五年

    今日3月3日、あの忌まわしい事故から五年を迎えます。
私達家族にとって長い長い五年でした、生活環境が一辺に変わり、
仕事を失い、借金地獄に突入、いまだ這い上がっている、現代進行形です。
 
今日午後から、五度目の献花を手向ける為に、事故当日の時間に合わせて、亡くなられた隊員の方の、ご冥福をお祈りし、一日も早く成仏して戴きたくお願いし、供養してきます。
 
3月に入り、冬に逆戻り、まだまだ寒い季節に変わりありません
しかし、一日一日、春の息吹を感じる今日この頃です。
 
3月16日には、茨城県水戸市土浦支部の裁判所において、布川事件の再審判決の日です、私と、支援する会会長と二人で無罪判決の
決定的瞬間を、目の当たりにしたく行ってきます。
 
二人の、長く苦しい闘いの「ピリオド」。
これからは全国の冤罪被害者の方々を支える為に、もうひと踏ん張り
頑張って戴く為にお願に上がるつもりです。
 
注目の判決日ですので、傍聴は無理だと思いますが、二人に会って
直接「おめでとう」とねぎらいの言葉を掛けられば幸いです。
 
明くる日の、3月17日(木)午後1時10分、私の、高松高裁での
国賠訴訟判決の日です、再審無罪の流れをそのままに、高知地裁に差し戻し判決を期待しています。
 
それでは、事故現場に花を手向けに行ってきます。
 
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

竹原前阿久根市長のtwitterより
住民至上主義のタイトル画像を変えました。「裁判官までどろぼうの国で」
※どろぼうどころか、無実な人を刑務所に入れたり、死刑判決している。
最近は大相撲八百長裁判で、最高裁まで含め三回の誤審連発。特に最高裁は裁判せずに棄却だ。
こっちのほうが、大相撲八百長問題より、問題だ。
もっとも私は大相撲をスポーツ競技というよりショーに近いものとみているが。しかし実力がなければ上はあがれないものと思っている。
プロレスだって八百長ですか、と問われれば、八百長じゃないと関係者は答えるだろう。
大相撲の問題は大相撲の歴史も考えて判決すべきものだ。

↑21世紀になりtwitterでリアルタイムに放送できるようになった。
便利な時代になった。
マスコミにとっては、嫌な時代になったかもしれないが。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR