スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心

昨年12月から四国88か所参りを済ませ
新たに感じた事は、人間”真っ正直が一番”身体も精神も清められたことです。

各札所に行き、山門にて、合掌、一礼します、手洗い所で清め
本堂に行き、線香(3本)ロウソク(1本)納め札と賽銭を納め
念珠をすり、合掌、お経(般若心境)を唱える。

 線香は、お祈りの中にお迎えしている仏様を甲でもてなします。 
 ロウソクは、心に灯す知恵です。

太師堂に行き、本堂と同じ要領でお参りします。

ここで般若心経の意味を勉強しましょう。
 
「観音様は深い知慧に至る修業をし、この世界をなす五つの要素に実体はない
 と知り、苦を離れ、悟りを得られたのだ。」
 
 舎利子(お釈迦様の弟子)よ、「姿あるものは常に移り変わる。
移り変わり、姿を変えるのが我々が生きる世界の本当のあり方だから、
目に映り、感じ、想い、行い、知り得たと思うことに、実体はない。」
 
 舎利子よ、「仏の目で見ればこの世は移り変わっているだけなのだ。
生じているのではない、滅してもいない。汚れもせず、
汚れを離れることもなく、増えも、減りもしない。」
 
 舎利子よ、「移り変わる世界で、自分が目にし、心に思い、行い、
知ったと思う事も実は存在しない。眼や、耳、鼻、舌、身体、心に映るもの、
ものの姿、声、香り、味わい、触り心地、ここちよさも移ろうだけのものである。
眼にうつり、意識されるものに実体は無く、迷い、悟り、老い、死、
老いと死がなくなることも空そのものである。
 
 苦も、苦の原因も、苦の消滅も、苦を抑える道も…そして知ること、
得ることすら実は存在しない。移ろうのものをとらえられないように。
 
 観音様は、般若波羅蜜多によって心を安じていて、自分と他者を
区別することもない。その状態に安住しているから、何に対する恐れもない。
顛倒した心を遠く離れて、永遠の安らぎに入っているのだよ。

 過去・現在・未来の三世の中でこの真理に目ざめる人々は、永遠の安らぎを
与える般若波羅蜜多の知恵によって、この上ない悟りの状態に入るのだ。

 その般若の知慧は大いなる真言である。
大いなるさとりの真言、無上の真言、無比の真言であり、全ての苦しみを取り除く。
般若波羅蜜多の呪文なのだ。」

 その真言は次のように説かれている。
ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーデイ スヴァーハー

 (仏の世界へ渡らん。悟りの岸へ全く渡らん。
             無上の悟りにはいり、安らぎを成就させたまえ。)

 般若心経の意味は、裁判官には伝わるのでしょうか?
心を浄化し、素直な気持ちになり、私利私欲を捨て
 真っ白な心で、一心不乱に唱えてこそ、人間らしさを取り戻せます。

 どうか、真の人間に帰ってください! 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。