傍聴

昨日、簡易裁判所に傍聴に行ってきました。
というのも、高知白バイ事件に関連した方が、「軽犯罪法違反」
で起訴され、第1回公判の傍聴に参加、久しぶりの高知地裁やはり緊張感
がわいてきます、弁護人は、私の担当弁護士、冒頭陳述では
第1、公訴事実に対する認否。
第2、なぜ県警が被告人K*M氏に、デッチ上げの犯行を起訴するのか。
第3、被告人の立証。
 別紙、高知県警察本部の不正、腐敗
県警本部長の不正を正そうとする約100名の正義派警察官と、本部長との暗闘。

 第1部、高知県警察本部長が、違反した部下の警察官から「自分を摘発すれば
白バイ事件の真相をばらすど」と脅されて、違反を闇に葬る公務員職権濫用罪
特別公務員職権濫用罪、証拠隠滅罪の犯罪を重ねている。

 第2部、高知白バイ事件、バススリップ婚の高知県警の捏造
捏造警察官の栄進とねたみと誹謗による精神疲労から非行への逃避

第1、高知県警の混迷の真の原因は、高知県警による白バイ事件の
   バススリップ痕の捏造である。
1、事故発生後1時間6分以内で仕上げられた県警の本件白バイ事故対策
2、県警がスリップ痕捏造をしなければならなかった理由

第2、殉職者、その上司、協力者の栄進。
1、殉職者は二階級特進、殉職者の上司・スリップ痕捏造者等
  殉職協力者は次のように、各一階級特進した。
  (スリップ痕捏造の指揮) 警部~警視
  (スリップ痕捏造の実行行為) 警部補~警部
  (上司) 警部~警視
2、一階級特進の栄進によるねたみと誹謗と、
  それからの逃避行動としての犯罪。
3、虚偽実況見分調書を作成しても報われないことによる、
  一階級特進のスリップ痕捏造グループとの確執。
4、なぜ、一階級特進の栄進をしたスリップ痕捏造者実行犯は事件を起こすのか。

そして、まだまだK:M氏の闘いは始まったばかり、監査請求書等4部
告訴状4部 告発状4部
 今後も、民事裁判の予定を考えているそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんですか?これ?
ここまで来ると、マスコミの犯罪。

No title

だってそうでしょ?スリップ痕が物理現象として説明できない範囲に及んでいることは、取材として証拠写真類を記者自身が確認するだけで示すことができるのですから。

No title

「本件白バイ事故対策」との記述がありますが、簡易裁判所で行われている軽犯罪法違反事件裁判に「白バイ事故対策」という「行為」が係わっているということですか?

No title

蛇足さん、有難うございます、簡易裁判所で「軽犯罪法」で起訴された方が、警察内部の暗躍を知っているのです。
その為に、犯してもいない罪をでっち上げられ、起訴されたのです
 信憑性はありますよ!

No title

法律の専門家ではないので(ド素人)、的外れのことでしたら申し訳ない。(全面削除)
普通に考えると、軽犯罪法は容疑を認めれば公判なしで刑の確定が行われるかと思いますが、容疑者が容疑を否認した為公判手続きが取られたということでしょうか。その犯罪行為の原因が白バイ事故対策?このあたりを明らかにすることは無理と思いますので、説明は結構です。ただ、公判手続きが取られたということは、検察にとっては白バイ事件(事故ではなく)に関して「ヤブヘビ」の可能性があるのかな?という気がします。
 それと、「白バイ事故対策」という「行為」は現在では、「再審請求対策」という「行為」になっていて、この「行為」には検察が絡む?
プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR