長男夫婦の二番目の子供が誕生しました。
 
予定日は、8月23日でしたが、予定日よりも早く、8月7日、日曜日の
午後3時過ぎ頃に、元気な産声をあげのです。
 
母子ともに元気です、そして、何よりも嬉しいのが、待ちに待った
女の赤ちゃんでした。
 
私達に、2人目の孫の誕生です、孫の為にも、どうしても、このまま、
前科者で、終わる訳には行かないのです!
 
孫の為にも、一日でも早く、再審無罪を勝ち取らなくてはなりません。
 
8月16日に、5回目の三者協議が行われます。
どんな事があっても、再審の扉を開けなくてはなりません、全国の多くの皆様が、応援してくれている、高知白バイ事件、事実を明らかにし
「真実は一つ」、間違った事が、まかりとおる、司法はもうやめよう!
 
 
昨年の10月17日に、高知商工会館で、足利事件(菅家利和さん)
布川事件(桜井昌司さん:杉山卓男さん)志布志事件(川端幸男さん)
の方々が集まり、私を応援してくれた事は、記憶に新しいと思います
 
今年、東日本大震災の影響で、再審無罪、確定が2ヶ月余り遅れて
無罪を勝ち取りました、布川事件の「桜井さん」:「杉山さん」の
ドキュメンタリー映画が、2011年9月11日(日)
高知市立自由民権記念館ホールにて上映されます。
①10:00~12:38 ②13:00~15:38 ③16:00~18:38
 
前売り券は、高新プレイガイド:富士書房:片桐書店:草の家、取り扱っています。
 
ちなみに、私たち、支援する会でも、取り扱っていますので、私、片岡まで、連絡いただければ、前売り券をお売りできます。
 
 ショージとタカオ14年間の記録
キャッチフレーズは、めげない、あきらめない、立ち止らない!
 
沢山の方たちのご来上をお待ちしています。
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も今年中に“孫”ができます。顔がゴリラ爺に似てたら、どうしよう?と、心配しています。
こんな事を投稿したら、また警察の視察が〜増える?かも?
・・・・・残暑厳しいおり・・・警察官も健康に注意して

その孫のお父さんが、不慮の事故で亡くなったりすれば、
家族はさぞや悲しいだろうとか、
お考えになったことはありますか?

交差点内は、安全確認の為ならば
駐停車しても良いのですか?

安全確認は、交差点内に入ってから
行えば良いのですか?

身内がなくなって悲しまない人はいない。
不慮の事故であろうが、自業自得の事故であろうが

事故の相手がなくなって喜ぶバカもいない。
此方に過失があろうが、相手にあろうが、双方にあろうが

証拠捏造されて、刑務所に入れられた方やその家族は、
さぞくやしかろうと
お考えになったことはございますか

予兆
元特捜部長が異例の早期退職 陸山会事件捜査を主導
特捜部による昨年初めの陸山会事件の捜査は、最高検検事として指導。小沢氏本人の立件を目指したが、元秘書3人の起訴にとどまった。その後、東京地検次席検事、最高検公判部長に異動したが、昨年から辞職の意向を漏らしていたとされる。
辞職の真相は不明だが、検察内部には「現場に近い立場で小沢氏立件に向けて積極的に捜査を進めたが、検察上層部と対立があり、不満を募らせていたのではないか」との見方がある。
http://www.asahi.com/national/update/0801/TKY201108010600.html

布川事件との因縁 桜井さんのブログより
こんな名前の検察官がいた。まだ、定年に月日を残したエリート検察官だが、昨日、突然に退官したと、朝日新聞に記事が掲載された。
この大鶴、布川事件の再審開始決定に対する抗告の書面に名前がある男だ。
だから、俺は、この男を忘れることはない。
検察庁を代表して、布川事件に抵抗した男だから、俺は許さないよね。
昨日の朝日新聞によれば、小沢一郎さんに対する捜査の方針で、検察首脳と対立して退官したらしい。
だからといって、こいつのしてきたことが、どうのこうのではない。いくら、検察首脳方針に抵抗して辞職したからといって、無実の証拠を隠して有罪を主張する検察官としての行動は変わらなかった。
今度の辞職で、またヒイローとしてマスコミに顔を出すだろうが、俺は許さない。
http://blog.goo.ne.jp/syouji0124/e/2b93f5edeea49d21e668d362d680088f
※コメントを見ると小沢事件も捏造していたのか。

「さてさて」「そりゃそりゃ」「楯」・・・・もっと気張りぃ〜
〜アホの“官官踊り”を全国の人に見てもらい。

ただし 運転席に片岡さんが本当にいたかどうかは大きな疑問があります。
そこで 支援する会は収監前に実際のスクールバス運転席に、当時と同じ服を着てもらって乗っていただき片岡さんを撮影する予定です。
この撮影時に気をつける点やアドバイスを頂けたらと思います。
よろしくお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/44778559.html
※この実験やったんでしょうか。
私の個人的な鑑定では片岡さんがバスに乗っている写真は合成写真なんですが。
相手が相手ですので、御用鑑定士がネガは間違いありません。
と鑑定書に書くに決まってます。
実験はやるべきです。新たな発見も出来るかも知れません。
出来ればビデオに撮っておくべきでしょう。

お孫さんがかわいいのはジージにとっては
皆同じです。今はお盆の時期です。
嬉しさを表現するのは自由ですが、ここは、
世界に公開された場です。
当事者として、お盆の時期に喜びを表わす場として、
不適切ではないでしょうか?

お孫さん、健やかに育つと良いですね。

不適切ではないでしょうか?
2011/8/10(水) 午後 10:16 [ さてさて ]
不適切と言うあなたが、不適切じゃないでしょうか。
8/9 は、あなたのところは盆ですか。
私のところは8/13 からです。
前もって準備は早くしますけど。墓掃除と墓参り。
人のブログにさてさてとは、いかがなものでしょうか。

今日から、よさこい祭り。盆にはやりません。

当事者として、お盆の時期に喜びを表わす場として、
不適切ではないでしょうか?
当事者とは不起訴不当になったひとのことでしょう。
あなたは盆を中心とした夏休みと勘違いしています。
それに盆は日本では供養祭的なもので私の田舎では盆踊りは当然ですが、相撲大会、カラオケ大会なども盆にやってました。
不法な高速訓練をさせ吉○隊員を死に追いやり、証拠をねつ造し片岡さんを陥れた。あなたも同じ仲間ですか。
原子力村、警察村、検察村、裁判所村は、どんな盆をするのでしょう。無実の人を死刑にしたことを自慢してるのでしょうか。

「さてさて」〜元気出せ。もっとヤランカイ・ワレ
ワシは・・・定年より早く辞め〜もう一回やったろうぉ〜思うて昔取った“佐藤塾”のハイキックを練習中、腰痛め・足の指も動かんなった。クソ爺の冷や水や〜けんど文章の内容からして、クソ位なヤツに負ける気がせん。ワシとドッカでツラ合わせたら「さてさて」ユワンカイ。

春野の現場をよく通行するのですが、60kmで走行していた白バイなら確実にバスとの衝突は回避できると想えます。

この動画見てなかった
高知白バイ事件検証
はるさんメッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=PuwT5zFlluc&feature=player_embedded

楯さん。コメント消したのかな?
蛇足さんのいうとおり、意味不明なコメントだから
「弱い(かわいそう等の)立場からだけでとらえると真実に辿り着く事のできない思い込みがうまれる.」って所の意味を確かめたっかたんだけどねぇ。 消したってことはここには来ないのでしょう。ばか

映画 釈迦
釈迦、悟りの場面
http://www.youtube.com/watch?v=8_yiXPbrbDY&feature=related
※お釈迦様も悪魔(警察、検察庁、裁判所)は許せめぇ。

「公」とは上官に対する忠誠心。国体では、ありません。
白バイ事件に加害者は、いないでしょう。「忠とは」自分の“足元”に対する「忠」
戦争中の「玉砕行為」もしかり、“玉砕は撤退にあらず”白バイ事件の結末は“現場の玉砕”か?〜・・奴らなら、やりかねん。

検証 足利事件
動画のページです
http://www.ntv.co.jp/action/2009/theme/9/
左側のOA動画を御覧ください。
デタラメ鑑定、デタラメ捜査、デタラメ取調べ、デタラメ裁判
日本テレビの報道がなかったら菅家さんはまだ塀の中にいただろう。
デタラメ・・・・は高知白バイ事件も同様だ。

違法な公道での違法訓練を命じ、それを実行すれば、事故は起こるのは必然で
それが、たまたま、吉○隊員と片岡さんであっただけのこと。
これは基本的には事件であり、事故は表面的なもの。
したがって吉○隊員との対立は必要ない。
この事情知っていながら、全く逆にしたのが犯罪者である高知県警、地検、地裁、高裁、最高裁。もう少し追加すれば、常識の無いメディアは同感である。
事故そのものでなく、事故前と事故後のことが、警察、司法の屋台骨が壊れる可能性があり
それをしたのが、奴等であり自業自得である。
白バイが誤ってバスに衝突し死亡。とすれば、たいした問題にならなかった。

8/14 長野智子 twitter より
この秋に向けて動きがあると思います。“@c280sl1994
Posted at 12:15 PM

お尋ねの検証は2008年にやっております。記録は写真とビデオ撮影。

上のコメントはjbhさんあてです

交通事故事案 鑑定士 石川 和夫
交通事故事案鑑定を専門とし、2000年4月、石川鑑定事務所を開設、2006年3月、日本自動車事故解析研究所に改名し、事故調査、分析の鑑定士として活躍しています。
また、「自動車事故調査技術入門」改訂執筆中です。
http://www.sogo-kantei.com/judge.html
※石川鑑定士が載っている

再審の裁判官は
平出裁判官ですか。
検事経験ありますね。最悪の判検交流。
http://www.e-hoki.com/judge/2372.html?hb=1

鑑定士は裁判所指定ですか。
したがって石川鑑定士は外されるんですか。
お得意のイカサマ裁判所。
鑑定で再審棄却の作戦ですか。いけませんね。
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR