スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈願

出所してから、一年を迎えます。
 
本当に、アッという間の一年でした、刑務所での生活は、一日の
長かった事が思い出されます。
 
一年を迎える前に、どうしてもお参りしたい場所がありました。
それは、裁判の神様で有名な、徳島県阿南市にある「お松大権現社」
入試合格:選挙:訴訟必勝等勝負の神様で親しまれ、社殿には当社の
御由緒にちなみ、数千の招き猫が奉納され、祈願成就、幸運を御恵給う神様として知らされております。
 
その願いが昨日やっと叶いました。
日曜配達を終え、午前7時半自宅を出発、途中のコンビニで、パンを購入、軽めの朝食を摂りながら、燃料も満タン、いのIC(8:30)で
高速に入り、一路、徳島へと向かったのです。
南国SA(8:48)でトイレ休憩川之江JCT(9:23)上板SA(10:15)
10:40分出発、徳島IC(10:50)を降り国道11号線で阿南市に向かいました、お松権現社に到着したのが(11:50)途中少し迷いました
社殿で、再審が叶えますようにと、祈願し、国賠訴訟の差し戻し、
全てにおいての、訴訟必勝祈願をお願いし、御祈祷していただきました。
 
13:15分に出発徳島IC入口で給油(驚いたことに、1ℓ:132円)
どうして、高知は燃料が高いのか疑問を抱きながら帰路に着きました
吉野川オアシスで、遅めの昼食(14:55)、徳島ラーメンとチラシ寿司
を食べ、満腹気分で乗り込み(15:20)いのIC(16:25)途中買い物
をしながら、自宅に帰りついたのが、18時25分でした。
 
早速、仏壇に招き猫を奉納し、お神酒を据え、祈願成就をお願いし
爽やかな気分で、妻と二人で乾杯し、今後に向けての弾み、強い気持ちをもって頑張っていこうと改めて、決心しました。
 
日曜は、高速料金が1000円本当に助かります。 それを利用して
来月、3月から、妻と二人で待望のお四国参拝に参ります。
 
亡くなられた方の供養。
再審無罪を勝ち取る為の参拝に出かけます。
 
私達二人を見かけましたら、気軽にお声を掛けてください。
 
これからは、編路日記も書いていきたいと思います。
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

同じ四国人として「遍路日記」楽しみにしております。
願掛けじゃ無く何事にも感謝の気持ちで巡拝されればきっと救われるはず。
願掛けは私たち支援者にお任せください。
参拝中は片岡さん夫婦の幸せなひとときをお過ごしください。

チョロ2号さん、有難うございます。
免許を失効されて5年ぶりに長距離ドライブ、不安もありましたが、
バッチリでした、これで安心して、お四国参拝に参れます。

「お松大権現社」の御由緒
阿波国那賀郡加茂村(現阿南市加茂町)は不作続きの年をむかえ、この村の庄屋 惣兵衛は村の窮状を救うため、私有の田地五反を担保に、近在の富豪 野上三左衛門よりお金を借り受けていた。
返済期限も近づき、丁度通りがかりの三左衛門にお金を返すが、通りがかり故証文を受け取っておらず、庄屋 惣兵衛は間もなく病死する。
後にお金は受け取っていないと偽られ、担保の五反地までも横領される。
思案の末、奉行所に申し出るが、お松の華麗な容姿に心を寄せ、食指を動かそうとする奉行 越前。
お松は奉行の意に応じなかったため、また三左衛門からの袖の下を受け取っていた奉行は非理非道な裁きを下してしまった。

お松は権力におもねる悪行に死を決して抗議する。それは直訴であった。
貞享3年5月、藩侯の行列をよぎり直訴、その年の3月15日、お松は日頃寵愛の猫 三毛に遺恨を伝え、処刑に殉ずる。その後、三左衛門、奉行の家々に怪猫が現れ怪事異変が続き、両家は断絶している。
正義へのかぎりなき執念に死をも厭わず貫き散ったお松さまの悲しい生涯、その美徳を偲び今も参詣者は絶えない。現在、お松大権現と崇められ、その社殿には千万の招き猫が奉られている。
http://www1.ocn.ne.jp/~godcat/01yuisyo.htm
※それじゃ、私も祈願して見様か。効きすぎても知らねぇぞ。
怪事異変が続き、孫子の代までお松様の遺恨が、あっても知らねえぞ。県警、検察庁、裁判所、高知新聞、仁淀川町役場。

高知県ブログランキング
第1位
街カフェTV
藤島利久/街づくり市民会議代表の政治解説 *高知白バイ事件*高知市長(岡崎誠也)の虚偽答弁*あそび山事件など
http://blog.with2.net/rank3094-0.html
※とうとう県下一位になってしまった。

気になるサイトを見つけましたので載せときます。
http://yoshi-tex.com/Turedurebana/Turedurebana110208.htm
※当ホームページは著作権物です。著者に断り無くコピーしないで下さい
となっていますのでアドレスのみ。

続 気になるサイト
http://yoshi-tex.com/Turedurebana/Turedurebana110209.htm
続く で終わっているので、まだ続くのだろうか。

↑ 感想文の提出について
ってのは、怪しいね。
事務局へ提出だろう。検察審査会のトップは誰なんだろう。
事務局へ感想文だしたら、検察庁の意にそわないと、柔道じゃないけれど教育的指導があるんだろうか。

会員のブログが見つかった
全国検察審査協会連合会総会 KENSIN
5月25日(火)第56回全国検察審査協会連合会総会が大阪リーガロイヤルホテルで開催されたので岡崎検察審査協会も出席しました。
大阪高等裁判所長官、大阪高等検察庁検事長(代理)、大阪弁護士会会長、大阪府知事(代理)、大阪市副市長、東京第一検察審査会事務局長など、御来賓の方々からお祝辞をいただきました
http://sky.ap.teacup.com/kuni2781/143.html
※ガチンコ勝負でならないところが、同席。
こんなこと、堂々とやっていいのか。
大相撲より酷過ぎる。大相撲の八百長は江戸時だからあったんだ。それには、色々な背景がある。

47news記事
横浜検察審査会の審査員経験者でつくる任意団体「横浜検察審査協会9 件」の副会長(75)が、会員約200人の住所、氏名をまとめた名簿が掲載された冊子を、会員に無断で法律系出版社(東京)に提供していたことが4日、分かった。 副会長は「善意のつもりで安易に個人情報を提供してしまった」と話している。 検察審査会の審査員は有権者名簿からくじで選ばれ、検察が不起訴処分とした事件について申し立てを受け、処分の当否を審査する。 副会長によると、出版社から「審査員経験者のアンケートをしたい」と依頼され、今年1月ごろ冊子を渡した。
http://www.47news.jp/CN/200603/CN2006030401000642.html

一昨日から気になっている【検察審査協会】の運営&運営資金に関して〜
〔データーまとめ〕全国検察審査協会と高野武・会長(低気温のエクスタシー)
http://www.asyura2.com/10/senkyo97/msg/393.html
に、UPされている
全国検察審査協会会長の顔写真です。最高裁HPから。対談版
(注:PDFファイルである)
http://www.courts.go.jp/about/sihonomado/pdf/mado73/05.pdf
全国検察審査協会連合会の会報ですが、活動内容が見えてきます
(注:PDFファイルである)
http://www4.ocn.ne.jp/~kensin/hasi2.pdf#search=%27%E9%AB%98%E9%87%8E%E6%AD%A6%E4%BC%9A%E9%95%B7%27
を、読みました。
http://cyakurakun.blog106.fc2.com/blog-entry-58.html

最高裁判所内郵便局から差し出されるケースのみ、なぜ、本来ならまったく関係ない銀座支店を経由しなければならないのでしょうか
最高裁の所在地と同じ配達地域である麹町支店の地域に配達するにもかかわらず、なぜ、敢えてその地域外にある統括支店でもない銀座支店を経由して麹町支店に戻される必要があるのでしょうか
民営化前も後も、最高裁の記録到着通知書は、財務省分室と関連のある郵便局が取り扱っているということに、以前、私が気がついたのは、遂犯無罪さんの封筒がひとつの参考資料となったからです。
遂犯無罪さんのように、ある方が、 記録到着通知書の消印が切手から外れて押されていたということをおっしゃっていました。
その方の考えでは、消印のない切手を再利用しようと、封筒を(切ったり濡らしたりして)捨てさせるためではないかということでした。
なるほどと思ったのですが、ご参考まで。

「検察審査協会(いわゆる検察審査会OB会)」第3弾
http://www.yoshi-tex.com/Turedurebana/Turedurebana110211.htm
なお、目次は
http://www.yoshi-tex.com/Turedurebana/Turedurebana.htm

検察審査協会の怪(入手資料による)
4)「協会」の状況を説明
イ)設立の歴史
ロ)協会規程の概略
ハ)活動と成果
ニ)入会費・年会費の説明
ホ)利点(メリット)の説明
5)加入の意志確認について
☆ 全員加入を原則として(希望)している事を説明し、賛否確認は、
理由があって「協会に加入できない人」に手を挙げて貰うこと。
当然ながら強制ではないことと、退会の自由はよく説明すること
※ホ)利点(メリット)の説明
なんの利点があるのだろう。
☆ 全員加入を原則として(希望)している事を説明し、賛否確認は、
理由があって「協会に加入できない人」に手を挙げて貰うこと。
これこそ誘導の手口。こんなことが、あってよいのか。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。