スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不起訴

信じられない記事
2人殺害元警部補不起訴

富山地検「証拠と供述矛盾」大きな見出しの記事が?

富山市で2010年4月、会社役員夫婦が殺害され、
住宅に放火された事件,富山地検は24日、殺人と現住建造物等放火
の疑いで、昨年12月に逮捕された富山県警の元警部補(54)
=地方公務員法違反罪で公判中=を嫌疑不十分で不起訴とした。
 「客観的証拠と供述が矛盾しているため」としている。

逮捕容疑を認めた元警官が不起訴となる異例の事態。
遺族は「警察・検察には失望の連続。裁判員裁判の下、
市民の感覚で裁かれるべきだ」として、今月中にも検察審査会に
審査を申し立てる方針を表明した。

最高裁によると、殺人事件の強制起訴は例がない。

元警部補は逮捕後に容疑を認めたとされるが、押収した
証拠や現場の状況が供述内容と食い違い、起訴しても
公判で立証することができないと判断した。

身内の犯行だから「不起訴」遺族は泣き寝入りしかないのか!
司法の壁はまたしても、市民の味方にならなかった!

警察・検察のやりたい放題、供述調書が絶対的と言いながら
今回はの不起訴の理由は、”遺体の痕跡から伺える殺害方法や
現場周辺に設置された防犯カメラの映像などの客観的証拠と
供述がことごとく食い違っている事を挙げている。

今現在冤罪で苦しんでいる、「名張毒ぶどう酒事件」「袴田事件」
「狭山事件」等々いくつかの冤罪事件も同じではないでしょうか?

身内の事件は「不起訴」絶対許されるべきではありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いつも不公平ですね

高知地検なんて
否認してる信号無視を起訴したのにねぇ・・・
(しかも無罪だった)

民間人ならば強引に起訴
身内(警察)は強引に不起訴

本当に腐ってるこの国の検察&警察。

No title

 事件当時の警察幹部が~安全圏に移動するまで~・・・
こんなモンでしょう!v-7

テレビ報道では“元警部補”が、釈放される可能性もアルとか?
・・・その後の“○○”(^-^*)~風の“幕”か?

~しかし逆に考えれば、世間一般的には、良い勉強になると思います。

代理管理人さま、更新作業、お疲れ様です。
他の冤罪の方もありますが、今はネットなどから情報を見ていこうと思ってます。
ですので、個人的な事情も考えてこの形でいいのか悩んでいるのですが、このブログで時々、書き込みさせて頂いて活動したいと思います。
本当は、被害者同士のネットワークを繋いでいく形を大きくするのが一番正しいのかもしれないですね。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。