実」、そして「無実」になると思います。

既に検証はされていると思いますけれども、ユーチューブの動画?を見て気付いたことです。

それは、同僚の白バイ隊員の証言の部分です。

交差点130M手前で、178M先の時速60キロの白バイと時速10キロのバスを確認。
そして、80M手前で交差点で衝突を確認。ここで思ったのは、目撃証言の白バイの時速の遅さです。
目撃したバイクが178M進み、自分は50M進んでいる。距離を比率にすると、28%です。
時速で計算すると、自分のバイクの時速は16.8キロ。こんなに遅く白バイが道路を走行することはあるのでしょうか?
バスが右折をしようとしているから信号は少なくとも「青」です。
その青信号の道路を時速16.8キロで走行するのには疑問です。時速16.8キロといえば自転車の速度です。
信号が青で、その道路の制限速度は50キロです。仮に目撃の白バイが、
制限速度の50キロで走行していたとしたら、相手の白バイは150キロ以上のスピードが出ていた計算になります。
申し訳ありません、計算が得意ではないので、計算には自信がありませんが、似たような数字は出ると思います。
自分が感じたことは、相手の隠ぺい工作を暴くのではなく、
相手の主張した部分を逆手にとって、暴く方法もあるのではないかと思いました。
おそらく、その方法も試していると思うので余計なことだとは分かっていますが
少しでもお役に立てればという気持ちはあります。感情論を抜きにしたいのは本音ですが
現実は難しく、応援したい気持ちであふれています。おそらく、それは、自分のあふれた涙が証だと思います

家族や支援者の方々があれだけいて、メディアも協力してくれていることは、本当に喜ばしい事のように思います。
失礼な言い方でしたらば、申し訳ありません。しかし、片岡さんの辛さや無念や悔しさ
自分なりに理解したい気持ちはあります。
相当の精神力が無ければ、この状況で、生きて行くことは出来ません。本当にすごいことです。
そして、このことは大きな財産になると思います。とういうか既になっているかもしれません。

長文最後までお読み頂き、ありがとうございました。

今日、コメントの欄に投稿して頂いた事を、取り上げました。
本当にありがたいことです、力と勇気を頂きました。

勝手にブログに掲載して申し訳ございません。

匿名

報道ステーション・サンデーの報道を視聴した人から
匿名にて、カンパ募金を頂きました!

東京在住の方で「ろくな審理もせず、検事の言いなりの判決を出す」
「日本の司法を変えてください」新しい力を頂きました。

全国の皆さんの”お陰”で今まで戦うことが出来ました、今後も冤罪被害者の為
少しでも勇気と希望を与えるよう共に頑張っていきます!

応援よろしくお願いします。

訂正

申し訳ございません。

KSBシリーズ第29弾は、今日ではなく、昨日でした。

真に申し訳ございませんでした!

テレメンタリー第4弾は、2月8日です。

よろしくお願いします。

KSB放送

お知らせします。

昨年12月16日、再審棄却から早Ⅰヶ月立とうとしています。

KSBシリーズ・第29弾、まだまだ取材してくれていました。

明日、1月15日、岡山・香川両県でKSB瀬戸内海放送で、夕方6時半ごろ放送します。

内容は、昨年暮れに高知地裁からの再審棄却を言い渡された
「高知白バイ事件」4年2カ月余り闘ってきた再審請求審、もしやと期待していましたが
またまた”棄却”の二文字、見飽きた・聞き飽きた、正直うんざり!
高知県は、放送はありませんが?ネットでは、夜8時頃放送されます。

そして、高知ケーブルテレビでは、夕方の6時半頃放送されますので、是非ご覧ください!
2月8日もテレメンタリー・第4弾ご期待ください。

今後も、事故の事実を闇に葬られない為にも闘っていきますので
ご支援・ご協力よろしくお願いします!

報道

高知地方裁判所での再審請求審、4年2ヶ月の年月と浪費と時間だけを費や
した割にはあっさりと棄却されました。

三者協議、31回・何だったのでしょう?

棄却決定に際し、報道機関が動いてくれます、まだまだあきらめるわけには行きません!
 
1月18日、TV朝日「報道ステーションサンデー」で高知白バイ事件を取り上げる予定です。

KSB瀬戸内海放送、第4弾・テレメンタリー、2月8日深夜放送

高知県内では視聴できませんが、ネットでは視聴できます

事故の事実を明らかにするまでは、頑張っていきます!

今後も、ご支援ご協力よろしくお願いします。

年賀

旧年中は、大変お世話になりました。

年男であった午年は、最悪の年で終わりました!

友人であり、支援する会事務局長が町議会議員選挙(3期目)信じられない落選。

失望の下で、午年が始まり、3月28日思い出したくもない、孫の交通事故
駐車場内での事故、高齢者の運転する車に巻き込まれ(バックではなく前進)信じられません

4月4日午前2時頃、帰らぬ人となりました、2歳8か月、余にも若く死出の旅、悲しくて絶望!

師走の12月16日、”再審棄却”覚悟はしていたのですが・・・・・
裁判長はヒラメ裁判官でした(人間失格)
12月22日、義理の兄の、死去、二度と振替りたくない午年最悪の年でした。

今年の年明けは、新聞配達を終え、長男の家で初めてのお正月を迎え、
家族全員災難が降りかからないよう願い初詣。

先ほど帰ってまいりました。

郵便受けには、沢山の年賀が届いていました、喪に服すために年賀を控えさせて頂き
申し訳ない思い、感謝の気持ちで読ませて頂きました。

激励の一部を紹介、「即時抗告は正解です、あんなトンデモナイ決定を認めて確定
させてはいけません。続けて行くことは大変なことですが、本年は皆様のご多幸を祈ります」

「地裁は残念でした、でもネバーギブアップ」

「絶望は愚か者の続編」「自由を愛する身には逆風が吹きすさんでいます。今年こそ!」

「今回の再審棄却本当に遺憾に思います、上告審大変でしょうが頑張ってください」

「ニュースでお姿を拝見致しました、大変でしょうが、遠くの地より
応援しています、頑張ってください」

まだまだたくさんの方々から激励して頂き、支援者からの応援、有難うございました。

今年は、信頼できる裁判官に行き会える事を願い頑張っていきます!

年賀状、有難うございました、本年もよろしくお願いします。
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR