シリーズ

今日、21日、KSB放送「高知白バイ衝突死」シリーズ第32弾
放送予定です。

久しぶりの放送、楽しみです、再審請求審も高裁に抗告して
1年6ヶ月になります、先月から高松市内、三越前にて
街頭宣伝、チラシ配布、署名活動等々、国民救援会
四国ブロックの会長、事務局長、支援する会のメンバーが
事故の日にち(3月3日)に合わせ活動しています!

今月は3日が日曜日なので、4日の月曜日、三越前にて行動します。

高松高裁に署名を提出する為、そして、”再審の扉”を開き
事故の事実を明らかに、真実を明るみに出すための訴え
昔でいえば、”直訴”担当裁判官に伝わるかは分かりませんが?

毎月、高松市内にて街頭宣伝を行います。

ご迷惑をお掛けしますが、どうか、隣の県の白バイ事件に、耳を傾け
署名協力をお願いします。

7月4日、午前11時頃から行動予定です、よろしくお願いします。

漏水

今日は雨の日なので久しぶりにのんびり。

その矢先に、私の住む地域の水道管からの水漏れ(漏水)

組合員からの電話で呼び出され、理事の方と二人で水道管の取り換え

私は、ずぶの素人、理事の方は長年経験しているので、止水栓の場所

修理の仕方を全て習いながら、自分で取り換え、無事に終えました。

一つ、一つ経験をしながらの悪戦苦闘のにわか組合長でした。

6月7日

6月7日、高知地裁で地獄の一丁目に突き落とされた日。

一生忘れることが出来ません、”私の記念日”肝に銘じて生きていきます。

”記念日”とは素晴らしい思い出の日です、しかし、私には甘い考えは出来ない日

家族を地獄に陥れた日でもあります、私さえしっかりしていれば
軽率な行動を取りさえしなければ、いい加減な生き方をしなければ
後悔だけが残され、それでも、前向きに生きなければと頑張っています。

 死ぬまで引きずっていく”記念日”

えん罪救済センター

えん罪救済センターの申込書をやっと作成しました。
   6枚綴りになっています。
1枚目、申込者について、申込者(本人・本人以外)
2枚目、事件について・事故の日時・場所・被害者の名前・事故の概要
3枚目、担当弁護士について・一審、控訴審、上告審、再審請求審
4枚目、裁判について、裁判経過・(第一審)裁判所名・裁判日・判決日
     (控訴審)裁判所名・裁判日・判決日(上告審)裁判所名・決定日
     (再審請求審)裁判所名・棄却決定日
5枚目、刑事裁判関係書類について、一審、控訴審、上告審・(判決文)
     (起訴状)
     (検察官・弁護人の冒頭陳述書)
     (検察官の論告要旨)
     (弁護人の弁論要旨)
     {弁護人または検察官の}控訴趣意書それに対する
     {検察官または弁護人の}答弁書
     (弁護人または検察官の)上告趣意書
     (弁護人の)再審請求書、それに対する{検察官の}答弁書
     (再審請求審の決定)
     (弁護人または検察官の)即時抗告申立書または異議申立書
               それに対する{弁護人または検察官の}答弁書
     (即時抗告審または異議審の決定)
     (特別抗告申立書)
     (特別抗告審決定)
6枚目、無実であることの理由とえん罪救済センターに頼みたい事について

  以上、必要書類を揃えるのに日にちが掛り、支援者の協力で
  やっと揃えることが出来ました。

 強い味方が出来ますよう切に願いポストに投函してきます!

高松

昨日、新聞配達後高松高裁に要請書と署名を提出、四国4県の国民救援会の会長
事務局長、約9名の皆様で要請文を読み上げる為高裁に向かいました。

最初に、高裁、談話室にて打ち合わせを行い三越前での街頭活動、私も初めてハンドマイクで
訴えました、緊張の中震える声で私なりの支援署名、チラシの配布の協力をお願いしました。

高松市内での署名、56筆、四国各県での署名404筆合計460筆を持って高裁5Fに上がり
受付カウンターで職員2名での対応、当事者の片岡からの要請書の内容読み上げた。
ところが、徳島県本部の会長さんが強い口調で「どこの裁判所でも部屋を一室構え対応するのが
当然の礼儀だろう」職員の方が少し間をおいて「追って連絡するので1Fの談話室でお待ちください」
と言ってくれたので、談話室で待つこと10分あまりして、部屋を用意したので5Fに来て下さいと、
案内され職員2名の前に着座し、高知県本部会長が代表し読み上げた、内容は次の通りです。

 平成26年(く)第77号再審請求棄却決定に対する即時抗告申し立て事件
  公正・公平な審理と再審開始を求める要請書読み上げました。
 申立書は高松高等裁判所刑事部担当裁判長殿
 
 申立人 連名で片岡晴彦、高知県本部会長、香川県本部会長
      徳島県本部会長、愛媛県本部会長

 平成26年12月16日、高知地方裁判所は、高知白バイ再審請求を棄却する決定を下した。
しかし、この決定は、①申立人委嘱の鑑定人が本件タイヤ痕はスリップによって付いたものではなく
現場に液体状のもので画かれたものだと鑑定したにもかかわらず鑑定人の証人尋問もおこなっていない。
②また、裁判所が職権で採用した鑑定人が本件タイヤ痕はスリップ(縦スベリ)痕ではなく
ヨーイング(横スベリ)痕だとする鑑定についても、どちらのタイヤ痕なのかも明らかにしていない。
③その結果「新規・明白な証拠」となりうる可能性のある証拠が検討されないか、誤って
採用されたため、「新旧両証拠による総合的評価」ができず、申立人をはじめ市民にとって
非常に不満な決定となってしまった。したがって、片岡さん、弁護団は平成27年1月
本件棄却決定に対して審理不尽、理由不備、理由齟齬を理由として、即時抗告を行った。
 貴裁判所におかれましては、以上の事柄を十分に熟慮され、公正・公平な審理を
遂げ、再審を開始していただけますようここに要請いたします。

 以上、全文を載せました。

日本国民救援会四国ブロック会議を立ち上げ、最初の行動でした。

厚い中本当に有難うございました、沢山の力を頂き、充実した一日でした。

6月3日


国民救援会四国ブロック会議のメンバーにて行動します。

6月3日(金)集合場所は「高松高裁」11時30分です。

1、打ち合わせは高裁内の食堂にて
2、街頭宣伝行動
    場所   高松市商店街・三越前
    時間   12時~12時45分
    内容   ① ハンドマイク宣伝(各県リレー)
          ② ビラ(2種類)配布
          ③ 署名集め等
3、高松高裁への要請行動
    時間   13時~
          ① 署名を手渡しで届ける
          ② 再審開始を求める要請
4、全体のまとめ会議
    時間  14時~    
          高裁食堂にて
5、その他
          ① 7月3日前後の行動について
          ② 次回の四国ブロック会議開催について?

このように、毎月3日(事故の日)前後に四国ブロック会議にて
署名行動、要請行動を行う予定になっています。

このまま、何もしないで指をくわえ待っているのに疲れました。

どうか、高松市内の三越前に集まってください。
皆様の力で”再審の扉”をこじ開けようではありませんか!

 ご協力よろしくお願いします。        
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR