スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年

三者協議が始まって、2年過ぎました。
振り返ってみますと、第1回三者協議が平成23年6月7日
第2回三者協議が平成23年6月24日、月2回の割合で行われたのです。

第1回三者協議と第2回三者協議を掲載します!

平成23年6月7日 第1回三者協議

 裁判長、①ネガフィルムについては、検証手続によって取り調べる方向で検討している。
②検証を行うに、適切な機関、店舗を推薦6月21日までに裁判所に申し出をされたい。
③検察官は、次回打ち合わせの際に、ネガフィルム及び未提出証拠のうち
「しかるべく」の意見であった証拠を持参されたい。

平成23年6月24日 第2回三者協議

 検察官、未提出証拠の供述調書3通のうち、請求人以外の調書2通については、
プライバシー保護の観点から、供述者の住居と電話番号について非開示としたい。
なお、上記供述調書3通は、検察官から裁判所に対して、謄本又は抄本として提出する。

 弁護人、上記供述調書3通の提出方法について、了承した。

ネガフィルムの提出について
 
 裁判長、ネガフィルムについては、別途領地手続を行う。
 
 弁護人、ネガフィルムの検証を行うに当たり、デジタルコピーを必要とする理由を提出する。

このように、ネガフィルムの検証が第一、

あれから、2年たち写真鑑定の第一人者、千葉大学名誉教授が鑑定書を作成
し、大詰めに差し掛かりました。

裁判長も変わり、左陪席裁判官も変わり、新たな布陣で、協議が行われますが
私は、「バスは止まっていた」最初から一貫して真実を述べています。

只の交通事故ではありません、警察組織の犯罪です。
どうしても”再審の扉”を開き、事故の事実を明らかにしなければ
ならないのです、当時の22名の生徒達も、4年制大学を卒業
それぞれ、新たな分野に進み頑張っていますが、心の片隅には
今も、事故の呪縛から解き放されてはいません!

そして、法廷で「真実」を述べて頂いた3人の証言者は、「偽証」
法廷で嘘を述べたことになっています。このまま闇に葬られてはならないのです!

30回余、三者協議が行われ、7月22日、教授の尋問を行うか
注目しています、是非、公開で尋問をして頂きたい。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高銀 株主164人出席。県公安委員を務める島田京子社外取締役などに株主の一人に解任案等を提案したが否決された。その総会で高知白バイ事件などの警察犯罪が(そのままで)要職に就きながら職務がなされていなく高知銀行に職務に就くのはいかがなものかと厳しい質疑あり。

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。