年賀

旧年中は、大変お世話になりました。

年男であった午年は、最悪の年で終わりました!

友人であり、支援する会事務局長が町議会議員選挙(3期目)信じられない落選。

失望の下で、午年が始まり、3月28日思い出したくもない、孫の交通事故
駐車場内での事故、高齢者の運転する車に巻き込まれ(バックではなく前進)信じられません

4月4日午前2時頃、帰らぬ人となりました、2歳8か月、余にも若く死出の旅、悲しくて絶望!

師走の12月16日、”再審棄却”覚悟はしていたのですが・・・・・
裁判長はヒラメ裁判官でした(人間失格)
12月22日、義理の兄の、死去、二度と振替りたくない午年最悪の年でした。

今年の年明けは、新聞配達を終え、長男の家で初めてのお正月を迎え、
家族全員災難が降りかからないよう願い初詣。

先ほど帰ってまいりました。

郵便受けには、沢山の年賀が届いていました、喪に服すために年賀を控えさせて頂き
申し訳ない思い、感謝の気持ちで読ませて頂きました。

激励の一部を紹介、「即時抗告は正解です、あんなトンデモナイ決定を認めて確定
させてはいけません。続けて行くことは大変なことですが、本年は皆様のご多幸を祈ります」

「地裁は残念でした、でもネバーギブアップ」

「絶望は愚か者の続編」「自由を愛する身には逆風が吹きすさんでいます。今年こそ!」

「今回の再審棄却本当に遺憾に思います、上告審大変でしょうが頑張ってください」

「ニュースでお姿を拝見致しました、大変でしょうが、遠くの地より
応援しています、頑張ってください」

まだまだたくさんの方々から激励して頂き、支援者からの応援、有難うございました。

今年は、信頼できる裁判官に行き会える事を願い頑張っていきます!

年賀状、有難うございました、本年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本の刑事裁判官 武田義徳裁判官≪45期≫ 高知白バイ事件見聞録


○ 2014年度の高知地裁刑事もまた、事件数が少なかった。毎日の開廷表には十分過ぎる余白があった。地元のあらゆる刑事裁判のなかで最も傾注すべき 「高知白バイ事件」 において、再審開始決定の稿を書き起こすための時間はたっぷりあった。かれこれ20か月近くは裁判官室内に書類を抱えていたのではないか。武田裁判長以下、高知にわざわざやってきた裁判官は止まったままの時計の針を進められなかった。高知県民を納得させる真っ当な結論を導き出すに至らない以上、もう当地に留まる理由はないのではないか(14/12)。

http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/40693750.html
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR