スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えん罪救済センター

えん罪救済センターの申込書をやっと作成しました。
   6枚綴りになっています。
1枚目、申込者について、申込者(本人・本人以外)
2枚目、事件について・事故の日時・場所・被害者の名前・事故の概要
3枚目、担当弁護士について・一審、控訴審、上告審、再審請求審
4枚目、裁判について、裁判経過・(第一審)裁判所名・裁判日・判決日
     (控訴審)裁判所名・裁判日・判決日(上告審)裁判所名・決定日
     (再審請求審)裁判所名・棄却決定日
5枚目、刑事裁判関係書類について、一審、控訴審、上告審・(判決文)
     (起訴状)
     (検察官・弁護人の冒頭陳述書)
     (検察官の論告要旨)
     (弁護人の弁論要旨)
     {弁護人または検察官の}控訴趣意書それに対する
     {検察官または弁護人の}答弁書
     (弁護人または検察官の)上告趣意書
     (弁護人の)再審請求書、それに対する{検察官の}答弁書
     (再審請求審の決定)
     (弁護人または検察官の)即時抗告申立書または異議申立書
               それに対する{弁護人または検察官の}答弁書
     (即時抗告審または異議審の決定)
     (特別抗告申立書)
     (特別抗告審決定)
6枚目、無実であることの理由とえん罪救済センターに頼みたい事について

  以上、必要書類を揃えるのに日にちが掛り、支援者の協力で
  やっと揃えることが出来ました。

 強い味方が出来ますよう切に願いポストに投函してきます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

裁判員裁判は事故といった、罪が軽い場合に・・・・

 この3ヶ月前にいう[URL]で、裁判員裁判のドラマをご覧になられです。
 それを実刑でも温情判決でしょう。
 この3ヶ月前にいう[URL]の50になる直前で、「場合によっては死刑になってもおかしくない」というので温情判決でしょう。
 そういった、死刑になってもおかしくないほどの事は裁判員裁判にしないのがいいが、「死刑判決を出すのが怖くて温情判決にしてしまう」という事だけではなくてです。
 それをドラマは負傷者も出さなかったが、人がいるのをしかも無関係な人もいるのを知りながらなので、無関係な死傷者や負傷者を出せば酌量の余地はないほどの事でしょう。
 それほどの事ではなくて、事故といった、罪が軽くて一方的に悪いのではない場合に裁判員裁判が役立ちそうです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12157036577
 こちらも、[ベストアンサー]のリンクも、専門学校についてだが、法律専門学校といった専門的な専門学校ではないが、大学も専門的ではなくても、そういった事も学ぶのもあるほどです。
 それほどが見ても見なくても、「ドラマ」という言い方をするかどうかです。それではなくて3ヶ月前にいう、裁判員裁判はドラマになりそうです。
 みなさんでの、バスの事故もドラマになればいいですね。
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。