スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さんの日記 後編

 
 こんばんわ。今夜は昼間の暑さがうそのように、鈴虫が鳴きまさに秋の夜のように涼しい夜です。

 明日は、お母さん、お母さんのお兄さんの奥さん、私の3人を会長さんが加古川まで連れて行ってくれ

ます。1か月ぶりに逢うのでいつもなんですけど、楽しみで心はウキウキです。また明日面会の様子をブ

ログにて報告しますね。


 お父さんの10/23の日記 この間の続きです。

『12:20 弁護士事務所にはjanjan新聞のNさんが来てくれていました。みんなと合流、今後に向けての

最後の打ち合わせをしました。皆で徒歩で向かうことになり、事務員さん達に挨拶をし、高知地検に行き

ました。見送りにたくさんの方々が来てくれていました。最後のお礼を言いました。

 13:15 高知地検を出発

 13:30 高知刑務所入り口でksbの山下君とカメラマンとの最後のお別れ、長い間本当にありがとうござ  
いました。

 高知刑務所・・いよいよ地獄の一丁目、別世界の生活が始まります。

 最初に身体検査(身長163�、体重57.5kg、視力右2.0左2.0、血圧144/85)異常なし。次に荷物の点

検、歯ブラシ以外は留置(刑務所預かり)部屋は一般の独房に入れられました。

 まず最初に驚かされたのが、腹の底から絞り出したかのような大音量の声でした。

 「点検用意!」職員の号令、受刑者は刑務官の方向に向いて正座で座り、「ОО室・番号!」の号令で

、私は710番(称呼番号)を唱える。

 「配食用意!」同じように職員の大きな声での号令、最初にお茶(部屋にあるポット)食器受け台に置

く。16:30夕食が済みますと、余暇時間。19:00仮就寝、布団を敷き、横になる。21:00就寝。

 自由のない、大変な生活が始まりました。見猿、言猿、聞猿、覚悟を決め気持ちを引き締める。

 21:00までラジオが流れるので退屈しません。気苦労で疲れました・・。オヤスミ。』

 
  なんでお父さんがこんな目に遭わないといけないんでしょうか・・。なんの為にあんな所にお父さん

 はいるんでしょうか・・。納得がいきません。

  検証しないのはなんででしょうか?間違ってないと自信があるなら検証して欲しいです。お父さんも

 ずっと願っています。

  高知白バイ事件 再審請求署名活動中です よろしくお願いします
  詳細はこちら → http://www.geocities.jp/haruhikosien/index.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

zas​*ou​*95​4

Author:zas​*ou​*95​4
このブログを通し、私の事件が単なる交通事故ではなく、冤罪事件であることを全国の皆様に知っていただきたいと願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。