マサト さまの投稿内容

はじめまして。
今回の片岡さん事件は日本の司法が抱えている問題点が表れていると思います。
警察、検察、裁判所の癒着は以前から指摘されていました。
そして今回特に思うのは、裁判官の思考力の欠如(もしくは意図的な判断の誤り)です。
裁判においては双方が自分に有利にいろいろ偽証します。(警察も当事者ともなれば、偽称します。)それら相反する証拠を吟味し、最も合理的な判断をすることが裁判官の職務だと我々は思うのですが、実態は異なります。
何回か裁判を経験した身からすると、裁判官は最初に結論を決めてしまいます。(昇進や利害関係、後は第一印象などから)
そして、その結論に合わない証拠は何らかの理由をつけて棄却し(なんら合理的な理由がないことが多いですね)、結論に合う証拠のみ採用します。
極端な場合には、提出された証拠については一切言及せずに無視をすることもあります。
これが日本の司法の姿です。悲しいことですが。
今我々にできることは、あきらめずに訴え続けることしかできません。
片岡さんの弁護士さんにはなんとしても片岡さんの収監を止める手段を講じて頂きたいと思います。

2008/8/26(火) 午後 9:52

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR