スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懲戒処分


 巡査 被害届の署名偽造

今度は、三重県警(四日市南署留置管理課)
署で受理した窃盗事件の被害届を一部訂正するよう署から指示
原本を廃棄した上、書き直した被害届に自分で被害者氏名を記すなど
公文書毀棄(きき)、有印私文書偽造・同行使の疑いで書類送検し
同日付けで戒告の懲戒処分とした。

署内で被害者の原本をシュレッダーで廃棄した疑い
書き直した被害届の届け出人欄に、自分で被害者氏名を署名指印を押す。

庶務係に訂正を指示された巡査は、書面に訂正印が複数あること
が気になり被害届を書き直し、元の被害届は不要と考え廃棄。

とんでもないことが”現実に”起きていることに恐怖を感じます。
このように、”偽造””捏造”日常茶飯事行われているのです!

巡査個人の責任ですまされることでしょうか?
戒告の懲戒処分、軽い罪だから不祥事が繰り返される。

何とかならないでしょうか?
全国の皆さんが考える時期に来ているのでは、他人事ではすみませんよ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

日本の司法はすでに創価学会に支配されている!

http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/39696814.html

うすうす感じていたんだが この動画わ見て確信した

生田弁護士の動画も見て下さい
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。