冤罪

PCがやっと回復しました。 申し訳ございませんでした。
 
今月の初めに、8か月連続で寄付が届きました、今回は高額の寄付でした。
本当に感謝申し上げます。
 
先日、お電話でお話をさせていただいた方でした、お礼の手紙や、電話は
よろしいという事なので、ブログで紹介させていただきました。
 
話は変わりまして、昨日、午前中に電話がかかりました。
岡山の方で、この方も交差点内での交通事故で冤罪被害に遭っています。
 
平成20年7月20日に起訴され、平成21年3月一審判決で、禁固1年10カ月の厳しい不当判決を言い渡されたそうです。
 
後は、私と同じように、控訴棄却、最高裁も棄却、刑が確定し、異議申し立ても、5月10日に却下され、6月の初旬には刑務所に収監されるわけです。
 
他人事では済まされません、
 
詳しい内容は、5月29日(日)に高知市内で会ってお話を聞く予定です。
 
 話の内容では、県道上早朝6:15分頃、交差点内点滅信号での衝突事故
だったそうです。
 
相手の方は、子供の野球の試合に、子供達3人を乗せての送迎途中
時間厳守の厳しい監督さんだそうで、6:30分までに集合予定が切羽詰まっていたのでしょうか、随分慌てての運転ではなかったかと思われます。
 
 本人も、周りの状況を把握していなかったと、裁判で申していたのですが、どういうわけか判決は、一方的に過失あり、反省の色なし、よって禁固1年10カ月を言い渡された。
 
 皆様は、どう受け止めますか?
 
朝の早い時間、県道上での事故、勿論目撃者もいない、当事者同士の
衝突事故、相手の車に乗車していた子供3人が重傷、死亡事故でもなく、初めての事故、どうして実刑判決を言い渡されたのか、厳しすぎる判決だと
思いませんか、私も、納得できません、当然本人は納得どころか、
キツネにつままれたような不思議な感覚ではないでしょうか、理不尽極まりない本当に、一言で済まされません・・・・・・・・?
 
今、一日、一日、不信と不安の中、カウントダウンは着実に刻まれています。
 
誰もどうすることもできない状況の中、私に言えることは、
どうか、強い気持ちを以って、信念を貫き通し、堂々と胸を張って受刑生活を送ってほしいと願っています。
 
お体には十分に気をつけて一年十カ月頑張って下さい。
 
家族の強い絆だけが唯一の力になります。
 
自分の体験したことを克明に、怒りをこめて、人々に印象を残すような自叙伝を書きあげてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ザ・スクープの動画がアップされました。
検察の正体が分かります。
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/
※悪党の裁判所に反省の色なしとは言われたくないね。
反省の色なしとは、お前等(警察、検察庁、裁判所)のことだろう。

結局、存在の意味の無い人物が「検事」とか「高給官僚」になるから、「社会」を毀損してしまう。最高でも年収を400万位にしないと、存在の意味のある人物は集まらない。と思っています。

車の事故だと片岡さんの場合、同じ気持ちになるみたいですね。きっと相手の方も話をして気持ちを落ち着きたい感じします。最近、本やテレビで冤罪の話題を見ますがスケールが大きくてどう言葉をおけばいいか難しいです。

長尾様
スケールのでかさでいえば、高知県警の証拠捏造ほど露骨なものはないし、それを見逃す柴田秀樹もスケールがでかい。私の物差し=スケールでは計れません。
さて、晴さん。 風が吹き始めていますよ。
明日の布川事件判決だけでなく、jbhさんコメントのスクープの動画とhttp://www.ustream.tv/recorded/14908978
これは必ずみてください。東京行の段取りをつけたいと思います。来週にはお邪魔しますのでよろしくです

布川再審判決では当然の判決が出ました。当然というより、自然と言ったが適切。検察のコメント「われあれの主張が認められなかったのは遺憾」を聴くと、軽薄集団としか思えない。年収12万以下相当で、殆ど猿なみ。

物証のないこの事件の有罪証拠は被疑者・証人の供述調書です この調書が改竄・捏造された。
再審事由の新証拠は、改竄されたテープ・目撃証人・隠された検察証拠などですが、これらから裁判所は検察の捏造証拠によるでっち上げ事件と認定することは過去よりありません。
検事面前調書とは全面的に証拠能力を有して、反対尋問抜きで証拠採用される程、信憑性が高い、裁判官は検事が調書を捏造するのは知っている、しかし絶対に検事犯罪を弾劾しない。
もし調書の捏造を認めたら調書裁判が出来なくなる、法廷で見て聞いて読む弁論主義裁判となる 現実にそんなことは出来ない。
何処にでもある痴話喧嘩の当方の事件ですが、獄中からイカサマ証拠調べを訴えて15年が過ぎる、この糾弾証拠は単純明快であり、ただ検事面前調書の本人署名・指印を検認すれば一件落着なのです。
同種の事件は帝銀など幾つか見られるが、こうした場合はインチキ鑑定や偽造署名された参考人などへの圧力で潰される、しかし当方の場合は誤字という言い逃れが出来ない事犯です、ですからこの参考人は法務・総務省が拉致して行方知れずです。

交通事故の収監、他人事ではありません。私も現在闘っていますが、小学生でも分かるような案件がいつのまにか一方的にこちらが悪人になってしまう怖さ。そしてそれを誰も止められない現実。裁判官まででっち上げに結果として関与してしまうような日本の司法制度。何とか治さないといけません。

何度か紹介しているこのサイトですが 最近は頻繁に記事の差替えをしています
交通事犯の僅か10万の罰金刑ですが 事故の目撃通報したら加害者にされたとは 再審請求4回の無念さは幾ばかりかと。
http://www4.kcn.ne.jp/~koma/
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR