スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから三カ月

2月23日に出所してから、早三ヶ月が過ぎました。
刑務所生活では、一日、一日がすごく長く感じましたが、今は本当に一日が短く、猫の手も借りたい様です。
 
昨日は、支援の会の事務長さんと一緒に、高知市内で開かれていた、講演会に行ってきました。
東京葛飾区で起きた、ビラ配布弾圧事件(2004年12月、A:Yさん(住職)が、葛
飾区のオートロックでないマンションのドアポストに、「議会報告書」やアンケートな届けたところ、
住民が「共産党のビラを配っている。」と110番通報し、亀有警察刑事部長;公安警察らが急行し逮捕、
家宅捜査しました。23日間拘留し「住居侵入罪」で起訴されました。
 
1審の東京地裁は「ビラをドアポストへ投函することを刑事処罰の対象と見るような社会通念は確立しておらず立ち入り行為は正当な理由があり、住居侵入罪は成立しない」として無罪判決、ところが、東京高裁は1審無罪をくつがえして不当にも罰金5万円の逆転有罪判決を下したのです。
 
2009年11月30日最高裁は、高裁判決を支持し上告を棄却しました。
 
ビラ配布の自由、言論の自由は、全ての活動・戦いの基本であり、金も権力も無い国民にとって重要な
表現の手段です。この権利を奪う事はゆるされません。
 
ビラ配布の自由と言論表現の自由を守ろう。
 
といった内容の講演でした、住職さんですので、ユーモアと説法で、2時間余りの時間がアッという間に過ぎました。
 
日本国民救済会高知県本部主催で婦人会館3Fの大ホール開かれました。(日本国民救援会)権力の横暴に対し正面から戦い、「人権侵害とたたかう人たちとともに80年余歩んできました。ともに泣き、ともに笑いながら
ヒューマニズムあふれる運動です。「人権を守りたい」「何か力になりたい」「民主主義を守る」をモットーを主張に全国的に活動している組織です。
 
私は、ご支援、ご協力して頂きたく、会員登録を済ませ皆さんの前で紹介させていただきました
 
私と、事務局の二人壇上に上がり、白バイ事故の概要を説明、内容を話し協力要請させていただき、今後に向けてのステップアップになると確信した1日でした。
 
今日23日は、雨の中をLM767さんと弁護士先生が、兵庫県神戸市に目撃証言者を訪ね、
陳述書を作成するため、話を聞きに行っています。
 
再審請求に向けて、一歩、一歩着実に動いています、今後も署名に力を入れて頑張っていきますので、ご支援、ご協力お願いします。
 
  高知白バイ事件 再審請求署名活動中です よろしくお願いします

詳細はこちら → 
http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今日の高知新聞
「表現の自由守ろう」
ビラ配布で有罪の住職ら
冤罪防止も訴え
が載っている。
名張毒ぶどう酒事件のことは載っているが高知白バイ事件のことは一字も書いてない。
大本営発表の記事だな。

TVウォッチBLOG
ニュースの深層] 官房機密費メディア汚染 「私は機密費で記者たちに女性を世話していた」 平野貞夫爆弾告発
動画
http://g2o.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-435f.html
※記者クラブのことも発言しているが、高知新聞の記者はペンを折らないといけないな。

初めまして。
偶然、片岡さんに関しての記事を見つけ此処にたどり着きました。
赤の他人の私がこんなにくやしい思いをしてるのですから片岡さん、ご家族、親戚、皆さんは本当になんとも言えない気持ちだったと思います。
私個人で出来ることには限界がありますが、この件を知った以上最後まで応援していきたいと思います!
ありきたりな言葉ですが、「頑張ってください!!」

kei*a1*3*さん、初めまして、有難うございます。
出来ることで結構ですので、ご支援、ご協力よろしくお願いします。
この事故は私だけの問題ではありません、何時何処で事故に遭遇するかわかりません、だから、一緒に戦いましょう。
これからも、よろしくです。

こちら特報部 へこたれない人々 (3) 元裁判官の“内部告発” 弁護士・生田暉雄さん
お上相手の裁判では上級審になると、民の側の分が極端に悪くなる。
昨年一年を振り返っても、大阪府内の住民が原告の住民基本台帳ネットワーク差し止め訴訟は三月、最高裁で逆転敗訴。一審で無罪だった立川反戦ビラ事件も四月、最高裁で有罪が確定した。
行政訴訟に限ると、住民側の勝率は約15%とされる。無力感が漂う。そのためか、ドイツでは年間五十一万件もある行政訴訟が、日本ではわずか二千件にとどまる。
「元凶はヒラメ裁判官にある」。高松市の弁護士で元裁判官の生田暉雄(67)はそう断言した。
裁判官は憲法で一人一人が独立性を保障されている。でも、生田は大半の裁判官が上昇志向から最高裁に統制され、お上に従順だとみる。上ばかり見ている、これが「ヒラメ」の名の由縁だ。
http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/33778103.html
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。