スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真摯

袴田巌さんの第2次再審請求で静岡地裁は、裁判のやり直し
死刑執行・拘置の停止を認めた。

袴田さんの無罪主張に耳を傾けてこなかった裁判所の強い反省が感じられる。

地裁は、DNA鑑定の結果を基に、犯行着衣とされた「5点の衣類」
と袴田さんとの結び付きを否定しただけでなく、衣類は捜査機関が捏造
した証拠である可能性があるとまで踏み込んだ。

拘置停止の理由「これ以上続けることは耐え難いほど正義に反する」

冤罪死刑が国家による殺人行為になるとの自覚に加え、
袴田さんを死刑の恐怖の下、長期間身柄拘束してきたことへの自戒がうかがえる。

一審公判の裁判官は「無罪の心証を持っていた」と後に告白していた。

第一次再審請求審を担当した裁判官、検事は事件の真相解明
に努めてきたのか大いに疑問だ。

今回の決定で静岡地裁は事件に真摯に向き合う姿勢を示した。

司法全体の責任を果たすため、検察側は即日抗告することなく
速やかな再審開始に協力するべきだ。

今朝の高知新聞の、「袴田事件・再審決定」の見出しの中
解説の所を引用しました。

素晴らしい解説、私も勇気を頂きました!

捏造は絶対許されるものではない、即時抗告は絶対やめよ!

真摯な気持ちで接してくださいと、切にお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

“上”の命令なら“捏造”も聖戦

  ウソ・捏造・偽造・・・何でもいい・・・・・

“上”から、命令された事を“即・実行”すれば
それは・・・v-7出世のチャンスv-9

こんな事は、常識ですv-11

No title

袴田事件からいろいろ見ててこの事件を知りました。
時速10km/hでブレーキ痕って時点で?な感じがします。
警察はこれが無罪になれば公道での違法走行を認めることになるので絶対に認めないでしょうが
諦めなければ必ずどこかに突破口があると思います。
がんばってください。

片岡さんがんばってください

はじめてコメントさせていただきます。
以前からネットで片岡さんの事件は知ってました。裁判官、検察、警察、ただただ腹立たしい限りです。
先日袴田さんのニュースで思い出してまたネットで調べてました。
片岡さんの冤罪はまだだったんですね。

本当にこの国はまだまだおかしな制度、裏での工作等がある国です。
これを正すにはわたしたち個人個人の声だと思ってます。
小さな一個人ですけど応援いたします。がんばってください。

No title

有難うございます。
公道での訓練、絶対ダメです!

だから冤罪にしたのです、簡単に冤罪事件を作れることに
恐ろしさを感じます、このまま泣き寝入りは駄目でしょう
だから、頑張って行きます、応援よろしくです。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。