勤行

     朝晩の勤行の中で一番最初に唱える言葉が、「懺悔文」
 
我昔所造 諸悪業皆 由無始貧盡瞋痴 従身語意之所生 一切我今皆懺悔
(がしゃくしょじょう、しょあくごうかい、ゆうむしとんじんち、じゅうしんごいししょじょう、いっさいがこんかいざんげ)
  
我れ昔より造る所の、諸の悪業は皆、無始の貧瞋痴に由る、身語意より生ずる所なり、一切を我れ今皆懺悔したてまつる。    (悔い改めのことば)
 
解説 : 私が昔からつくってきたいろいろの悪い行ないは、すべていつが始めか知れないほどのさけがたい、むさぼり(貧)と、いかり(瞋)と、まよい(痴)とによる身(からだ)と口(ことば)と意(こころ)との、三つのはたらきから生じたものです。それらすべての罪を私は今、悔い改めます。
 人間はすべて仏さまとなる可能性(仏生)を持って生まれてきています。
しかし、その反面、悪い行いを反省せず、仏さまに逆らう心を持っています。
だから、仏教の信仰に入るときには、まず初めに自らを反省して懺悔することが最も大切です。
 
              二番目に「三帰」 信仰の告白
  弟子某甲 盡未来際 帰依佛 帰依法 帰依僧
 
仏さまの弟子になった私は、いつまでも仏さま(仏)を信仰し誠心をささげます。
仏さまの説かれた教え(法)を信仰し誠心をささげます。
仏さまの教えを実践する人々(僧)を信仰し誠心をささげます。
 
解説 : 三帰とは、三宝(仏:法:僧)に信仰をささげることです。
三帰を唱えることは、自ら仏教の信者になることを誓うことです。
              三番目に「三竟」 信仰の確認
 弟子某甲 盡未来際 帰依佛竟 帰依法竟 帰依僧竟               
仏さまの弟子となった私は、いつまでも仏さま(仏)を信仰し誠心をささげ(竟)
 おわったことを確信しました。
仏さまの説かれた教え(法)を信仰し誠心をささげ(竟)
 おわったことを確信しました。
仏さまの教えを実践する人々(僧)を信仰し誠心をささげ(竟)
 おわったことを確信しました。
 
解説 : 三竟とは、三宝(仏:法:僧)に信仰をささげ竟ったことを確認することです。三竟を唱えることは、仏教の信者になったことを確認することです。
 
               四番目に「十善戒」 十の善き戒め
弟子某甲 盡未来際 不殺生 不偸盗 不邪淫 不妄語 不綺語
不悪口 不両舌 不慳貪 不瞋恚 不邪見
 
仏さまの弟子になった私は、いつまでも殺生をしません。(不殺生)
ものを盗みません。                      (不偸盗)
ふしだらな行為をしません。                 (不邪淫)
うそいつわりを言いません。                 (不妄語)
心にもない綺麗ごとを言いません              (不綺語)
悪口を言いません。                      (不悪口)
信用を失うことを言いません。                (不両舌)
ものを慳み(しみったれ)欲張ったしません。        (不慳貧)
怒り憎むことをしません。                   (不瞋恚)
間違った考え方をしません。                 (不邪見)
 
解説 : 十善戒は、一面から見れば、道徳的な教えですが、またそれが
仏さまになるための最も基本的で実践的な教えです。
 
仰々しいかもしれませんが、素直な気持ちで理解してほしいものです。
 
次回は、(発菩提心真言) (三摩耶戒真言) (開経偈) (般若心経)
 書き込みたいと思いますので興味のある方は、訪問してください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

怒れ菅家さん
検察 もう一つの疑惑 〜封印された真犯人
1
http://www.dailymotion.com/video/xfs7fg_yy-yyyyyyy-yyyyyyyy-y_news
2
http://www.dailymotion.com/video/xfs7o6_yy-yyyyyyy-yyyyyyyy-y_news
※確か、現県警本部長は菅家さんに謝罪したと思っていたが、県警村では、まだ菅家さんは犯人とされているようだ。
閻魔大王様、こういう輩は閻魔様より偉い戒名付けてあの世に行きますけど地獄へ連れていて下さい。
特に元最高裁の津○○は宜しくお願い致します。

必ず勝利すると信じてます。全力で応援しています。

janjan blog
最高裁をぶっとばせ! ―生田弁護士の“隠し球”―
高裁から東京拘置所へ向かう車の中で、生田弁護士は、慎重に言葉を選びながら、日本の司法界の水面下で進行している、ある驚くべき事態について語った。それは記者が思わずふり向いて生田弁護士の顔を見つめてしまうような、深刻な状況でもあった。その詳細は、今は明らかにできないが、しかし、そうした深刻な司法の危機をふくめて、私たちの生活、政治のありように決定的な影響を持つ日本の司法制度を変えるには、まずは最高裁の〈裏金〉の実態を明らかにすることである。それには、生田弁護士一人の孤軍奮闘では難しい、けれども、生田弁護士の闘いに賛同する、一人ひとりが力を合わせれば、おそらくは実現できるに違いない――記者自身も生田弁護士の話を聞いて、その思いを強くした。
http://www.janjanblog.com/archives/42157

最近の「自由」に関する出来事は、最高裁判事風情と大阪府知事風情の「判決」と「条例案提出」である。この二人、自由に物事を考える事が出来ないのである。自由に物事を考えることが、私達個人にとって最も困難な事である。簡単な事だと言われるならば、試しにおやりになったら?この輩が守ろうとしているのは「私益」に過ぎない。組織の利益は全て私人(私益)に還元される。「十善戒」も自由に物事を考えればこそである。

一昨日 15年前の誣告者の片割れを提訴した裁判の被告・原告尋問がありました。
私への裁判官の尋問は刑事法廷での証拠調べについてであり これらは尋問調書となり公開されます 裁判官としては腹が坐っている。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110602.jpg.html
生田弁護士が柏市戸籍改竄事件の原告代理人に就任しました
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110601.jpg.html
つまり生田弁護士は最高裁の裏金 そして柏市・小川氏事件での最高裁幹部の戸籍汚職を握っている この二つだけでも最高裁は解体となる 他にも偽装裁判など最高裁は今や瀕死状態です。

大阪府の君が代条例は橋下の趣味、言わば、「橋下マスターベション条例」で、日の丸や君が代でマスターベーションができない者は公務員にはなれない。大阪府の日の丸は、もはや春画であり、君が代は春歌にまで貶しめられた。式典などは、所詮ママゴトの延長である。マスターベーションは自由だから、憲法に違反するとまでは言えまい。
しかし、これを強いるのは憲法に違反する。自由とは自律と同意ではないか?

十善界というんですね。殺生というのも 人は 肉を 食べ。害虫を殺す。殺生にも いろいろあるのかなぁ?お酒の話しは ここにはないですね。
心口意 悪意というのは どういう形で 生じてくるのだろうか?
宗派 宗教 少し違うだけで 人生が かなり 違うかもしれない?
宗教研究会(名前検討中
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR