スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書簡

今日午前中に、郵便小包が届きました。
レターパック500にて確実に手元に届きました。
 
いつも寄付をして頂いている方が、送ってくれたのです、「2012年の黙示録」、ついに解読された終末予言という、黒表紙で包まれた本です、そのほかに、プリントアウトされた原稿の一部も入っていたのす。
 
「ホピの長老からのメッセージ」(7ページ)
 
「地球の叫び会議」(4ページ) 「ホピの予言の箱」(2ページ)
 
「すでに起きた予言」(5ページ) 「今起きつつある予言」(3ページ)
 
「これから起きる予言」(6ページ) 「いにしえよりの警告」(4ページ)
 
{選択は慎重に} {誘惑を避けよ} {落とし穴を避けよ} {年寄りの話を聞け} {自給自足せよ} {常に先を見よ} {いにしえの教えを
行動規範とせよ} {大自然と魂の法をまもれ、生けるもの全てを尊重せよ} {他人を支配しようとするな} {偉大なる創造主に与えられた生き方に満足せよ}
 これが我々が求めるものだ、我々の生活が、現代人が造った方向に向かいつつあることを大変残念に思う。
 潮が高まってきている。その潮が高潮となって我々を流し去ってしまうのは、そんなに遠い先のことではないだろう。
 
最後に「ホピの生き残るための知恵」{大地との調和と生命への祝福}
 
1、箱船に乗ったら、創造主とマサウウに、あなた自身の誓約を立てな  さい。
 
2、質素に生きよ。マサウウがそうするように物質文明に溺れてしまっ  てはならない。
 
3、自制しなさい。
 
4、自給自足しなさい。
 
5、優先すべきものを、見直せ。注意深く選ぶのだ。
 
6、創造主の願いは、我々を救うことにある。ホピと共に世界を救おう
 
7、心で思うことは、それを実行することと同じだと思え。
 
8、命を尊重し、環境を神聖なものと考えよ。
 
9、一連の儀式を通じて、箱船でダンスをすることがある。
 
10、12月の初めには、全世界のために祈りをささげよ。
 
11、12月21日、他の人たちを「ホピの魂の箱船」に案内しなさい。
 
8つのジャンルに分けられています、予言書なので何度も繰り返し読まなくては理解できないでしょう、時間のすいたときに読んでみます。
 
今の私にとって、素晴らしい書簡になることに間違いないでしょう!
 
何から何まで本当にありがとうございます。
 
これからも、末永くよろしくお願いします。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

布川事件の桜井さんの検察への挑発
控訴しろ!やってみろ、笠間検事総長!
俺の再審裁判に係わった検事総長の原田明男、但木敬一、樋渡利秋、大林宏、名前の文字は間違ってるかもしれないが、こいつらを目の前に並べて、俺は検察の犯罪行為を教えてあげるねぇ。4対1でやらない?どこかのマスコミの取材で?
裏金、あんたたちの最大の欠陥だね。そんなことをしてるから、警察に負けるんだよ。
アナタたちが裏金暴露の危機回避で逮捕した三井さんと、俺は手を携えて検察組織の犯罪性を語る。
今日のニュースによれば控訴断念の方針を固めただと!
パフォーマンス!検察のポーズ、醜いねぇ、汚いねえ!
初めからやれないと判っているくせに、こんな態度は犯罪者だね。
検察、許すまじ!
お前たちの犯罪性、必ず社会に知らしめる。
http://blog.goo.ne.jp/syouji0124
この迫力コメントは略します。

下記の事故報告書内に記載の加藤喜明巡査の名前は偽名、実際は加藤良明であり、近藤は事故現場には来ていない事実も明らかになっている。(証拠2の虚偽事故報告書)
http://www.justmystage.com/home/kunimoto/newpage3.html
この告発者(息子の交通事犯)紙子氏と三井環氏が合流している映像があります 1時間42分35秒の項
http://www.ustream.tv/recorded/11262590
やはり水面下でのネットワークがされています。

桜井昌司『獄外記』
布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。
怒ってるねえ
2011-06-05 | Weblog昨夜は、早々とホテルに戻った名古屋の夜だったが、検察の控訴断念ニュースで、沢山の人からメールや電話があった。
皆さんが喜んでくださった。断念したことは当然だし、それ自体は素直に喜んでいるが、検察に対しての怒りは増すばかりだ。
昨夜のブログも、かなり怒ってるねえ。
俺は、本気で歴代検事総長たちと対談をしたいと思っている。可視化、証拠開示、社会の常識と検察庁の常識の食い違いを俺の言葉で追及したいと考えているのだが、そんな機会、来るかねぇ。

動画
布川事件で無罪確定へ 検察側が控訴断念の方針(11/06/05)
44年前に茨城県で男性が殺害された「布川事件」のやり直しの裁判で、無罪判決が言い渡された男性2人について、検察側が控訴しない方針を固めました。
http://www.youtube.com/watch?v=Vt749BniXGs
※検察は無罪=検察の犯罪となるので、覆す証拠がないので控訴しない方針を固め玉虫色の決着をしたようだ。

桜井昌司『獄外記』
再審請求で提出された新証拠に付いて、神田大助は、それらを無罪の証拠とは認めなかった。まあ裁判官の自由心証だ、認めないのは残念でも仕方がない。古い証拠だけ見ても無罪だとしたことも、それも自由心証。いいが、ならば、古い証拠を見誤った裁判所の責任はないのか!裁判所としてごめんなさいはないのか!昂然としたまま閉廷した神田大助の顔を思い出すと、猛烈に腹が立つ。
今日、杉山が言って思い出したが、神田大助が検察とつるんでいたのは、単に判決素案を引き渡しただけではなかった。
再審公判が始まる前、検察は神田裁判長に申し入れて、被害者の口に入っていたパンツや身体を縛っていたワイシャツなどを借り出していたのだった。そして検察は、それらでDNA鑑定をしようと画策していたのだったが、あのときは不用意に貸し出す裁判官も裁判官だ!と怒ったのを、すっかり忘れていた。
あのときから神田大助は検察とつるんでいたのだ!

動画 2時間38分
2011年6月5日IWJ主催の布川事件イベント
http://www.ustream.tv/recorded/15175007
最後のほうに佐賀町農協事件で辞職した元検事が語ります。

布川事件の控訴断念を明らかにした、水戸地検・猪俣尚人次席検事の7日夕の記者会見での発言内容(要旨)は次の通り。
この事件は1978年の最高裁決定で無期懲役の有罪が確定した。再審の公判においては、新規証拠とされている近隣住民の証言、法医鑑定結果などが証拠採用された。検察としては、これらの証拠については確定有罪判決の事実認定を揺るがすようなものではないと判断し、有罪の立証活動を行ってきた。
結果として無罪ということだが、再審判決の事実認定については、違和感を覚える点がある。
検察としては、担当検察官による捜査及び公判活動は適法に行われたと認識している。長期にわたり服役していた桜井氏、及び杉山氏に対する強盗殺人事件について再審無罪判決が確定することについては、厳粛に受けとめている。
http://www.asahi.com/national/update/0607/TKY201106070666.html
※違和感がある。捜査及び公判活動は適法に行われたと認識している。厳粛に受け止めている。控訴断念。
これで検察犯罪とならない。メデタシ、メデタシってこ

週刊現代 6/18号
元検事・市川寛が明かす
新人検事は「自白調書」の捏造を教えられる
大阪地検特捜部の証拠捏造事件によって、日本の検察の信用は地に堕ちた。実際に自白強要で厳重注意を受け、検察を辞した市川寛弁護士が、驚くべき検察の新人教育の内情を教えてくれた。
ヤクザと外国人には人権はない
検察庁に望まれる検事
夢から覚めた
副島勘三組合長は市川氏恨みながら'10年に他界した
※目撃証言した元学生の調書は公開すべきだ。捏造の可能性がある。

ですよね。
ねつ造証拠は写真だけではない。調書もそうだし。証言も偽証だしね

布川事件
神保哲夫の眼 6月2(木)■当然の帰結.mov
動画
http://www.youtube.com/watch?v=ZZZC3SuI_WM&feature=player_embedded
※あり得ない目撃証言。高知白バイ事件でも、市○警官のあり得ない目撃証言。吉○隊員の白バイが中央分離帯の植木に隙間から「ちらちら」みえたと証言している。
遠くで斜めからでは見えないと思うが。
「バイクを早くよけてくれ」とか
「バイクに早く気がついてくれ」とか証言したとか。
これなら吉○隊員も余裕がある感じだ。
あっと言う間だったなら分かるが。
これ生徒達の証言は他にもいろいろありましたが 例えばA隊員の登場は数分後だったとか。回転灯はついてなかったとか。
市○隊員の証言が事実なら、吉○隊員の処へ一番先にいけるのは市○隊員でないと目撃証言はなりたたない。
一番先にいたのは片岡さんと言うことだが。

布川事件の捜査検証、警察庁長官は否定的なまま
茨城県で1967年にあった強盗殺人事件「布川(ふかわ)事件」で、元被告の男性2人の再審無罪が確定したことについて、警察庁の安藤隆春長官は9日の会見で「厳粛に受け止めている」と述べた。
捜査の検証については「当時としては所要の捜査を尽くしたと思われるが、判決では自白の信用性の疑問や客観証拠の乏しさが指摘された。警察では、この間、客観証拠収集の徹底など緻密(ちみつ)で適正な捜査推進に努めてきた。今後も強力に進める」と述べ、改めて行わない考えを示した。
.
※よくこれで
捜査の検証については「当時としては所要の捜査を尽くしたと思われるが・・・
少しも反省の色がない。
よって辞職させる権限が国民にあればいいんだが。

えん罪・布川事件 杉山卓男のブログ
を見つけた
6月14日日弁連主催の国会内集会とシンポジウム
日弁連ホームページより転載
シンポジウム及び院内集会
「作られた自白、失われた29年−布川事件再審判決は何を明らかにしたか−」本年5月24日、布川事件(1967年に茨城県で発生した強盗殺人事件)の再審判決が予定されています。本事件では、近年明らかとなった足利事件、厚生労働省元局長事件などと同じく、虚偽自白を強いる取調べや証拠隠しなどの違法捜査が行われたことによるえん罪であることが明らかになっており、日本における密室取調べや代用監獄の弊害を露呈しています
http://ameblo.jp/takao-sugiyama/

<冤罪か?〜犯罪か?>
・・・ミソか?〜クソか?・・・・ジスイズ クエッション
まぁ〜都合の悪いのは“冤罪” 福島原発は“そうてい外”
・・・日本語は、常に美しい!

「作られた自白、失われた29年−布川事件再審判決は何を明らかにしたか−」
日時 2011年6月14日(火)12:00〜13:00(開場11:45)
場所 衆議院第二議員会館 多目的会議室
(東京都千代田区永田町2−1−2)
参加費等 参加費無料・どなたでもご参加いただけます。
※入館手続きを行うため、事前のお申込みが必要です。
申込方法 添付のチラシの所定欄に必要事項を記入のうえ、6月10日(金)までに下記宛にお申し込み下さい。
(FAX:03−3580−9920)
内容(予定) 1、布川事件とはなにか
2、布川事件の問題点
桜井昌司氏、杉山卓男氏(布川事件)
3、再審判決の報告
青木和子布川事件弁護人(第二東京)
4、国会議員からのご発言
http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/110614_2.html

怒れ菅家さん.
NNNドキュメント 検察...もう一つの疑惑
今年3月、菅家さんの無罪が確定した足利事件。
DNA再鑑定により菅家さんの無実は証明され、
17年ぶりに晴れて自由の身になった。
だが、事件にはまだいくつもの謎が残されている。
事件の前後、北関東で続いた幼女誘拐殺人事件との関連は?
時効となった事件もあり、真犯人への捜査はなされていない。
大事な家族を失った遺族も、そして菅家さんも納得できない現実...
足利事件の深層に迫りました。
検察 もう一つの疑惑 〜封印された真犯人 1
http://www.dailymotion.com/video/xfs7fg_yy-yyyyyyy-yyyyyyyy-y_news
検察 もう一つの疑惑 〜封印された真犯人 2
http://www.dailymotion.com/video/xfs7o6_yy-yyyyyyy-yyyyyyyy-y_news
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。