冤罪

おはようございます、今朝新聞配達が、速く終わりました。
 
今朝、新聞のオリコミを行っているときに、テレビの画面に、「再審開始」
元気をいただきました、1986年、25年前の福井女子中学生殺人事件で、一審は、無罪、高裁での二審で有罪判決、21歳と言う若さで、7年間余り服役、
私が、服役していた時に、冤罪ファイルに載っていた記事を読み、冤罪に間違いない、何とか再審で勝ち取っていただきたい、無罪を願っています。
 
そんな訳で今朝は、気分最高、日本国民救援会の組織が応援していただけに
本当に嬉しく思っています。
 
私も来春には、決定される事を祈念しながら、頑張って生きたいと思います。
 
ネットで支援していただいている方々に、ご支援、ご協力をお願いします。
署名の呼びかけにどうか応えて頂きたいです!
 
こちらです⇒ ホームページ http://haruhikosien.com/index.html
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

red*u*g*2*0lさんョ
それがどうした、私の虚偽告訴代理人は救援会活動弁護士だ。
敵前逃亡した控訴代理人も活動家だ、しかし私は昔も今も赤旗読者だ。
これが事実なら日本は終わりです。
!!何十年も前から行われていたようだから・・・
既に日本は終わってた!?
・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・
皆さんも、下記のサイトで自分の目で確かめてください。
あ、それから証拠隠滅の恐れがあるらしいので、身の回りでこれらの被害に遭われていそうな人が居たら、至急下のサイトを是非教えてあげてください。
これが現実です
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/file001.jpg.html
法廷で採取した指紋をすり替えた
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/091104.jpg.html

この事件、片岡さんのブログであったので最近、調べて知りました。国民救援会にもありましたね。
何十年も無実を訴え続けている被害者や関係者。司法が見直されてメディアにも取り上げられてきていたみたいですね。
まだ、1年間くらいしか片岡さんのブログを見てないのですが、大変な事にあわれながらも努力されている分、感情的になる日もあると思いますが、長い間、持続されている方々を見ると頭が下がります。

バスは止まっていたので、タイヤゴムがスリップ痕として路面に付着する事は有りません。検察官、貴方が、もし、あれをスリップ痕と思われているなら、貴方も騙されている。鑑定人さん、騙されたまま論じても意味無いでしょう?起訴、鑑定をする前に、騙されていないか、即ち、タイヤゴムが付着しているか否かを確認する必要があると思いませんか?

もう一人の生徒は、「バスは完全に止まっていた。運転手さんは左右確認していた」と話したのに、北添康雄高知地検副検事の検面調書には、バスは白バイと衝突するときに動いていたと書かれていたのだ。
片岡さんが、二人の検面調書を閲覧申請したところ、高知地検は不許可にした。捏造した調書で有罪にしたとすれば、高知地検だけの問題では済まないこと言うまでもない。
この問題も、最高検察庁は即刻調べるべきだろう。高知地検は、やましいところがなければすべての証拠を開示して、これらの疑問に答えなければならない。
こうした検察の強引な取り調べや捏造問題は、これからも次々に明るみに出てくるはずだ。新聞が書けないことを書く、週刊誌の役割はますます重い。
http://www.cyzo.com/2010/11/post_5813.html
大阪地検に電話したが証拠の改ざんは、絶対イカンと言ってた。
高知地検で第二の前田等をだすか。

コメント欄管理人です
この先 承認制に移行します。
red*u*g*20*l(以後redさん)さんとのやり取りの続きを希望の方は 「高知白バイ事件=冤罪事件確定中」のご意見箱にてお願いします。

http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/65826357.html
削除したコメントの一部を上記リンク先に転載しております。
訪問者の皆様
こちらでのredさんへの対応はご遠慮お願いします。
コメント欄管理人 lm767

1992年より防犯協会役員・警察官友の会役員との抗争に、介在する公安警察の監視対象にされている、イヌは吼えても歴史は進む。
またお宝が見つかりました・・公安警察の監視と操作される郵便
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111204.jpg.html

桜井昌司『獄外記』
福井事件は、全く証拠は無い。自白もない。でも、「前川が血だらけの衣類を着ていたのを見た」と言う横山の言葉と、その横山証言に同調する何人かの証言だけで犯人にされた。もちろん、「見た」と言う言葉を裏付ける証拠は、一切ない。血だらけの衣類は、「前川が捨てた」とか、「俺が捨てた」とか、横山は、何度も証言を変えて、結局、衣類は発見されていない。それでも横山証言などで有罪になった。
この経過を考えると、誰かが「あいつを血だらけ姿を見た」と言い、それに同調する何人かの証言があれば、誰でも犯人になリ、有罪にると言うことだ。
こんなバカな話は無い。
「怖い」とも取材の人は言っていたが、これが現実の裁判、検察の姿だ。一度、犯人としたらば、何が何でも有罪にする。証拠は隠すし、平然と嘘を言う。その姿が、やっとマスコミにも知られ、認識され始めたのだ。
怒ろう!許すまい!証拠を隠して人の人生を奪い、平然としている検察庁を!
http://blog.goo.ne.jp/syouji0124/e/b8c15018a322e0ea196c3ecc055e4b00

どこからとなく現れる警察検察側の目撃者。いつものパターンだ。しかも、その裏付けはない。
高知白バイ事件もそうだ。松本清張の作品に十万分の一の偶然とう言う小説がある。
どんな話かと言うと、悪い報道カメラマンが、賞をとろうと必死になり、交通事故を自ら作り上げて、それをシャッターに収めるんです。そして、見事に賞を受賞します。警察にばれず、企みは成功かと思いきや、それに疑問を持った男がいます。その事故で、愛する婚約者を失った平井正平です。
http://manolohd.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-c1fe.html
十秒早くても、遅くても事故を目撃することはできない。
ぴったりの時間に目撃したとしても、一番先に吉●隊員の処にいてない。通りすぎて止まっている。それを不思議と思わない検察庁。
検証高知白バイ事件ザ・スクープ編2/2
http://www.youtube.com/watch?v=r-9gM-WMje4
ここにもバスが止まっていると言う目撃者がいるが、警察のお礼参りを恐れているようだ。どこへ行

福井事件再審決定、検察は同じ過ちを繰り返すな
福井市で1986年に起きた女子中学生殺人事件で、殺人の罪に問われ、7年間の服役を終えた前川彰司さん(46)の再審が、11月30日名古屋高裁で発表されたが、この事件も最近相次いで再審無罪が確定した冤罪事件と酷似している点が多い。
この事件でも物証がなく、関係者の証言のみで前川さんは罪に問われている。しかも、前川さんは逮捕から一貫して犯行を否認をしている。
今回の再審決定は、弁護側が新たな証拠を提示したことで、裁判所が検察に証拠の開示を命じることになり、これまで検察が公開を拒んできた証拠の中に、被告人に有利な証拠が多数含まれていたことが明らかになったことを受けたもの
動画あり

故人を含めた警察官の真犯人が実在しているので、火を見るより明らかな冤罪です
法の正義に従い、件の二名に罰が下されることを願っております

証拠176点、検察が開示=袴田事件再審請求審―静岡地裁
数十年前のでっち上げ事件がぞろぞろ暴かれる、この袴田事件も四十数年前に起きた検察官面前調書の偽造事件。
冤罪事件とは須く調書問題に基因する、検面調書の証拠能力が認められたのは戦時中の東條内閣からだ。
空襲・灯火管制の下で裁判官の職務遂行が困難となり、特別法として緊急避難的措置として検面調書の証拠能力が認めたれた。
しかし戦後もこの特別法がそのままに継続、自白事件の判決書には、有罪理由を書く必要がない。
それに代えて証拠の標目だけを記す、この悪法を覆すのが遂犯無罪の主張と証拠なのです。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/101016.jpg.html
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR