最後

50代最後の誕生日、今日から60代に向かってまっしぐら
今年が勝負の年、再審の扉を開くためにも、まっしぐら、まだまだあきらめません!
22名の子供たちの「信頼」、法廷で真実を述べられた3人の証言者の「名誉」
を回復する為、当然の事ですが、事故の事実を明らかにしなくてはならないのです。

素晴らしい還暦を迎える為にも、今年一年が大事なのです。

「高知白バイ事件」を今後も応援よろしくです!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

警察署内でも不正を正そうとする動きが見られているのですね。
これからどうしようか話をしているのでしょう。
片岡さんも頑張ってください。

No title

再審棄却は検察と裁判所で話し合いがついたのでしょうか。

間違えた不起訴理由

http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/39132062.html

No title

jbhさんが紹介された新聞記事の「地検による・・・」と以下は、高知新聞のレベルの問題。記者の人格、能力の問題。
 橋本普なる次席検事の独り言(或はその筋の情報かどうかも全く不明、直接取材していなければ単なる作文だが)による情報操作。と読むのが一般的。メディに値しない。自己の脳味噌で考えた痕跡が無い。脳味噌がないのかな?
 この様な作文でも、罪は作る。

No title

そして、橋本なる次席検事のものとされている「ネガはパソコンで捏造された」としていることについて、この調査でもネガにドット(デジタル画像を構成する最小単位)が確認できなかったとして、「パソコンからプリントアウトした画像を撮影した物ではない」という発言は、偽証容疑とは全く関係ない内容で、事件内容を知っていての発言であれば「悪質(情報操作)」、そうでなければ、職務に対する「単なる無関心」。恐らく、両方のなせる発言であろう。「日本語をしゃべる動物」かな?
一般常識で考えれば、この様な結論になる事は明らかでしょ?高知新聞さん。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR