ジャーナリスト

昨日、我が家にジャーナリストであり、元読売新聞社警察担当で活躍しました
テレビでもお馴染みの、大谷昭宏さんが、我が家に取材にやって来ました。
現代の裁判制度のノウハウを説明しながら私の今回の事故と見比べての取材でした。
大変参考にもなり、大谷さんの気さくな人柄に、妻と共に益々ファンになりました。

 放送は未定ですが3月頃の予定だそうです、
 残念ながら、高知では放送されません?

話の内容は、一審での私の目撃者三人の見たままの事実を語った証言を
完全に無視をし、身内の白バイ隊員の一人の不確かな証言を信用し、一方的に判断し
私に、実刑判決を下したこと、交通事故では余り判例がないこと、等々真剣に話を聞いていただきました

二審にいたっては審議は尽くされたと言うことで即日結審
話にもならないとお怒りでした、もっと真剣に判断をしてほしかったです。
いくら仕事をしたくないと思っても、一人の人間の人生を左右するのです

こんなことでは高裁(控訴審)は、機能していません?

このままで行けば、最高裁も却下されるかもしれません?

私にも、家族がおります、人権を無視するような裁判が現実に行われていることを
身をもって知りました、残念でたまりません

大谷さんに、話を聞いていただき、妻と共に、初めて安らいだ気分を味わった気がしました。

サンデー;プロジェクトの鈴木さん、そして、スタッフの皆さん
本当に有難うございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR