スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6枚つづりの手紙 part1

今日、お父さんから加古川に移って初めての手紙が届きました。
やっと便箋が届いたそうで、とても丁寧な字で6枚にお父さんの思いがつづられていました。

全部書きたいとこなんですが、印象深い文を載せたいと思います。

受刑生活を始めて早一ヶ月が経ちました。まだまだ慣れませんので不安な事が多い今日です。
面会の件ですが、一ヶ月もたたない間に三回も面会に来る人は初めてですと言っていました。(刑務官の方が言われていたのかな・・?私たちからしたら少ない方なんですけどね。)
大事にされている。本当に有り難いことです。

今現実に思うのに、一般社会においては普通に過ごしてきたことも、刑務所生活を体験して初めて分かったことですが、何と贅沢な生活をしていたんだなとつくづく思います。
私は家族の温かさ、皆さんからいかに大事にされていたことでしょう。

受刑生活からまだ一ヶ月ですが、実感しています。普段の生活では何の事もないのですが、自由はなく、常に監視されている。もちろん犯罪者ですから当然ですが、私はと言いたいのですが、刑務所に入った時から罪を犯していないとか、冤罪とかはここでは禁句。絶対言ってはいけない言葉です。
今振り返って思うのは、2006年11月6日に検察庁に呼び出され指紋を押収したことで、現実にここにいるんだと受け止めることにしています。

(ここで棄却の通知が来てから家族との思い出の日々を書いてます。)
本当に家族には難儀を掛けたね・・おとんがもっとしっかりしていれば、このように家族に辛い思いをかけないですんだと思うと残念と言うより、皆に言葉がかけれません。
あやと二男が帰ってきた晩も、長男の友達が来て宴会をしてくれましたね。あやがすぐに飛んできて抱きついてきて泣いたことは忘れられません。ダメなおとんでごめんね。

お母さんには本当辛い思い出ばかりで申し訳なく思います。
もっと楽しい事を書きたいのですが、あまりにもこの三年間は大変でしたのでお母さんにかける言葉もありません。本当に苦労掛けましたが、お母さんは私に一言も愚痴や能書きは垂れず、いつも励ましてくれましたね。私は逆に辛かったです。もっと厳しく行ってもらえれば・・。
しかし一番私の事を知っているのはお母さんですから、言いたいことも我慢して、おとんを優しく包んでくれたのでしょう。
私の口癖は、お母さんに「いつかはいい時が来るから我慢して頑張っていこう!」と言ってましたが、最悪の結果になってしまい、本当合わす顔がありません。

今度受刑が終わり出所した時には、もう少しはしっかりした晴さんをみてもらえるように、頑張って強い人間になりたいと思います。
受刑生活の中で、一日一日何かを見つけ、一歩一歩前向きに前進するのみです。


・・ここまでが3枚目までに書かれていた内容で、読んだ時にもお母さんと涙したんですが、
打ちながらもやっぱり泣いてしまいました。
長くなると皆さんも読むの疲れるので、続きはまた明日打ちたいと思います。
見ていただいてありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。