納札(おさめふだ)

明日、27日お四国参拝に出かけます。
打ち始めの御詠歌(1番札所:霊山寺)発願の
  あなとうと ここがお札の打ちはじめ導きたまえ 参るわれらを
 
 打ち納めのご詠歌(88番札所:大窪寺)結願の寺
  ありがたや ここがお札の打ち納め またのごえんを あたえましませ
 
お四国の参拝では、一ヵ寺、一ヵ寺願いを込めたお札(納め札)を本堂、大師堂の
2ヵ所にお札入れが置かれています、それに収めて参るのです。
 
私は、事故後、免許取り消しにされ何もする気がないまま、家に引きこもっている時に、妻が、「お四国参りをしたらどうですか?」この言葉で自分なりのミニお四国を造り参拝を始めたのです。
 
最初の打ち始めが、平成18年8月2日~8月23日(霊山寺~高野山)
2回目が平成18年8月24日~9月20日、そして、14回目、平成19年8月25日
10月4日まで、約一年2カ月余り、毎日4キロ位の道のりを3時間掛けて参ったことでした、その時の納め札を明日からの参拝で、納めてまいります。
 
そして、新たに祈願をこめた納め札(再審無罪)を収めて参ッてきます。
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私は警察当時〜一年間に数十体の死体を取り扱いました。
寺の坊主や葬儀屋にも知り合いができました。
仏教の流(?)は、素晴らしいと思います。
御経のあげ方から〜初七日〜7の倍数14〜49〜初盆〜・・段々に“落ち着き”が出てくる。
巡礼・祈願・・等々にしても〜段々に気が高ぶってくる。
私は神も仏も信じませんが、流の中の仏教の演出には感心します。
これを“演出”と言う私の無信心は、我ながら呆れますが、流の中の平常心は、実戦には必要です。

斬馬さん、ありがとうございます。
私も最初は、仕事で言っていたので、無信心でしたが、十数回行くと本当の信心家になりました。
お四国参拝中は、一心不乱にお祈りするので、心が洗われる思いがします。気持ちも吹っ切れ、爽やかな気持ちで帰ってきたいと思います
それでは、言ってきます。

昨日、検察審査会に電話した。八百長されないための牽制球だ。三回目の電話だ。
前回は、女性が担当していたが、(三回ほど電話)今回は途中から男性に変わっている。
気になる。

よく心の拠り所というので、落ち着くのかもしれないですね。
片岡さんが参拝するまで努力なさっているのはわかるので再審無罪を認めてもらえると良いですね。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR