毎日の生活

私とお母さんの二人だけの生活は、朝4時に起きて高知新聞社から届いた220枚の新聞にチラシを折り込む作業から始まります。折込みしながらいつも「おとうさんはまだ寝てるね。」とお父さんの話題は毎日欠かせません。私がお父さんが配達していたとこをお父さんに教わり一人で配るようになってから早1ヶ月経ちました。お父さんに教わりながら配っていた頃、毎朝お父さんとのこの時間が楽しくていつもいろんな話をしながら配達していました。新聞配達をしているといろんな方から「がんばってね!」とお父さんへの励ましの声をもらい温かい気持ちになり元気をもらっています。
田舎での生活は大阪と生活リズムがあまりにも違い大丈夫か不安もありましたが、田舎は田舎で空気やご飯はおいしいし、何よりこの年で親と暮らせるなんてないことなので精一杯親孝行したい気持ちでいっぱいです。
今は田舎での生活には必要な車の免許を取りに通っているところです。いつもお母さんに運転してもらってばかりなので早く無事に免許を取りお母さんに楽さしてあげたいです。お母さんは自営をしながら家の事をして一日やることがあってあっという間に過ぎると言っており「そんなん言ってたらお父さんに会えるのもすぐやね」と嬉しそうに話すお母さんを見て嬉しくなります。面会に行ってお父さんの顔を見てからのお母さんは以前と比べ少し元気を取り戻して来て私も安心しています。
お父さんの支援者の方々が毎日家を訪ねてきてくれて、私たちも心強く本当によくしてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。弟2人も心配してくれてほぼ毎日電話をくれて近況報告やこれからの事など話をし助け合っています。
私たち家族はお父さんを毎日思いながら元気で頑張っています。みなさまこれからも見守っていてください。また来週お父さんに逢いに行きたいと思いますので、報告したいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR