あれから2年

おはようございます、今日は新聞配達が早く終わりましたのでブログを書いています。
 
2年前の、今日、私は地獄の日を迎えたのでした、一生忘れることはないでしょう。
 
あの日、いつものように朝の新聞配達を終え、朝食を終え、応援していただいた方々に、最後のブログを書いてから、2年過ぎました。
 
あの朝のことは、鮮明に覚えています、近所の皆様がお別れに駆け付けてくれ、「留守の間は、わしらぁに任せちょけえ、心配せんでえい」そう言ってくれたことが、本当に有難く、安心したことでした、そして、
最後の家族との別れで、車に乗り込んで、出発という時に娘が、みかん(愛犬)を抱いて私に抱きついてきた時に、堪えていた涙が一辺にあふれ出た事でした、あれから2年、忘れることは出来ません。
 
家族との決別、妻と娘と、仲間達(愛犬3匹)を残して行く辛さ、寂しさ
未知の世界に行く、不安、胸が張り裂けそうでした、それを支えてくれたのが、家族でした。
 
今、振り返ってみますのに、家族の絆がなければ、現在の自分がいなかったでしょう、それほど厳しく、異質な世界でした、自由を束縛され、人権を剥奪され、一日中監視され、自由に会話が出来ない、一日の
運動も制限され、入浴は週2回、時間も15分、掛け湯は14杯、とすべてが規則でがんじがらめ、そうでしょう犯罪者ですから、罪を償う為に収監されたのですから、当然でしょう。しかし、冤罪被害者はどうでしょう?
無実で収監されている方々も同じようにされている現実を考えてくださいこのような世界を経験されていない方達には判からないでしょう。
 
私は、今でも時々思い出します。
自由の素晴らしさ、本当に贅沢です、自由にものを言える、行きたい処に行ける喜びを感じながら、毎日を楽しんでいます。
 
今は、仕事が出来る喜び、日々充実した生き方が出来て幸せです。
 
本当に、あれから2年たったのです。
もう二度と、あの地獄には帰りません、誰も行かせません!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

刑務所の生活は大変だと伺えます。
普通に生活できてる事は恵まれてる環境だと。
今もきっと無実で収監されてる方々がいると感じます。
過ちはあるけど、謝るとか防止策を考えるなど
必要な事ですね。
片岡さんは人柄が良さそうなので、
人望が厚そうです。

有難うございます、2年前の今日、私は地獄の底にいたのです、
その事を考えると、こんなに幸せでいいのでしょうか?
こんな贅沢を味わっていいのでしょうか?
過ちは誰でもあります、しかし、意図的に作られる事とは違います、誤ることは、難しい事ではないのです、素直な自分を見つける事が大事です。
長尾さんこれからも、応援よろしくお願いします。

私の経験は法務局の犯罪。不動産登記法を御存知の方にはすぐ理解できるかと思いますが、差出人不明の「保証はがき」。宛名は山田太郎様のみ。裏面は「間違いありません、山田太郎」。これが売買契約書(原本還付の押印)に添付されて法務局に保管されていました。2日連続で閲覧したのですが、異なるはがきが添付されていた。裁判では、差出人が登記官名となったものが、命令から1カ月ほど経って出された。思いましたよ、財務省印刷局が偽札つくったら分からない。

検察チェック機関に小沢系増加 罷免権限持つ適格審査会
検察官の罷免を決める権限を持つ「検察官適格審査会」のメンバーが今月に入り一部交代し、政治とカネを巡る事件で検察と対立した民主党の小沢一郎元代表に近い国会議員が増えた。特捜検事の証拠改ざん事件で検察批判を強める小沢系議員に、法務省は早くも「無言の圧力」を感じ始めている。
自民党政権時代の審査会は法務省側が用意した資料を追認する、形だけの存在になっていた。過去62年間で罷免された検察官はわずか1人に過ぎない。だが、今回メンバー入りした民主党議員の1人は「『小沢系が多い。検察官の罷免もありうる』という話になるだけでも、政治的メッセージとしていい」と話す。
http://www.asahi.com/politics/update/1020/TKY201010200479.html※今まで警察、検察の捜査上の犯罪は見逃されてきた。
政権交代となり局面は変わった。
眠りから覚める検察官適格審査会は冤罪者にとっては朗報だ。

高知白バイ事件の事は報道発ドキュメンタリー宣言で初めて知りました。
明らかな冤罪事件で本当に悔しく腹が立ちました。
「生徒たちを嘘つきにはさせたくない」と言っていた片岡さんの言葉が印象的でした。
出所後も戦い続ける片岡さんの力に私もなりたいです。
もう署名などは集めえませんか?

道路交通法違反の件ですが、「正常な交通を妨害するおそれがあるとき」の「正常な交通」とは「赤信号で急制動することなく停止できる交通」だと判断すべきで、「赤信号の場合には急制動により停止することが可能な交通」ではないでしょう。従って、障害物(例えば、止まっている車両)を現認した場合にも急制動することなく停止可能な交通であったかについて、徹底的に検証がなされなければならない。事故後の行動が極めて不審な白バイ警官の証言のみ採用とは、裁判に値しない。

懲役32年・執行猶予4年
四年だけ早く、警察からおさらばしたミミズです。
何んにも〜悪い事は、していませんが、ホントの事「コレは強盗殺人だ」と、“解明”した為に
ミミズにされました。
“田んぼ”の中で、ワラしか入ってないカカシが黙って立っているのを見たら、それは俺だ。
車に跳ねられ、一本足になった犬が、一生懸命歩いているのを見たら、そいつも俺だ。
糞(警察)の中で、蠢(うごめく)くミミズを見たら、そいつが、ほんとの俺だ。
俺がミミズをやっていた時、アイツらはオカマをヤリながら笑ってた。

2003年12月・・7年前に検察官適格審査会に審査申立の書式とおりに作成 これを担当者二名に手渡しした しかし名を名乗らず「庶務担当」としか答えず また受理書も渡さない
検察審査会60年の歴史の中で 処分されたのは学会検事・小池のみ こんな死に体に期待するしかない現実は 検察・裁判所の犯罪を摘発する機関が無いことです
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100211.jpg.html

miyukiさん、有難うございます、本当に、子供達の為に、再審の扉を開けなくてはなりません。
来年、二十歳を迎えるのです、署名の件、支援の会の皆と話し合って今後の活動方針を決めたいと思います、その時には、ご協力お願いするかもしれませんので、今後も、見守っていてください

お返事ありがとうございます。
私もあの時の生徒さん達と同じ年代で今は免許を取り毎日車を運転します。これは誰にでも起こりうる事件…人事と思わず少しでも多くの方々にこの事件について知ってほしいです。
沢山の方が片岡さんの無実証明を願っています。

こんばんは。
初めてコメントさせていただきます。
僕は高知県出身で現在福岡市在住の24歳の男です。
先日たまたま実家に帰省していて、高知新聞を読んでいた時に、
「高知白バイ衝突死事故」の記事を読みました。
僕は7年程前から福岡に住んでいるので、
今までこの事故のことを知りませんでしたが、
その記事を読んでいるうちに、どんどん腹が立ってきました。
記事は片岡さんにも、県警にも偏っていない、
おそらく新聞記者が取材して、
裁判で証言された内容を元に事実だけで構成されていたと思います。
その事実だけで構成されたであろう記事を読むと、
どう考えても片岡さんが逮捕される理由が解りません。

(つづき)
新聞記事を読んだ後、ネットで事故のことを調べてみましたが、
ますます納得がいかない判決です!!
同時にこの記事を読んで、とても怖くなりました。
こういう冤罪は決して他人事ではなく、いつ自分の身に降りかかってくるか分からない、というのを再認識させられた気がします。
こんなにも無罪を証明する材料がそろっていても、
有罪になってしまうんですから。
こんなことを言っても仕方ありませんが、
もしこの事件の裁判が行われた当時に、裁判員制度が施行されていて、
無作為に選ばれた市民が裁判に加われていたら。と思うと悔しいです。
こんなコメントだけでは片岡さんにとって何の力にもならないと思いますし、
こうやってコメントを書くことや署名くらいしか出来ませんが、
応援してるので、頑張って戦ってください!

このサイトの女性って性 欲すごいですね。
もう勃たないよって言ったのに、ずっと股間を触ってました(笑)
クン二したら、やっと満足してくれましたよ(;^_^A
ttp://jts.donune.net/mdjvupg/

片岡晴彦さんを支援する会HPでは署名活動をやっていますよ
ttp://1st.geocities.jp/zassousien/
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR