スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗告

昨日、3日の期限ぎりぎりで即日抗告申立を提出しました。
午後1時過ぎに、申立書を持って行きましたが、抗告の理由が詳細に
記載されていないという理由で受理されませんでした。

一旦、国民救援会の事務所に引き返して、弁護士に相談し

1、三宅鑑定は、「スリップ痕」「えぐれ痕」の捏造を指摘しているが
 それについて十分な検討をせず排斥している点の誤り。
2、大慈彌鑑定も「スリップ痕」ではなく「横滑り痕」だとしているが
 これについて検討が全くなされていない。

追って理由を提出する。

抗告の理由を書き改めて、午後3時20分頃やっと受理されました。

今後の再審請求審は舞台を高松高裁に
、真剣に取り組んでいただきたいものです!

これからも「高知白バイ事件」の成り行きに注目していてください!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

残念、無念、虚しい、悲しい

がっかり、本当に、ガッカリ、簡単な事件、冤罪事件、冤罪は、
必ず人が解かっていて、作りますから、誰かが、嘘を創り、人を
罪に落して、いるから、本当に難しい、嘘を創りましたと、今更言えないし!!それも一人が作った、嘘で無いから難しい、実は冤罪を
でっち上げました、と言いたい方もいると思いますが。言えない!
それでも、以前、検察が厚生省の村木厚子さんを冤罪で逮捕拘留
して実は検察が冤罪を創りましたと言って解決した事が有りました。この方も高知の方、明治維新の素晴らしい方が出た、土佐、
坂本龍馬さん達が泣いていますよ。この事件、事件で無い事件???もうやめましょう、こんな茶番劇、早く無罪にしてあげて下さい。お願いします。この事件相当関心有ります。頑張れ片岡さん

No title

FAX届きました。

メールではダメでしたか?昨日、即日抗告申立を裁判所に行って提出、2度目にやっと受理されました。

今後、舞台は高松高裁、いわくつきの高裁、棄却されれば、最高裁棄却されれば、第二次再審請求、正義が勝まで続けますので
今後も応援よろしくお願いします、奥様にもよろしくお伝えください。

お身体をお大事にお互い頑張っていきましょう!有難うございました。

No title

常に申し上げていますが、写真(A)
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5a-9c/littlemonky737/folder/349225/97/41032897/img_0?1228142120
を180度回転させて、
チョークのT字幅と角度を、写真(B)
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5a-9c/littlemonky737/folder/349225/51/25887751/img_1?1238934036
のT字幅と角度を合わせると、トーヨータイヤの直径が87cmであることから、路面に印象された変色帯の最先端から20cmの範囲はタイヤの影が路面上に写りこんでいることが視認され、少なくともこの最先端部分の20cmはタイヤゴムの付着がないことは鑑定を要しない。
さらに、このタイヤの向きはやや左向きとなっているが事故時のタイヤの向きは、写真(C)
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5a-9c/littlemonky737/folder/1072840/40/64072340/img_2?1299601052
に示されているようにやや右向きとなっており、片岡さんが主張するように右折の準備状態であった。(従って、このタイヤの向きのとおりに真後ろに1mもの「スリップ痕」を印象するとバスの走行方向を説明できないため曲率を付けざるを得なかった。従って、写真(B)のタイヤの向きも「スリップ痕」の方向に疑念を抱かせないために偽装されている)
写真(D)
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5a-9c/littlemonky737/folder/349225/88/28320188/img_1?1198258819

白バイの右側排気管の損傷の方向は路面との接触時の白バイの運動方向を示すもので、この損傷の方向が白バイの走行方向とした場合にのみ最終事故態様と一致する。従って、排気管の損傷に関して、バスの運動は何ら関与せず、本件事故は白バイの自損事故である。

No title

「スリップ痕」の先端が「あと10cm先」まで伸びていたら、検察官も「スリップ痕」と主張することはない。裁判官も、カタタも「スリップ痕」と認定はしない。(カタタは分からない?)
私は「先端部分30cm」と表記を変える。

写真
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-5a-9c/littlemonky737/folder/349225/97/41032897/img_0?1228142120

には、この「あと10cm先」が無いだけだ。

No title



桜井昌司『獄外記』

布川事件というえん罪を背負って44年。その異常な体験をしたからこそ、感じられるもの、判るものがあるようです。















蟹は甲羅に似せて

2014-12-26 | Weblog



昨日は、袴田事件の三者協議だった。

その中身については、読売がもっとも詳しいが、検察の狂ったような主張には、驚きを通り越して背筋が冷たくなった。いやあ腐っているだけではなくて、完全に狂ってる。



※再審が認められたのに秘密の袴田事件の三者協議だ。
三者協議といえども公開しないのは冤罪の温床だ。

http://blog.goo.ne.jp/syouji0124/e/9de87ddfff8fb4d58b8372303c822d3a?fm=entry_awp

No title

このブログを始めて見た人にも真実の事故形態を正確に伝えるために、
①自歩道の手前でバスを停車させて右側から来る車列の途絶えるのを待っていた時の状況、
②車道の手前で再度一旦停止して左側を見た時の反対車線の車の走行状況、
③中央分離帯まで車道を横切る際のバスの速度、
④そのまま右折できなくて車道上に停車することになった状況の詳細、
⑤白バイが衝突してくるまでに右側を見ていた生徒や先生の証言の全て、
等をこのブログのどこか目立つ場所に掲載しておいた方がいいと思います。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。