スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収監

6月14日、交通事故冤罪被害者の方が収監されました。
検察の一方的な供述調書によって、一審判決で、禁固1年10ヶ月という実刑判決を言い渡され
服役しました。
 
この方も、県道上の交差点での衝突事故でした、早朝での事故だったので、目撃者もいませんでした
この事故は、死亡事故ではありません、相手の車に同乗していました、子供さんは軽傷、お父様が
下半身不随の重体、運転していた女性が片目損傷という事故形態です。
 
たしかに重大事故ではありますが、交差点内の点滅信号で起きたごく普通の衝突事故でした。
 
一審の検察の求刑は、禁固3年という非常に厳しい実刑を言い渡したのです、裁判での判決は
禁固1年10ヶ月、信じられない結果で即日控訴、残念ながら控訴棄却、最高裁でも棄却、刑が確定
異議申し立ても5月12日に棄却され、収監の日を待つ間、不安と絶望感に堪えながら、ネットで
私の事を知り、遠い道中を、息子さん2人と一緒に相談しに来たのです。
 
刑務所での生活の仕方や、教育、習慣、規律、等々私が経験した事を思い出しながら分かりやすく話しました、本当に別世界の場所です、常識では考えられない場所です、人権は全くと言っていいほど
ありません、相談する相手は勿論おりません、禁固刑ですので、一日安座、本を読むことが唯一の楽しみです、運動時間は20分位、雨天の日の運動は居室内でのストレッチ、体操、地獄です。
 
月曜日、金曜日、午前10時から風呂時間にして、15分(掛け湯も制限で14杯)ゆっくり入った記憶はありませんでした、冬の厳しい寒さの日は、一時の極楽を味わったものでした。
 
一日が本当に長く感じました、今その方は元気で頑張っているのでしょうか?
 
刑務所で生き抜く為には、プライドを捨てたほうがいいのです、そのためにどうしたのかというと、
私の場合、自分を犯罪者と言い聞かせながら日々生活を送ったのです。
 
これから夏に向けて大変な季節を迎えます、電化製品に頼っての生活に慣れ親しんでいるもので
暑さは堪えました、うちわだけが暑さをしのげる道具でした。
 
一日も早く受刑生活に慣れ、元気に送ってほしいものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きっこのブログに投稿されていたコメント
続々・またまた警察のデッチアゲ!
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/10/post_ab73.html
※冤罪という意味が曖昧だ。誤判、誤審を前提として冤罪事件としている。
しかし最近は警察司法の犯罪によるデッチアゲだ。
高知白バイ事件を冤罪事件というと誤判、誤審という意味も含まれるが、それは違う。
警察司法の犯罪だ。足利事件、愛媛白バイ事件などもそうだ。
佐賀農協事件、それに村木さんの事件は裁判でくいとめた。
誤判、誤審となった事件と分けるべきだ。
警察司法の犯罪として追及すべきだ。

一般的な交通事故は過失である場合が多いので事故にあわれた方には災難と思います。お互い心に傷はつくような気がします。
判決の適正は私にはわかりませんが、悪意は感じられないように思われますのでこれから収監生活を送る事に関しては気の毒と感じます。

この白バイ事件、愛媛の白バイ事件は警察官僚と判事の犯罪。大石内蔵助は「公儀の不始末」、即ち「行政の不始末」に憤って始末を付けた。今や、行政官は確信犯となって、忠臣蔵の時代よりも日本人は野蛮になっている。野蛮であることが富裕への近道ということか。全部とは言わないが、政治家、高給官僚がその見本。無思考性人間が、特に日本には多すぎる。

パソコンが、治りましたので、これからも、色々書きたいと思いますので、よろしくお願いします。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。