研修

消防団に三度目の入団はお伝えしました、そして最初の消防団活動が、5月15日(土)、5月16日(日)
の二日間、兵庫県神戸市に研修に行ってきました、神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2(HAT神戸内)にあります「人と防災未来センター」の施設を研修に行きました、15年前の1月17日午前6時前に突然襲ってきた
震度6強の地震により沢山の方々の尊い命が一瞬にして奪はれました。
 
震災は忘れたころにやってくる
 
We dont forget~1:17は忘れない~
 
忘れていませんか「1:17」、知っていますか「震災」、見つめていますか「未来」
                          
                          「西館」
1F:ガイダンスルーム(語り部による震災時の体験)(センター研修員による防災セミナー)
 
2F:防災・減災体験フロア、(防災未来ギャラリー)(防災・減災ワークショップ)(災害情報ステーション)
 
3F:震災の記録フロア(震災から復興をたどるコーナー)(震災の記憶を残すコーナー)(震災を語り継ぐコーナ
 
4F:震災追体験フロア、(1:17シアター)(震災直後の町)(大震災ホール)
                         「東館」
1F:心のシアター(いのちへのいつくしみや生きる勇気を葉っぱの「フレディ」を通して臨場感たっぷりに描き出します)
 
3F:水と減災について学ぶフロア、(いのちの星の奇跡)(水の星の賛歌)(風水害の脅威)(市民ギャラリー)
(あしたへ向かって)
 
約2時間半余りの研修でした、改めて地震の恐ろしさ、自然災害の脅威を実感することが出来ました、
臨場感あふれるシアターを体感し、貴重な一日を研修することが出来、息子と同世代の若い団員達とも
コミニュケーションを取ることが出来、これから消防団員としてのイロハ、を勉強しました。
 
自然災害の恐怖、脅威、自然に対して人間はいかに弱い動物か判りました、交通事故は人的災害ですが
誰も事故を起こしたくて車に乗っているのではありません、時間と、タイミングで誰でも起きるのです。
 
災害は、自分が常日頃から気を付けていれば、防げるかもしれませんが、交通事故は防ぐことはできないと痛感しています、私は体験上学んだことを、多くの方たちに伝えることを義務だと思い頑張っていきますので
ご支援、ご指導よろしくお願い申し上げます。
 
私も、56歳という年齢で消防団活動に参加し、自分の弱い処を克服為にも、気力、体力、そして最も大切な
精神面を鍛えて、地元の地域の為に貢献できればと頑張ります。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ザ・スクープ
取材直前の逮捕劇〜「検察史上類を見ない犯罪」の真相〜 (100516)
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=eichieichi&prgid=37879882
生田弁護士も出ます。

ザ・スクープのページからも見られるようになった
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR