スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰阪

今日、ゴールデンウィークで帰省中の二男が大阪に帰ります。
 
明日、新聞配達の休刊日、家族で二男の住む大阪に行ってきます。
そして、日頃大阪で支援してくれている方たちに直接会って御挨拶をしてきたいと思います
二男の会社の方々や、大阪で応援してくれているご夫妻にも直接会います、今から楽しみです。
 
高速道路は帰省客で渋滞していると思いますが、のんびり、ゆっくり、ドライブがてら行ってきます。
 
一泊二日、今から出発します。
 
行ってきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

街づくりカフェTV
2010/05/04
高知白バイ事件の真相
高知白バイ事件の真相を松岡由紀彦氏と共に解説!!
白バイには上乗せ保険が掛けられていなかった!!故に、県警は、スクールバス側の車両保険金を騙し取るために、証拠を捏造して冤罪事件を創った。
足利事件など一般的な冤罪は、犯人を間違ったものだが、高知白バイ事件は、司法組織が故意に無実の市民に罪をなすりつけた謀略事件である。
此れを地元の高知新聞が報道しないことが極めて深刻な問題!
高知の闇は深い。。。
動画あり(約38分)
http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/blog_index.html

坂本県議のブログより
4月17日
裁判長が口を開いてから「主文 原告らの請求を何れも棄却する 訴訟費用は原告らの負担とする」と言い終えるまで、腕時計のストップウォッチで計っていましたが所要時間は何と35秒。「棄却」という予想された内容であれ、あまりの呆気なさに唖然とします。
今回の国賠訴訟の判決は端的に言えば、その主張自体が失当しているというものでした。その判断は、「本件有罪判決が誤っており、冤罪を前提であることを前提とするものであるから、被告らの私法上の責任の有無を判断するにあたっては、本件有罪判決自体の当否を判断しなくてはならない。 −略− 本件有罪判決は確定しており、原告晴彦が再審等により無罪の確定判決を得た旨の主張立証は無い。したがって、本件有罪判決を受けたことにより損害を被ったとする原告らの主張はそれ自体失当と言わざるをえない。」とのことが理由なら、一年間も引き延ばす意図は他にあったのではないかと思わざるをえません。
http://www.sakamoto-shigeo.jp/main.htm

くれぐれもお気を付けて、貴重なお時間楽しんで来てください!
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。