腹が立って眠れない

去年の3月に、このブログのオナーがスクールバスを運転中に白バイとの交通事故がおきた。

 点滅信号の片側3車線(内1車線は右折レーン)の交差点での事故。
イメージ 1


 この状態で停車中に白バイが衝突してきた。

 運転手は業務上過失致傷の容疑で土佐署に引致され、現場検証にも立ち会っていない。

 逮捕後 白バイ隊員は死亡。容疑は過失致死に切り替わった。

 4ヵ月後 1年の免許取り消し。

 8ヵ月後 高知地検にて事情聴取。

 ここから 事故は事件の様相をなしていく。

 この時 運転手は初めて「スリップ痕」の存在を検察官より示された。

 もちろんバスのスリップ痕である。

 車道進入前に一旦停止し。約6、5m進行した時点で全長9m、総重量10tの大型スクールバスが、26名の生徒や教師をのせて急ブレーキを掛けたことになっていたのだ。

 ブレーキ痕の長さは 1,2m
 それも前輪のみのスリップ痕
 バスはABS付
 乗客は怪我もなく、停止中と証言

 そして そのスリップ痕は、1時間後、運転手が現場検証に戻った時には消えていた。翌日現場を訪れた者は誰一人スリップ痕を見ていない。

 当然 裁判となった。

 その判決が今年の6月に出た。

 なんと 禁錮1年4ヶ月の実刑である。

 これが高知県の警察と地検と地裁の実態だ

 運転手は即日控訴した。私は今 彼の支援のために彼が始めたブログにて このような記事を書いている。

                       LM737

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR