スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検証

今日5月3日(月)、小春日和の中、事故現場近くの駐車場で、高知の仲間たちと、
写真捏造のトリックを暴く為に、当時の覆面パトと同じ車で、検証しました。
 
事故当時と同じ服装で、車の後部座席に乗り、証拠写真の数枚の写真と同じ角度、同じ状態で、約1時間掛けて内容の濃い検証を行うことが出来ました、高知の支援の皆さん今日は本当に有難うございました。
 
そして、午後2時からは当時バスに乗っていた、生徒2人から新たな証言を戴き
ゴールデンウィークの貴重な一日を、私の為に時間を割いていただき有難うございました。
 
再審請求に向けての、第一歩を歩み始めた今日一日でした。
 
弁護士先生、奥様、そしてI:K先生、香川県からお越しいただき有難うございました。
 
   高知白バイ事件 再審請求署名活動中です よろしくお願いします

詳細はこちら → http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

警察による捏造は決して許してはいけない事だと思います。
がんばって下さい。
警察という組織は腐り切っています。
上下関係と、組織の保身だけにやっきになります。
ある意味、任侠団体よりも怖い存在です。
色々と頑張って下さい。
お手伝い出来る事は、私なりにしようと思います。

警察のやりかたには、いつも憤りを感じています。
どうか頑張ってください。応援しています。

記事を拝見して、いても立ってもいられず投稿させていただきます。
ブレーキ痕について疑問に思ったので投稿させていただきます。
結論、検証結果で出ているようならお教え頂けると幸いです。
もしも1.2mものブレーキ痕をつけるとすると、駐車場からどのくらいの速度で車道へ出なければならないのでしょうか?
また、その速度を車道へ出るまでの出せるものなのでしょうか?
その速度が出せるのであれば、どのように駐車場内を走行しなければならないのでしょうか?
また、その走行は可能なのでしょうか?
それが不可能であるとするならば、偽造と断定することはできなくとも、そのブレーキ痕が「証拠としては不十分である」とさせることができるのでは?と考えたものですから。。。

先 投稿の追記です。
その速度(車道へ出なければならない速度)が10km/hと程遠い速度であるとするならば、反対車線から同僚の白バイ隊員が目撃し、判断した証言とも食い違うこととなり、「信憑性にかける」と崩すとこができなくないですか?
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。