再審請求

10月17日(日)、午後6時30分、高知商工会館4Fにおいて、「冤罪を語る」
シンポジュウムが、開催されます。
いよいよ始まるのです、今から、ワクワクしています。
 
沢山の方々が、来てくれますように願っています、そして、明くる日の、月曜日に
再審請求、提出の為、高知地裁に向け行進します。
 
出来るだけたくさんの方の、応援待っています、その後、記者会見を行います。
 
シンポジュウムに参加していただきました方たちも、記者会見に列席していただく予定です。
 
再審の壁は高く、気の遠くなる程の年月がかかると言いますが、根気強く頑張っていきます、どうしても事故の事実を明らかにしなくては、ダメなのです、多くの方たちに支えられ今まで頑張ってきた、集大成、泣き寝入りだけはしたくありません
 
証言台に立っていただいた、3人の方々の為にも、署名で応援していただきました全国の方々の為にも、そして、当時中学3年生、22名の為にも、真実を究明しなくてはいけないのです。
 
その為にも、再審無罪を勝ち取るまでは、死ねないのです。
 
18日(月)午前10:00に再審手続きを行います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

冤罪被害者の苦しみは、味わったものでないとわかりません。想像は出来てもなかなか実感がわかないのかもしれません。明日のシンポジウム、そして明後日の再審請求、多くの人が、自分の事のように考えてくださる機会になればいいのにと願っています。

司法の前提そのものが、
1.自白を証拠とする。 2.証拠説明に代えて証拠の標目で足りる。 とした戦時特別立法がまだ残っているからです。
これを、1.自供は証拠としない。 2.裁判官は判決に際して証拠説明をする。 と戻さなければ、問題は解決しない。
ついでに、最高裁規則という法源の明らかでないものを考え直すべきだ。
控訴棄却で下獄するまで 判決書の”証拠の標目”から検察証拠を推知するのみで この内容は知ることが出来なかった 出獄しても弁護人の証拠調請求書は隠され 誣告者を提訴した民事敗訴後に始めてこの書面を入手した
偽造検事面前調書作成・行使の高橋真検事への告訴状に記載しているが 特信情況・・これが検面調書偽造を許す起因となる 当方の事案もこの手口だった。
国会質問がされている
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/101016.jpg.html

再審の壁は高く、気の遠くなる程の年月がかかると・・・・・・・・
「冤罪」〜良く言えば「冤罪」→糞役人の「出世」の為の「犯罪」が「冤罪」だ。
この程度の「国賊」相手に「気の遠くなる年月かかる・・・」→糞役人は、国を滅ぼす「国賊」である。
昔なら「天誅」だ。
問答無用でタタキ斬って、路上に投げ捨て、後は犬に喰わせたらいい。

twitter
おはようございます。今日昼は「サンデー!スクランブル」。そのあと、高知に行きます。
約2時間前 webから
です。参加される方、お会いしましょう。RT @gurpon 高知は白バイ事件関連の集会ですか? RT @nagano_t
約1時間前 webから
長野智子さん、高知へ来るの?
http://twitter.com/nagano_t

つくづく、遠くて(年金暮らしの手許不如意)参加できないのが残念です。

これまでの冤罪は再審から無罪判決を勝ち取るまで
遅いもので60年以上の道のりを歩まれてるのですね。
ここまで、大変なものだとは知りませんでした。
もっと安易に考えてました。
一般人の感覚だと余生を楽しく過ごせたらと思いますが、
当事者しかわからない事なのでしょうね。
最短で再審、無罪になられる事を祈ります。

長野智子さんのtwitter
今週のドキュメンタリ宣言で。RT @hiko0214
約4時間前 Seesmic for Androidから
http://twitter.com/nagano_t
残念

いよいよこの日が来ましたね。
片岡さんの公演を聞ける日を心待ちにしておりました。
母を連れて、本日の講演会参加させていただきます。
片岡さんにお会いできるのを楽しみにしております。

今日の高知新聞に、「冤罪を語る」シンポジュウムのこと、一言も書いてない。
警察のスパイの高知新聞も会場にくるんだろうな。
記者会見にも。しかし記事には書かないだろうな。

高知白バイ事件再審請求
10月18日 午前10時 高知地裁
記者会見 午前10時30分 興林会館4F
※記者会見は、ミニコミのブロガーでも会場へ入れれば、いいんですか。一言も書かない高知新聞より、ましだと思うけど。
拡散したら、ミニコミもマスコミになる。
記者会見の動画も見たいですね。
高知 白バイ のtwitter
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=lang_ja&tbs=lr%3Alang_1ja%2Cmbl%3A1&q=%E9%AB%98%E7%9F%A5+%E7%99%BD%E3%83%90%E3%82%A4&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=g1g-c1g8&aql=&oq=&gs_rfai=

この事を報道しないのはメディアに値しない。尖閣列島問題などとるに足らない。行政と司法の私利私権化の問題で、年内に再審決定しないようでは「国家」に値しない。それにしても、suihanmuzaiさん関連。平成8年の裁判について平成13年1月検察官不適格を申し立てたのに対し、平成16年9月の回答で、「7年間の時効が成立していると思料する」とは何事か!!!あと1時間30分スタンバイokです。

ネット配信にて、「冤罪を語る」シンポジュウムを
見ました。被害者の方の声を聞くと冤罪の生々しさが
伝わってきました。
被害者の方の話では、
現状、圧力もあるからだと思いますが、
そんな中にも警察、検察、裁判官にも
ちゃんとしている人がいる事を伝えられていたり、
またこの状況に対する憤りなども伝わりました。
ジャーナリストの大谷昭宏さんは
可視化の実現(取調べの全過程の録画ですよね)。
検察、裁判官の責任性の在り方を強く話されている他に
自らのメディアの枠にも責任がある事も述べてあり、
それでも、できるだけ頑張っている事を
理解して欲しい事をおっしゃっておりました。
片岡さんもこれからの再審、無罪への
強い気持ちも伝わりました。
まずは明日、10月18日の再審請求提出ですね。
大変ですが頑張ってください。

10月17日 『冤罪を語る』高知集会
動画が見られます
画像の上の
録画ライブ #606631 録画ライブ #606769
等をクリックしてください。
http://twitcasting.tv/yoshihito666/show

冤罪-を語る高知集会 10月17日 18:30
足利事件・布川事件・志布志事件・高知白バイ事件の冤罪被害者が高知でパネルディスカッション。コーディネーターはジャーナリストの大谷昭宏氏
動画
http://www.ustream.tv/channel/冤罪-を語る高知集会
下の方に
過去のライブ
ハイライト
がありますので、カーソルで動かして下さい。

金もらってしゃぶられてきた!
すげー気持ちよかった(*´Д`*)
imageoff.net/hck/vg7slt3

菅家利和さん“えん罪”を語る
えん罪の防止について考えるシンポジウムが17日夜高知市で開かれ、足利事件の再審で無罪が確定した菅家利和さんらが参加して取り調べの全面的な可視化の実現などを訴えました。
高知市の高知商工会館で開かれたシンポジウムには、足利事件の再審で無罪が確定した菅家利和さんなどえん罪事件の問題を訴える5人が参加しました。
この中で菅家さんは「取り調べでは最初から犯人扱いで、毎日のように髪の毛を引っ張られたり、蹴飛ばされた。」と密室で行われる取り調べの問題点を指摘しました。鹿児島県の県議会議員選挙の選挙違反をめぐる志布志事件で同じく無罪が確定した川畑幸夫さんは「えん罪はドラマの中だけだと思っていた。厳しい取締で水も飲ませてもらえなかった」と当時の様子を語りました。
また、ジャーナリストの大谷昭宏さんは▼えん罪事件を今後防ぐためには取り調べの全面可視化を実現すべきと訴えました。
シンポジウムではもう2度とこのようなえん罪被害者が出てこない世の中にしようと、えん罪事件に対する思いが参加者から述べられました。

↑NHKの地方版のテレビニュースだが、高知白バイ事件のことは、ふれられてない。
こうやって情報捜査されている。
高知新聞は載ってなかったようだ。

全く関係ありませんが、私が取り調べを受けるとしたら、やはり、相手を怒らせる事にします。まず、検察官、或は警察官の身分証明書の提示を求める。その次は、資格証明書。特にに検察官の場合は、司法試験の合格証。「これ、偽造じゃないですか?」この様に、先ず、権利の行使として、からかいます。それから、会話には全て、相手のフルネームを最初か最後に入れるようにします。例えば、「私は否認します。検察官の山田太郎さん」です。そして調書には全てこれを入れるように要求します。人権は相手と対等である。

足利事件の菅家さん、布川事件の桜井さん、杉山さんを伴い、片岡さんが無事再審請求提出。事故当時バスに乗っていた生徒22人、先生たちのためにも真実を明らかに、と片岡さん。
約2時間前 Seesmic for Androidから
twitterより

大阪地検検事正、辞職へ…証拠品改ざん事件で
読売新聞 10月18日(月)
大阪地検特捜部の証拠品改ざん・犯人隠避事件を巡り、法務省は、犯人隠避容疑で逮捕された同部前部長・大坪弘道容疑者(57)らの拘置満期の21日に合わせ、同地検の小林敬検事正(59)と玉井英章・前次席検事(59)(現・大阪高検次席検事)を国家公務員法上の懲戒処分である減給、太田茂・前大阪高検次席検事(61)(現・京都地検検事正)を戒告とする方針を固めた。
関係者によると、小林検事正はすでに辞職する意向を固めているという。
最高検の伊藤鉄男次長検事(62)については、内部規則上の処分とすることを検討している。
伊藤次長検事や太田前次席検事は、当時、改ざんなどについての報告を受けていないが、監督責任があると判断した。
※高知地検と高知県警はビビっとるぞ。

昨日の冤罪を語るシンポジウム御疲れ様でした。
冤罪をなくす為にたくさんの人が動いている事、冤罪事件が他人事ではなくまさに明日はわが身という事を認識して関心を持っている人の多い事とても感動しました。
ジャーナリストの大谷昭宏さんの話にもありましたが、まだまだこの国も捨てたもんじゃないと思いました。

これからも、私たち一般人が関心を持って見守り続ける事によってこのような冤罪事件が2度と起きないようになれば素晴らしいと思います。
ですが、その為にはまず全面可視化と高知白バイ事件の再審請求が当然認められる事だと思います。
そしてメディアにはこの恐るべき真実をきちんと報道する義務があると思います。警察・検察・裁判所も同じ義務がありますが、現状では裁判の結果だけを盾にまったく反省してないみたいですし・・。
この事件を報道しない地元TVや新聞は、事故のときだけ取り上げあたかも片岡さんが白バイを引いて死亡させたような報道だけ流し、その後冤罪事件として大きな流れが起きてるにも関わらず一切取り上げない。
一方的な報道であり、メディアとしての機能、責任を果たしてないと思います。
今日の再審請求の行進がどうなったのか、私はまだ知りませんがこれからも頑張って下さい。機会があれば、ぜひ活動にも参加させて下さい。

白バイの衝突事故で元運転手が再審請求
2006年に高知市春野町で起きたスクールバスと白バイの衝突事故で、すでに服役を終えたバスの元運転手が改めて無罪を求め、きょう高知地方裁判所に再審請求を行いました。
再審請求したのは、仁淀川町のスクールバスの元運転手・片岡晴彦さんです。
http://blog.sunsuntv.co.jp/news/2010/10/post_0d46.html?utm_source=feedburner&utm_medium=twitter&utm_campaign=Feed%3A+kochi_news+%28%E9%AB%98%E7%9F%A5%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9+%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%95%E3%82%93%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%29&utm_content=Google+International

高知新聞と一部地元メディアでは報道あったみたいですね。
しかし、扱いが小さすぎる・・。
見逃す所でした。
TVにしろ新聞にしろ今国民が特に関心が強い出来事ですし、1面で取り上げても良い記事だと思います。
また、多数の他メディアなどの動きを受けて、放送しないのはまずいのではないかとの動きにすら取れます。
どうせ報道・記事にするならなぜ前もって講演会が地元の高知で行われることをニュースとして取り上げなかったのか?
まだまだ疑問が残ります。

冤罪被害について考える集会10年10月18日(月) 17:43
17日夜、高知市で開かれた集会は、日本の司法の現状や冤罪について意見を聞こうというもの。会では、1990年に、栃木県足利市で幼稚園児が連れ去られて遺体で見つかったいわゆる「足利事件」で、有罪とされ、服役しながらも再審で無罪となった菅谷利和さんらが取り調べの「可視化」などを訴えた。菅谷さんは「任意同行の際、子供を殺したろうと迫られ、否定するとひじ打ちをされた。冤罪を防ぐには取り調べの前面可視化と弁護士の立会いが必要」と訴えた。17日夜の会には、およそ250人が集まり、冤罪被害について経験者の重みのある言葉に真剣に耳を傾けていた。

スクールバス元運転手が再審請求10年10月18日(月) 16:14
再審請求をしたのは、仁淀川町のスクールバスの元運転手・片岡晴彦さん(56歳)。18日、支援者とともに高知地裁に再審請求の書類を提出した。この事故は2006年3月、高知市春野町の国道でスクールバスと県警の白バイが衝突して白バイ隊員が死亡したもので、バスを運転していた片岡さんが業務上過失致死の罪に問われた。片岡さんは、証拠の不自然さなどを主張し無罪を訴えていたが、2008年、最高裁が上告を棄却して実刑判決が確定。片岡さんは、今年2月まで収監されていた。片岡さんと弁護士は、今後も追加して証拠を提出して再審を訴えていくとしている。
http://www.rkc-kochi.co.jp/news/index.html
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR