棄却

棄却、裁判所からの決定は棄却しかないのでしょうか!
刑事裁判で高知地裁が実刑・禁固1年4か月、それからは”棄却””棄却”
のオンパレード、裁判氏は他の言葉が思いつかないのでしょうか?

平成19年10月30日、高松高裁・棄却、平成20年8月20日、最高裁・棄却

民事裁判(国賠訴訟)では、平成21年3月2日、高知地裁・棄却

平成23年3月17日、高松高裁・棄却、平成24年11月9日、最高裁・棄却

再審請求審、平成22年10月18日、請求申請
平成26年12月16日、高知地裁・棄却、平成26年10月19日、高松高裁・棄却、7回目の棄却
うんざりですね!

裁判所が真摯に受け止めていない証拠、”高知白バイ事件”裁判官は
取り合いたくないのです。

棄却で済ませば、栄転です、誠心誠意取りかかれば、左遷です。

司法の壁は高いのか、低いのか?私には分かりません。

再審請求で事故の事実を明らかにしたい、無実を訴えているのでは無い

事故の真相を明らかにする為、一生懸命闘っているのに、取りつく島もない

それが現在の司法です。

ここまでくれば、最高裁に特別抗告に持って行きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

高知白バイ衝突死33再審の扉開かず…高裁も「棄却」決定

http://blogs.yahoo.co.jp/jbh024470000/41726024.html

後を追ってた校長先生も自動車の急ブレーキをかけたか・・・・

 もし、バスが動いてたとすれば、後を追ってた校長先生も自動車の急ブレーキをかけたはずなので、校長先生が運転もブレーキの痕が残ったはずです。
 そういった矛盾を見抜いたのは私だけではなくて、こうです。

> THEある日が言うのは、バスの後を追ってた先生が「バスは動いてませんでした。」というので、「バスが動いて急ブレーキをかけたとすれば、後を追ってた校長先生も自動車の急ブレーキをかけたはずなのに痕が残ってない」というのです。

 そういった声があるので、私と同じ考えのようです。
 そういった矛盾を見抜くためにがんばってます。
http://youtube.com/v/czEzUVFwi98
http://youtube.com/v/mSJZsgXnnOQ
http://fanblogs.jp/oortcloud/archive/221
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12166709577
プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR