スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパモニ

明日、10月20日(水)朝、8時から、
スーパーモーニングで、17日のシンポジュウム
18日の再審請求の件等放送されます。
足利事件の菅家さん、布川事件の桜井さん、杉山さん、志布志事件
川畑さん、そして、コメンテーターで場を盛り上げていただいた、大谷さん
本当にお疲れさんでした、お陰さまで、素晴らしい、集会になり、沢山の方々が来てくれました。
 
素晴らしい番組構成になっていると、楽しみにしています。
 
どうか視聴してください、よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

kenken278‎
60年の眠りからさめよ、検察官適格審査会 - 保坂展人のどこどこ日記‎ - goo.ne.jp
Twitter - 1分前

明日のスパモニ 8時50分頃の予定です
でも 録画するなら頭からが安心。生放送ですから
見逃さないで! 高知はRKC高知放送で放送です
今後のテレビ放送日程と冤罪を語る集会の模様は
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/blog-entry-107.html

F氏のブログより
以前、高知新聞の報道実態 〜 白バイ事件隠しという記事を書きました。
私は現在高知新聞関係で2件の裁判を争っていますが、今回の高知白バイ事件再審請求報道は、やはり高知新聞による白バイ事件隠しと言わざるを得ません。
私との裁判で、高知新聞は、『ニュース価値によって記事にするどうかを決める。その裁量は新聞社にある。』と主張しています。しかし、忘れてはならないのは、
高知新聞が白バイ事件を報道しなことは、県民に対する裏切りだ。
っと、言うことです。合理的理由で高知県警が疑いを持たれてる。この真偽を確かめるのは司法としても、そうした疑いがあるという事実すら報道しないことは新聞社の責任放棄です。
http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/10/post_8689-2.html

長野智子さんのブログより
2010年10月18日のつぶやき警察の情報が必要な記者クラブ制度が背景。冤罪事件の取材ではよくあること。RT @chief1206
Posted at 03:15 PM
高知白バイ事件については高知のメディアはあまり取り上げず、香川の瀬戸内海放送の山下記者が熱心に取材。
http://yaplog.jp/nagano/archive/704
※連続投稿はお控えくださいね。
と言われたけれど。長野さんの、つぶやきなもんで。

警察官の昇任試験コマーシャル
http://www.marguerite.apice-srv.com/
「昇任試験の神様」赤座孝行が伝授する「他では絶対に聞けない」楽して簡単に“警察昇任試験”に合格する方法
誰でも30代で必ず“警部”になれる奇跡の金言葉〜門外不出のダントツ高得点答案作成法ついに解禁
〜各級昇任試験完全対応〜現在、最終売り切りセールのため大幅値下げ実施中。まもなくCD販売を終了します。コレが最後のチャンスです。
・・・・・・・・・→昔から、コノ種の「昇任試験予備校」が盛んです。他に「銭」「コネ」「ゴマすり」等が作用します。
すべての「公務員」はこのリズムで動いています。お化け屋敷だ。
「高知白バイ事件」発生の原点は〜それほど複雑な話ではない。
バスが白バイを“跳ねた”“衝突した”との警察の主張が正しいなら→バスの「底」を必要以上に“撮影”しているはず。
コレを「出せば」全てのウソが一瞬にして吹き飛ぶから、「出世欲」の“塊で”できた国賊が必死になって大ウソを演出しているのが「高知白バイ事件」です。

儂の首から上で唯一わるいところが歯、その治療予約時間が今朝。
とある歯医者の待合室、急用で再審提出に行けざったき是非見たいとやきもきCMにイライラ、その心情を察してか見たい部分が終わるまで名前を呼ばれざった。
この事件、そう事件、事故の後の証拠を捏造をして事件というは、拡散拡大をすることはあっても萎むことはない。
これで拡がり、日々ネットで拡がり。
土佐の宴会じゃ話題にならん事がない。
よー言われる。
おまんしょー詳しいのう。
そらそーよよこの話ゃもう歴史ぜよ、歴史!
もーまぁ教科書へ載る!!
知らざったら恥ぜよ。

ドキュメンタリ宣言
次回予告
2010年10月23日
検証 高知バス事故の真実 第2弾
2006年3月3日、
高知県旧春野町の交差点で
中学生ら25人を乗せた
スクールバスと白バイが衝突。
この事故で白バイ隊員は死亡。
バスを運転していた片岡さんは
業務上過失致死の疑いで逮捕された。
人ひとりが亡くなるという事実に、
責任を感じていた片岡さんは、
取調べや現場検証へ真摯に応じることが、
自分にできる精一杯の供養だと思っていた。
しかし事故からおよそ9ヵ月後に始まった
裁判で目の当たりにしたもの・・・
それは取調べで話した事故の状況とは、
全く違うものになっていた内容だった。
そして、片岡さんは下された
有罪判決によって1年4ヶ月の
刑務所生活を余儀なくされたのだ。
刑期を終え出所後、
再審請求の活動をする
片岡さんの闘いを追った。
http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/

権現バス停発射バス写真に写っている衝突バイクから飛び出した書籍(赤色?)の位置。白バイの何処に収納されていたものかは不明ですが、運動量保存の法則による慣性力によって移動したもの。力は大きさと方向で表されることは高校物理。即ち、白バイのボックスとこの書籍の位置を結ぶ方向に白バイは自走していた。(蓋の抵抗も有り多少右方向にずれるかな?)90度の擦禍痕はフットバーのものであろう。これほどに傾くと後ろのボックスも壊れ、書籍が飛びだす状態も頷ける。バスが止まっていれば全て辻褄が合う。動いていたら?事故は発生していない。当り前でしょ?白バイがいないから。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。