今朝の高知新聞(高知県警警部告訴される)

 水産会社社長が警官を告訴 元窪川署員接待汚職

 高岡郡四万十町の元窪川署員の外国人キャバレー接待汚職事件に絡み、贈賄容疑で書類送検されている町内の水産会社社長(63)が二十一日、

「県警に容疑を認めるうその録取書を作られた」

として、男性を取り調べた県警本部監察課の警部=当時=を虚偽公文書作成・同行使の疑いで高知地検に告訴した。

 22日高知新聞朝刊の記事を要約して補足致します。

 告訴状によると男性(会社社長)は昨年5月21日、窪川署にて県警本部の警部から
「今回のことは、あなたに迷惑をかけんようにするから、この紙に名前をかいて、押印してくれ」と言われ、白紙の用紙に署名押印をした。

 県警本部の警部はこの紙を使って男性が容疑をみとめるうその録取署を作成。

 「上記の通り録取して読み聞かせたところ、(男性は)誤りのないことを申し立て署名押印した」と記載し高知県警監察課に提出した
としている。

 男性側は
「捜査に協力してくれ」と言われて署名押印した。あとから9枚に及ぶ録取書が作られたと聞いて驚いている。と説明した。

 (補足) 
 この男性は窪川署の巡査部長に身内の経営する風俗店の取り締まり情報を得るために、飲食の接待をしたという容疑がかけられていた。巡査部長は懲戒免職されている。

 また 男性は

 「キャバレーは妻が経営している。私は警察官に便宜を得たい考えも無かった。」

 「収賄容疑で送検された元巡査部長以上に私から飲食の接待を受けた警察官がいる中、トカゲの尻尾きりをしたい県警が偽装した録取書。内容はうそだ」と 容疑を否認している。

  これに対し 録取録を作成した警部(今は警視)

「うその文書を作るなど警察官としてできるわけが無い」 と否定

 県警の土居秀樹主席監察官は「調査は適正・妥当に行われている」
としている。

 この事件で懲戒免職なっている元巡査部長は
「男性とは友人関係で収賄関係ではない」と件人事委員会に不服申し立て
している。
以上 高知新聞より

 

 なんということでしょう。警察の手にかかればご覧の通りです。
 もちろん この告訴の通りの事実があったかどうかは、現時点では不明ですが、同じような目にあっている私は「男性」を信用いたします

 「うその文書を作るなど警察官としてできるわけが無い」

 なんてことが信じられないから 困ります。

 私たちの事件で真実が明らかになれば、誰が「尻尾」にされるのでしょうか

 また、告訴をされた男性に敬意を表します。がんばってください。

                          以上 LM737

 







 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR