スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納経帳

PAP_0001 (2)
5月6日、7日の新聞休刊日に、孫の供養をと、四国霊場参りに行ってきました。
その時の納経帳、納め札、数珠です。

今年は、1200年記念の年で、全国から大勢の参拝客で賑わっていました、PAP_0000 (2)

表紙の裏には、孫を迷わず成仏させて頂く為に、知り合いの住職に認めて頂きました

地蔵菩薩様と、ご真言を書いて頂い、感謝しながらの参拝でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title


◇警官1人の証言と一般人100人の証言は対等?
「ひとつ伺いますが、白バイの事件って知ってますよね?」
 ファミレスの窓際の席に座るなり、Aさんは切り出した。
 突然の質問だったので少し戸惑い、「あの高知の白バイ事故冤罪事件のことですね」とワンテンポ遅れて筆者は答えた。

 高知白バイ事件とは2006年3月、スクールバスが高知市内で暴走白バイに激突され、白バイ運転の警察官が死亡し、スクールバスの運転手が業務上過失致死罪で禁固刑とされた事件だ。高知県警の捏造工作が疑われ、メディアでも大きく取り上げられた。

 この事件では、スクールバスに同乗していた生徒や教諭、後ろの乗用車に乗っていた校長など、多くの目撃者が「バスは止まっていた」と証言している。しかし、「バスは動いていた」という警察官の証言を裁判長は認めた。



「築地の事件でも、野次馬がものすごくて、少なく見ても100人以上。しかも至近距離で見ていました。高知白バイ事件では多くの目撃証言が無視されて警官1人の証言だけが採りあげられましたよね。
 しかも、現場のスリップ痕が後からつけられたのではないかという疑惑も出されました。

 じゃ、警官1人の証言の重みと同等になるには、一般人が100人、200人証言しなきゃならないんでしょうか。この人たち(警察官)が黒いものを白といったら白くなっちゃんですか」


http://www.mynewsjapan.com/reports/2035


高知白バイ事件は警察犯罪追求の最大の武器となった
さらに検察裁判所の関与も追求されるだろう
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。