スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日の出来事

今日4月25日(日)快晴の元、久しぶりに中学校のソフトボールの練習試合を、見に行きました。
勿論、支援の会のメンバー三人の子供たちです、練習試合とはいえ、熱のこもった白熱した試合に、10年前の自分の子供を思い浮かべていました、あの時分は、妻と二人で応援に毎回いったものでした、最高の時でした。
 
子供たちの元気に走り回る姿、一挙手一投足に、我を忘れて応援に熱が入りました、
N:Nさんの息子は一番キャッチャー、(本当は4番バッターです)、O:Tさんの息子は、3番センター、K:Aさんの息子は5番サードで、三人共大活躍に、私も久しぶりに熱く燃えました。
 
今までの嫌なことを全て忘れさせてくれる一瞬でしたが、素晴らしい時間を与えてくれたことに感謝し、明日から新たな一歩を踏み出すステップになりました。
 
昼から、弁護士先生と合流、食事をしながら再審に向けての打ち合わせ、そして、今日のメインであります
事故当時の目撃者であります、二人の方にお会いしました、弁護士先生の問いかけに、はきはきと答えていただき、貴重な証言をもらうことが出来ました、忙しい中私の為に時間を割いて戴本当にありがとうございました。
 
皆様の温かい気持ちに感謝し、今後も前向きに頑張っていかなければと、肝に銘じた一日でした。
 
明日は、教習所も休みで、歯医者に行ってきます、入れ歯の最終的な調整です
入れ歯の心配も無くなり、免許所得し、再審に向かってまっしぐらに突き進んでいきますのでこれからも
応援よろしくお願い申し上げます。
 
 高知白バイ事件 再審請求署名活動中です よろしくお願いします
詳細はこちら → http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html
   
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

KSB最新作放送されましたよ

2010/04/26
高知白バイ衝突死(23) 国家賠償訴訟・・・2つの判決
KSB 動画
http://www.ksb.co.jp/newsweb/meta/sr10042601.asx

『BOX 袴田事件 命とは』予告編
動画
http://www.youtube.com/watch?v=Ni0nyXAxyJ8

LM737さん、覆面の件は、昨日、高知の支援の会の方と話し合った結果、5月3日ということです、時間と場所は決めて下さいとのことです。

人生の中で 脳裏に焼きついている瞬間的な幾つかの画像に 拘置所に接見に現れた原和良弁護士の形相があります
隣接した裁判所で記録閲覧した氏は 二度目の接見に来た 汗ばんだ表情にぎらついた釣り目 何事が起きたかと・・
異様な形相をして黙して語らない氏に 虚偽告訴を証明する照会請求の結果を訊いた 仕方ないといった様子で「確かに出た」
しかし控訴事由に悩んでいるとも語った これは変だ 公訴自体が不当と棄却主張すべきだ このときは当然に検事面前調書の署名偽造など知る筈も無い
原和良弁護士は何を見て驚愕動転したか・・公判調書/判決原本の何れしかない
黒猫さんの閲覧申請をしたところ 初めはそうした記録が無いと探していた そして他者の記録を併せて渡した・・黒猫さんの主張に懐疑的だった当方も 郵便疑惑に注目しています
http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/
あと三週間で投獄から14年が過ぎます 再びの人生の最良な年はこれから・・です

帝銀事件・平沢氏の有罪証拠は検事面前調書三通のみで物証はありません
この調書録取をした検事とは会ったこともなく また録取したとされる日時には監房から出ていない
調書の署名も偽造なら指印も不審で 三通の調書の指印の印影が同一という奇怪なもの この調書はわら半紙ゆえに この朱肉の検証をしようにも困難とか 因みに8年前の検察庁通知書は 粗雑な酸性紙で黄変して襤褸紙と化しています
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/teigin001.jpg.html
当方の事件が公表されれば 全ての冤罪事件は見直しが求められます
偽装証拠調べをした鶴田検事正やこれを握り潰した佐藤文哉元高裁長官は鬼門入りしたが 原審の原田國男判事 また原和良弁護士などが居る
刑事と民事とでは同じ”真実追求”(出来ないくせに)でもスタンスが異なると思っていたが 高松白バイ事件の国賠判決と愛媛白バイ民事判決から 裁判官の独立とは絵空事 やはり先に結論ありです

柳原三佳のブログ のブログより
愛媛白バイ事件、控訴決定!
結果的に裁判では、「足をついて止まっていた」という息子の証言やそれを裏付ける目撃者の証言はすべて却下されてしまい、そして、同じ署内の警察官が勝手に作成した『総括捜査報告書』が一人歩きして判決が出されてしまったのです。
ただ、判決では「右折車」の存在だけは認められました。右折車の存在を認めたのなら、事故状況も合理的に想像出来るような判決を出していただきたかったです。
http://mikay.blog44.fc2.com/blog-entry-642.html

プレスクラブ (2010年04月28日)
郷原信郎元検事講演(「司法の在り方を考える議員連盟」会合)
動画
http://www.videonews.com/press-club/0804/001420.php#video

>覆面の件は、昨日、高知の支援の会の方と話し合った結果、5月3日ということです、時間と場所は決めて下さいとのことです。
了解しました
片岡さんが最初に言っていた場所ですることに決めました

LMさん、最初というと、地元のことですか?
高知市内ですか?
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。